佐久間軍記/勝家尾州淸洲參向

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

明智光秀被討 ↑佐久間軍記 →勝家祝言


勝家尾州淸洲參向

柴田修理亮勝家ハ。長尾景勝ト戰陣ニテ。信長公ノ御事ヲ聞。景勝ト和睦シ到淸洲。諸將各評議シテ曰。信忠ノ御息三法師君後岐阜中納言。ヲ信長ノ嗣トナシ。安土ニ移。幼稚ノ間ハ織田信雄ヲシテ。兵權ヲトラシメント。又諸將闕國ヲワケテ領セント。此時。勝家座上ニ居テ太奢言葉アリ。柴田三左衞門勝政。耳語于勝家曰。於此秀吉ヲ可斬ト。勝家(云カ)豈斬之。三法師君幼公也。同士討シコレヲサマタケンヤト不許。秀吉。其夜屢小便ニヲクル。丹羽長秀曰。欲服天下今勝家ヲ可斬ト。秀吉笑テ何勝家ヲ敵トセン。長濱ヲ食スルコト年久。勝家ニ奪不平心アリト。然シテ秀吉。其夜半忍テ淸洲ヲ退。美濃ノ長松ヲヘテ到長濱。