佐久間軍記/松永謀叛

提供: Wikisource
Jump to navigation Jump to search

花堂合戰 ↑佐久間軍記 →大坂門跡和睦


松永謀叛

天正五年丁丑十月。攻和州信貴城。松永彈正少弼久秀。大坂ノ附城ヲ守。信長公ニ恨ヲ含本願寺門跡。サイカノ兵ヲカタライ。大坂ヲ退。信貴城ニ楯籠。其故ハ家康公御登城ノトキ。久秀參會シ奉ル。信長公。家康公ニ向テ。此翁ハ松永久秀也。天下ノ人及カタキ事多シ。公方義輝ヲ奉戮。主君三好義長ヲ毒殺。三好一家ト戰。東大寺ヲ焚テ大佛ヲ滅。三好長慶二男左京大夫義繼ヲ挾テ。永禄八年ヨリ同十一年マテ天下ヲ守。大ニ奢。終ニ義繼ヲハナレ殺之ト。久秀赤面シ額ニ汗シ。頭ヨリ烟ヲ立。其憤ヲ以。謀叛企。依之十月。城之介信忠大軍ヲ率。和州御進發。佐久間信盛。明智光秀。筒井順慶等。大坂對城ヲ出。河州ヨリ向其通。久秀從黨片岡城ヲ攻落シ。城主森海老名ヲ討捕。十月五日。信忠ト信貴城ニ會戰シ責メ。攻久秀久通父子防戰。味方不利。于時信盛與順慶相議シ。サイカノ兵ヲ謀テ。信盛ノ兵ニ相マシヘ。城中ニイラント告。順慶カ兵ト追ツ返シツ挑戰。シカル所ニ。久秀兼テサイカノ者ヲ謀アイタ。城門ヲヒラキ引入信盛兵。十月十日。信盛順慶。入城ニ火ヲ放ツ。久秀。天主ニノホリタトヘ骨トナリテモ。信長ヲ見ハテン物ヲト云テ自殺ス。右衞門佐久通ハ生捕トナリテ被斬。久秀惡逆ツモリ。東大寺ヲ焚大佛ヲ滅モ十月十日也。到其日滅ヒ。世ニ不思議ヲナスト云々。同年十月。賜播州於羽柴秀吉。



この日本を法管轄とする文書は、著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の死亡した日の属する年の翌年から起算して50年を経過したものであるため、日本の著作権法第51条及び57条の規定により著作権の保護期間が満了しています。


注意: ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、アメリカ合衆国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。