佐久間軍記/越前御發向

提供: Wikisource
Jump to navigation Jump to search

京軍付勢州御働 ↑佐久間軍記 →野州河原合戰付姊川


越前御發向

元龜元年庚午四月。越前手筒山城攻。使佐久間信盛都ヲ守護。信長公越前ニ御發向。柴田勝家。佐久間盛政。羽柴秀吉。池田信輝ヲ使先陣。家康公御勢共ニ進テ攻落。得首ヲ事一千三百七十餘數。翌日攻金ヶ崎ノ城。朝倉義景救ヲ請淺井備前守長政。長政信長御姉聟。江州小谷城主。請之江北ニ兵ヲ(擧カ)。信長公。金ヶ崎城ヲステヽ江州歸陣。於此裁江州封諸將。長光寺ヲ柴田勝家ニ。長原ヲ佐久間信盛。宇佐山ヲ森可成ニ。安土ヲ中川八郎右衞門ニ給。五月岐阜歸陣。



この日本を法管轄とする文書は、著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の死亡した日の属する年の翌年から起算して50年を経過したものであるため、日本の著作権法第51条及び57条の規定により著作権の保護期間が満了しています。


注意: ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、アメリカ合衆国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。