何が何やら――復讐です

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

Wikisource:文学 < 『死刑宣告

本文[編集]

何が何やら——復讐です
萩原恭次郎

赤いサクランボウの鑵詰の中から
笑ひこけた
  白粉顔の道化役者が——僕だとは云はない!
驚愕宣言とピカピアの詩集をもつて
卒倒!
頓死の急速舞踏を
  めまぐるしく跳ねだした!
何が何やら——
何が何やら——
「よろしい!」「乱舞!」「狂気!」「昏倒!」「絶息!」
  復讐です!
「よろしい! 初めツ!」

解題[編集]

作者:萩原恭次郎

底本:萩原恭次郎『死刑宣告』日本図書センター〈愛蔵版詩集シリーズ〉(2004年3月25日初版第1刷発行) ISBN 978-4-8205-9599-1

表記について:旧仮名遣いは初版本(1925年10月18日発行、長隆舎書店)のまま、漢字は常用漢字に改めてある。