交通安全都市宣言(東京都三鷹市)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

交通安全都市宣言(昭和37年1月22日市議会議決)


社会における最大の幸福は、健康と長寿の保持である。最近における幼児および青少年の死傷の第1位は、交通事故等不慮の災害によるもので、昨年中、本市における交通事故件数は、729件におよび、うち死亡4名であり、今後交通災害はますます増加の傾向にある。

本市は、ここに三鷹市交通安全推進協議会を設置し、市民一丸となって全市民を交通災害から守るため立ち上がり、交通安全都市の理想の達成を期す。

右宣言する。

この著作物は、日本国の旧著作権法第11条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 法律命令及官公文書
  2. 新聞紙又ハ雑誌ニ掲載シタル雑報及時事ヲ報道スル記事
  3. 公開セル裁判所、議会並政談集会ニ於テ為シタル演述

この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつ、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。