中庸章句 (漢文叢書)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
他の版の作品については、中庸章句をご覧ください。


子程子曰:「不偏之謂中,不易之謂庸。中者,天下之正道,庸者,天下之定理。」此篇乃孔門傳授心法,子思恐其久而差也,故筆之於書,以授孟子。其書始言一理,中散爲萬事,末復合爲一理,「放之則彌六合,卷之則退藏於密」,其味無窮,皆實學也。善讀者玩索而有得焉,則終身用之,有不能盡者矣。
していしいはく、かたよらざるれをちうひ、かはらざるれをようふ。ちうてんかせいだうようてんかていりこのへんすなはこうもんでんじゆしんはふししそのひさしくしてたがはんことをおそる。ゆゑれをしよひつしてもつまうしさづく。そのしよはじめは一ひ、なかさんじてばんじり、すゑがつして一る。れをはなてば則ちりくがふわたり、れをけば則ちみつたいざうす。そのあぢわひきはまし。みなじつがくなり。ぜんどくしやがんさくしてらば、すなはしゆうしんれをもちいて、つくあたはざる者あらん。〉

天命之謂性,率性之謂道,修道之謂敎。道也者,不可須臾離也,可離非道也。是故君子戒愼乎其所不睹,恐懼乎其所不聞。莫見乎隱,莫顯乎微,故君子愼其獨也。喜怒哀樂之未發,謂之中;發而皆中節,謂之和。中也者,天下之大本也;和也者,天下之達道也。致中和,天地位焉,萬物育焉。

てんめいずるれをせいひ、せいしたがれをみちひ、みちをさむるれををしへふ。道なる者は、しゆゆはなからざるなり、離る可きは道にあらざるなり。ゆゑくんしざるところかいしんし、かざる所にきようくす。かくれたるよりあらはるゝはく、かすかなるよりあきらかなるはし。ゆゑに君子は其のひとりつゝしむ。あいらくの未だはつせざるれをちうひ、はつしてせつあたれをくわと謂ふ。ちうなる者は、てんかたいほんなり。くわなるものは、てんかたつだうなり。ちうくわいたして、てんちくらゐし、ばんぶついくす。〉

右第一章。子思述所傳之意以立言:首明道之本原出於天而不可易,其實體備於己而不可離,次言存養省察之要,終言聖神功化之極。蓋欲學者於此反求諸身而自得之,以去夫外誘之私,而充其本然之善,楊氏所謂一篇之體要是也。其下十章,蓋子思引夫子之言,以終此章之義。
みぎだいしやうは、ししつたふるところべて以てげんつ。はじめにはみちほんげんてんでてしかしてからず。そのじつたいおのれそなはつて、而してはなからざるをあきらかにす。つぎにはそんやうせいさつえうひ、をわりにはせいしんこうくわきよくふ。けだがくしやこゝおいて、これはんきうして、しかしてこれをじとくし、もつぐわいいふわたくしすてて、而してほんぜんぜんみたさんことをほつす。やうしいはゆるいつぺんたいえう是れなり。其のしもしやうは、けだししふうしげんき、もつこのしやうふ。〉

仲尼曰:「君子中庸,小人反中庸。君子之中庸也,君子而時中;小人之反中庸也,小人而無忌憚也。」

ちうぢいはく、くんしちうようし、せうじんは中庸にはんす。君子の中庸や、君子にしてときちうす、小人の中庸に反するや、小人にしてきたんきなり。〉

右第二章。
〈右第二章〉

子曰:「中庸其至矣乎!民鮮能久矣!」

いはく、ちうよういたれるかな。たみくするすくなきことひさし。〉

右第三章。
〈右第三章〉

子曰:「道之不行也,我知之矣,知者過之,愚者不及也;道之不明也,我知之矣,賢者過之,不肖者不及也。人莫不飮食也,鮮能知味也。」

いはく、みちおこなはれざるや、れをる。ちしやれにぎ、ぐしやおよばざるなり。道のあきらかならざるや、れをる。けんじやれにぎ、ふせうしやは及ばざるなり。ひといんしよくせざるし、あぢはひを知るすくなきなり。〉

右第四章。
〈右第四章〉

子曰:「道其不行矣夫!」

いはく、みちおこなはれざるか。〉

右第五章。
〈右第五章〉

子曰:「舜其大知也與!舜好問而好察邇言,隱惡而揚善,執其兩端,用其中於民,其斯以爲舜乎!」

いはく、しゆんたいちなるか、しゆんとひこのんで而して好みてじげんさつす。あくかくして而して善をげ、そのりやうたんつて、そのちうたみもちふ。もつしゆんたるか。〉

右第六章。
〈右第六章〉

子曰:「人皆曰予知,驅而納諸罟擭陷阱之中,而莫之知辟也。人皆曰予知,擇乎中庸而不能期月守也。」

いはく、ひとみなわれありとふ。つてこれこくわくかんせいなかれて、しかしてこれくるをきなり。ひとみなわれありとふ。ちうようえらんで、しかしてきげつまもあたはざるなり。〉

右第七章。
〈右第七章〉

子曰:「回之爲人也,擇乎中庸,得一善,則拳拳服膺而弗失之矣。」

〈子曰く、くわいひとたるや、ちうようえらび、一ぜんればすなはけんけんふくようして、而して之れをうしなはず。〉

右第八章。
〈右第八章〉

子曰:「天下國家可均也,爵祿可辭也,白刃可蹈也,中庸不可能也。」

〈子曰く、てんかこくかひとしくすきなり、しやくろくきなり、はくじんきなり、ちうようくすからざるなり。〉

右第九章。
〈右第九章〉

子路問强。子曰:「南方之强與?北方之强與?抑而强與?寬柔以敎,不報無道,南方之强也,君子居之。衽金革,死而不厭,北方之强也,而强者居之。故君子和而不流,强哉矯!中立而不倚,强哉矯!國有道,不變塞焉,强哉矯!國無道,至死不變,强哉矯!」

しろきやうふ。子曰く、なんぱうの强か、ほくぱうの强か、そもそなんぢきやうか。かんじうもつをしへ、ぶだうはうぜざるは、なんぱうの强なり。くんしれにる。きんかくしとねとして、していとはざるは、北方の强なり。きやうしやれにる。ゆゑに君子はくわすれどもながれず、きやうなるかなけうちうりつしてしかしてかたよらず、强なるかな矯。くにみちあれば、そくへんぜず、きやうなるかなけうくにみちなければ、いたるもへんぜず、强なるかな矯。〉

右第十章。
〈右第十章〉

子曰:「素隱行怪,後世有述焉,吾弗爲之矣。君子遵道而行,半塗而廢,吾弗能已矣。君子依乎中庸,遯世不見知而不悔,唯聖者能之。

〈子曰く、かくれたるをもとあやしきをおこなふ。こうせいぶるらんも、われれをさず。くんしみちしたがひておこなひ、はんとにして而してはいす、われあたはず。君子はちうようる。のがられずして而していざる、ただせいしやれをくす。〉

右第十一章。
〈右第十一章〉

君子之道費而隱。夫婦之愚,可以與知焉,及其至也,雖聖人亦有所不知焉;夫婦之不肖,可以能行焉,及其至也,雖聖人亦有所不能焉。天地之大也,人猶有所憾。故君子語大,天下莫能載焉;語小,天下莫能破焉。詩云:「鳶飛戾天,魚躍於淵。」言其上下察也。君子之道,造端乎夫婦;及其至也,察乎天地。

くんしみちは、にしていんふうふも、もつあづかし。いたれるにおよびてや、せいじんいへども、またらざるところあり。ふうふふせうもつおこなし、其の至れるに及びてや、聖人と雖もまたくせざるところり。てんちの大なる、ひとうらむるところり。ゆゑくんしだいかたれば、てんかするく、せうを語れば、天下能くやぶきなり。に云ふ、とびんでてんいたり、うをふちをどると。じやうげあきらかなるをふ。くんしみちは、たんふうふす。いたれるに及びてや、てんちあきらかなり。〉

右第十二章。子思之言,蓋以申明首章道不可離之意也。其下八章,雜引孔子之言以明之。
みぎ第十二しやうは、ししげんけだもつしゆしやうみちはなからざるのしんめいするなり。其の下八章は、孔子の言をざついんして以てれをあきらかにす。〉

子曰:「道不遠人。人之爲道而遠人,不可以爲道。詩云:『伐柯伐柯,其則不遠。』執柯以伐柯,睨而視之,猶以爲遠。故君子以人治人,改而止。忠恕違道不遠,施諸己而不願,亦勿施於人。君子之道四,丘未能一焉:所求乎子,以事父未能也;所求乎臣,以事君未能也;所求乎弟,以事兄未能也;所求乎朋友,先施之未能也。庸德之行,庸言之謹,有所不足,不敢不勉,有餘不敢盡;言顧行,行顧言,君子胡不慥慥爾!」

〈子曰く、みちひととほからず、ひとみちしてひととほければ、もつみちからず。ふ、る、そののりとほからずと。もつる、にらんでれをる、もつとほしとす。ゆゑくんしひともつひとをさめ、あらためてむ。ちうじよみちることとほからず。これおのれほどこしてねがはずんば、またひとほどこなかれ。君子のみち四、きういまいつくせず。もとむるところもつちちつかふるは、いまあたはざるなり。しんもとむるところもつきみつかふるは、いまあたはざるなり。おとうともとむる所、以てあにに事ふるは、いまだ能はざるなり。ほういうもとむるところれをほどこすは、いまあたはざるなり。ようとくを之れおこなひつゝようげんを之れつゝしむ。らざるところらば、へてつとめずんばあらず。あまらばへてつくさず、げんおこなひをかへりみ、おこなひはげんかへりみる。くんしなんさうさうじたらざらん。〉

右第十三章。
〈右第十三章〉

君子素其位而行,不願乎其外。素富貴,行乎富貴;素貧賤,行乎貧賤;素夷狄,行乎夷狄;素患難,行乎患難;君子無入而不自得焉。在上位不陵下,在下位不援上,正己而不求於人則無怨。上不怨天,下不尤人。故君子居易以俟命,小人行險以徼幸。子曰:「射有似乎君子;失諸正鵠,反求諸其身。」

くんしそのくらゐしておこなひ、そのほかねがはず、ふうきしてはふうきおこなひ、ひんせんしてはひんせんおこなひ、いてきに素しては夷狄に行ひ、くわんなんに素しては患難に行ふ。君子るとしてじとくせざるし。じやうゐりてしもしのがず、かゐに在りて上をかず、おのれただしくしてひともとめずんばすなはうらむなし。かみてんうらみず、しもひととがめず。ゆゑくんしやすきもつめいつ、せうじんけんおこなひてもつさいはひもとむ。子曰く、しやくんしたる有り、これせいこくしつすれば、かへつてこれを其身に求む。〉

右第十四章。
〈右第十四章〉

君子之道,辟如行遠必自邇,辟如登高必自卑。詩曰:「妻子好合,如鼓瑟琴;兄弟既翕,和樂且耽;宜爾室家;樂爾妻帑。」子曰:「父母其順矣乎!」

くんしみちは、たとへばとほきにくにかならちかよりするがごとく、たとへばたかきにのぼるにかならひくよりするが如し。いはく、さいしかうがふして、しつきんするがごとし、けいていすでひ、わらくたのしむ、なんぢしつかよろしく、なんぢさいどたのしましむと。いはく、ふぼじゆんなるか。〉

右第十五章。
〈右第十五章〉

子曰:「鬼神之爲德,其盛矣乎!視之而弗見,聽之而弗聞,體物而不可遺。使天下之人齊明盛服,以承祭祀。洋洋乎!如在其上,如在其左右。詩曰:『神之格思,不可度思!矧可射思!』夫微之顯,誠之不可揜如此夫。」

〈子曰く、きしんとくたる、さかんなるか。れをれどもえず、れをけどもきこえず、物にたいとなりてわすからず、てんかひとをしてさいめいせいふくして、もつさいしけ、やうやうことして、そのかみるがごとく、そのさいうるがごとくならしむ。に曰く、かみいたる、はかからず、いはんやいさけんやと。あきらかなる、まことおほからざるかくごときか。〉

右第十六章。
〈右第十六章〉

子曰:「舜其大孝也與!德爲聖人,尊爲天子,富有四海之內。宗廟饗之,子孫保之。故大德必得其位,必得其祿,必得其名,必得其壽。故天之生物,必因其材而篤焉。故栽者培之,傾者覆之,詩曰:『嘉樂君子,憲憲令德!宜民宜人;受祿於天;保佑命之,自天申之!』

〈子曰く、しゆんたいかうなるか。とくせいじんたり、たふときことてんしたり、とみしかいうちたもち、そうべうれをけ、しそんれをたもつ。ゆゑだいとくあればかならそのくらゐ、必ずそのろくかならそのな、必ず其じゆゆゑてんものしやうずる、かならそのざいりてあつくす。ゆゑものれをばいし、かたむものれをくつがへす。いはく、からくくんしは、けんけんたるれいとくあり。たみよろしくひとよろしく、ろくてんく、ほいうしてれにめいじ、天より之れをかさぬと。故に大德あるものは必ずめいく。〉

右第十七章。
〈右第十七章〉

子曰:「無憂者其惟文王乎!以王季爲父,以武王爲子,父作之,子述之。武王纘大王、王季、文王之緖。壹戎衣而有天下,身不失天下之顯名。尊爲天子,富有四海之內。宗廟饗之,子孫保之。武王末受命,周公成文武之德,追王大王、王季,上祀先公以天子之禮。斯禮也,達乎諸侯大夫,及士庶人。父爲大夫,子爲士;葬以大夫,祭以士。父爲士,子爲大夫;葬以士,祭以大夫。期之喪達乎大夫,三年之喪達乎天子,父母之喪無貴賤一也。」

いはく、うれへものは、ぶんわうか。わうきもつて父とし、ぶわうを以て子とす、父れをしてれをぶ。ぶわうだいわうわうきぶんわうしよぎ、ひとたびじゆういしててんかたもち、てんかけんめいうしなはず、たふときことはてんしたり、とみは四かいうちたもち、そうべうれをけ、しそんれをたもつ。ぶわうつひめいけ、しうこうぶんぶとくしてだいわうわうきついわうす。かみせんこうまつるにてんしれいもつてす。れいしよこうたいふおよしよじんたつす。ちゝたいふたり、たれば、ほうむるにはたいふを以てし、まつるにはを以てす。父士たり、たいふたれば、ほうむるにはを以てし、まつるには大夫をもつてす。期のは大夫にたつし、三年のは、てんしたつす。ふぼは、きせんいつなり。〉

右第十八章。
〈右第十八章〉

子曰:「武王、周公,其達孝矣乎!夫孝者:善繼人之志,善述人之事者也。春秋脩其祖廟,陳其宗器,設其裳衣,薦其時食。宗廟之禮,所以序昭穆也;序爵,所以辨貴賤也;序事,所以辨賢也;旅酬下爲上,所以逮賤也;燕毛,所以序齒也。踐其位,行其禮,奏其樂,敬其所尊,愛其所親,事死如事生,事亡如事存,孝之至也。郊社之禮,所以事上帝也,宗廟之禮,所以祀乎其先也。明乎郊社之禮、禘嘗之義,治國其如示諸掌乎。」

〈子曰く、ぶわうしうこうは、たつかうなるか。かうは、ひとこゝろざしぎ、ひとことぶるものなり。しゆんじうそべうをさめ、そのそうきつらね、そのしやういまうけ、其じしよくすゝむ。そうべうれいは、せうぼくじよするゆゑんなり。しやくじよするはきせんべんずるゆゑんなり。事をじよするはけんべんずる所以なり。りよしうしもかみためにするは、いやしきおよぼゆゑんなり。えんまうは、よはひじよする所以なり。其くらゐみ、そのれいおこなひ、其がくそうし、たふとところけいし、其のしたしところあいし、つかふことせいつかふるがごとくし、ばうに事ふることそんつかふるがごとくするは、かういたりなり。かうしやれいは、じやうていに事ふるゆゑんなり。そうべうれいは、さきまつゆゑんなり。かうしやれいていしやうあきらかにせば、くにをさむることこれたなごゝろるがごときか。〉

右第十九章。
〈右第十九章〉

哀公問政。子曰:「文武之政,布在方策。其人存,則其政舉;其人亡,則其政息。人道敏政,地道敏樹。夫政也者,蒲盧也。故爲政在人,取人以身,脩身以道,脩道以仁。仁者人也,親親爲大;義者宜也,尊賢爲大;親親之殺,尊賢之等,禮所生也。在下位不獲乎上,民不可得而治矣!故君子不可以不脩身;思脩身,不可以不事親;思事親,不可以不知人;思知人,不可以不知天。」天下之達道五,所以行之者三:曰君臣也,父子也,夫婦也,昆弟也,朋友之交也:五者天下之達道也。知、仁、勇三者,天下之達德也,所以行之者一也。或生而知之,或學而知之,或困而知之,及其知之一也;或安而行之,或利而行之,或勉强而行之,及其成功一也。子曰:「好學近乎知,力行近乎仁,知恥近乎勇。知斯三者,則知所以脩身;知所以脩身,則知所以治人;知所以治人,則知所以治天下國家矣。」凡爲天下國家有九經,曰:脩身也,尊賢也,親親也,敬大臣也,體群臣也,子庶民也,來百工也,柔遠人也,懷諸侯也。脩身則道立,尊賢則不惑,親親則諸父昆弟不怨,敬大臣則不眩,體群臣則士之報禮重,子庶民則百姓勸,來百工則財用足,柔遠人則四方歸之,懷諸侯則天下畏之。齊明盛服,非禮不動,所以脩身也;去讒遠色,賤貨而貴德,所以勸賢也;尊其位,重其祿,同其好惡,所以勸親親也;官盛任使,所以勸大臣也;忠信重祿,所以勸士也;時使薄斂,所以勸百姓也;日省月試,既稟稱事,所以勸百工也;送往迎來,嘉善而矜不能,所以柔遠人也;繼絕世,舉廢國,治亂持危,朝聘以時,厚往而薄來,所以懷諸侯也。凡爲天下國家有九經,所以行之者一也。凡事豫則立,不豫則廢。言前定則不跲,事前定則不困,行前定則不疚,道前定則不窮。在下位不獲乎上,民不可得而治矣;獲乎上有道:不信乎朋友,不獲乎上矣;信乎朋友有道:不順乎親,不信乎朋友矣;順乎親有道:反諸身不誠,不順乎親矣;誠身有道:不明乎善,不誠乎身矣。誠者,天之道也;誠之者,人之道也。誠者不勉而中,不思而得,從容中道,聖人也。誠之者,擇善而固執之者也。博學之,審問之,愼思之,明辨之,篤行之。有弗學,學之弗能弗措也;有弗問,問之弗知弗措也;有弗思,思之弗得弗措也;有弗辨,辨之弗明弗措也;有弗行,行之弗篤弗措也;人一能之己百之,人十能之己千之。果能此道矣,雖愚必明,雖柔必强。

あいこうまつりごとふ、子曰く、ぶんぶまつりごとは、きてはうさくり、そのひとそんすれば、すなはち其のまつりごとあがり、其人ばうすれば、すなはそのまつりごとむ。じんだうは政にさとし、ちだうじゆするにさとし。まつりごとなる者はほろなり。ゆゑに政をすはひとり。ひとるにもつてし、をさむるにみちもつてし、みちをさむるにじんを以てす。じんは人なり、親をしたしむをだいす。よろしきなり、けんたふとぶをだいす。親をしたしむのさいけんたふとぶのとうは、れいしやうずるところなり。かゐりてかみられずんば、たみをさからず。ゆゑくんしもつをさめざる可からず。身を脩めんと思はば、もつおやつかへざる可からず。おやつかへんと思はば、以て人を知らざる可からず。人を知らんと思はば、以ててんを知らざる可からず。てんかたつだういつつれをおこなゆゑんものみついはく、くんしんなり、ふしなり、ふうふなり、こんていなり、ほういうまじはりなり。いつつのものてんかたつだうなり。じんゆうの三しやは、てんかたつとくなり。れをおこなゆゑんものひとつなり。あるひうまれながらにしてれを知り、或はまなびて之れを知り。或はくるしみて之を知る、の之を知るにおよびてはいつなり。あるひやすんじてれをおこなひ、あるひして之れを行ひ、或はべんきやうして之れを行ふ。其のこうすにおよびてはいつなり。子曰く、がくこのむはちかく、つとおこなふはじんちかく、はぢるはゆうちかし。の三しやれば、すなはをさむるゆゑんる。をさむるゆゑんれば、すなはひとをさむるゆゑんを知る。人を治むる所以を知れば、すなはてんかこくかをさむるゆゑんを知る。およてんかこくかをさむるにきうけいあり。曰く、をさむるなり、けんたふとぶなり、しんしたしむなり、だいじんけいするなり、ぐんしんたいするなり、しよみんとするなり、ひやくこうきたすなり、ゑんじんやはらぐるなり、しよこうなつくるなり。をさむればすなはみちつ。けんたふとべば則ちまどはず、しんしたしめばすなはしよふこんていうらみず。だいじんけいすればすなはげんせず。ぐんしんたいすればすなははうれいおもし。しよみんとすれば則ちひやくせいつとむ。ひやくこうきたせば則ちざいようる。ゑんじんじうすれば則ちしほうれにす。しよこうなつくれば則ちてんかれをおそる。さいめいせいふくし、れいあらざればうごかず、をさむる所以なり。ざんり、いろとほざけ、くわいやしみてとくたふとぶ、けんすゝむるゆゑんなり。其のくらゐたふとくし、其ろくおもくし、其かうをおなじくす、しんしたしむをすゝむる所以なり。くわんさかんにしてにんしせしむ、だいじんすゝむる所以なり。ちうしんろくおもくす、すゝむる所以なり。ときつかひてうすれんす、ひやくせいすゝむる所以なり。せいつきこゝろみ、きりんことかなふ、ひやくこうすゝむる所以なり。わうおくらいむかへ、ぜんよみしてふのうあはれむ、ゑんじんじうする所以なり。ぜつせいぎ、はいこくげ、らんをさあやふきをし、てうへいときもつてし、わうあつくしてらいうすくす、しよこうなつくる所以なり。およてんかこくかをさむるにきうけい有り。之れをおこなゆゑんいつなり。およことあらかじめすれば則ちち、あらかじめせざれば則ちはいす。げんまへさだまればすなはつまづかず、ことまへさだまればすなはくるしまず、おこなひまへさだまれば則ちやましからず、みちまへに定まれば則ちきうせず。かゐりてかみられざれば、たみをさからず。かみに獲らるゝにみちり。ほういうしんぜられざればかみられず。朋友に信ぜらるゝにみちり。おやじゆんならざればほういうしんぜられず。おやじゆんなるにみちり。これかへしてまことあらざればおやじゆんならず。まことにするにみち有り。ぜんあきらかならざればまことあらず。まことてんみちなり、れをまことにするはひとの道なり。まことつとめずしてあたり、おもはずしてしようようとしてみちあたるはせいじんなり。れをまことにする者はぜんえらんでかたれをものなり。ひろれをまなび、つまびらかれをひ、つゝしんれをおもひ、あきらかれをべんじ、あつく之れをおこなふ。まなばざるり、之れをまなびてくせざればかざるなり。はざるり、れをひてらざればかざるなり。おもはざるり。之れを思ひてざればかざるなり。べんぜざる有り、れをべんじてあきらかならざればかざるなり。おこなはざるり。之れを行ひてあつからざればかざるなり。ひとひとたびにしてれをくすればおのれれをひやくたびにす。ひととたびにしてれをくすれば、おのれれをちたびにす。はたしてこのみちくすれば、と雖もかならあきらかに、じうと雖もかならつよし。〉

右第二十章。
〈右第二十章〉

自誠明,謂之性;自明誠,謂之敎。誠則明矣,明則誠矣。

まことなるよりあきらかなる、之れをせいひ、あきらかなるより誠なる、之れををしへふ。まことなればすなはあきらかに、あきらかなれば則ちまことなり。〉

右第二十一章。子思承上章夫子天道、人道之意而立言也。自此以下十二章,皆子思之言,以反覆推明此章之意。
〈右第二十一章、ししじやうしやうふうしてんだうじんだうけてげんつるなり。此れより以下十二章は、みなししげんにして、もつこのしやうはんぷくすゐめいせり。〉

唯天下至誠,爲能盡其性;能盡其性,則能盡人之性;能盡人之性,則能盡物之性;能盡物之性,則可以贊天地之化育;可以贊天地之化育,則可以與天地參矣。

ただてんかしせいは、く其せいくすをせば、則ちく人のせいくす。能く人のせいくせば、すなはものせいくす。ものせいくせば、則ち以ててんちくわいくさんし。もつてんちくわいくさんければ、すなはもつてんちさんたるし。〉

右第二十二章。
〈右第二十二章〉

其次致曲,曲能有誠,誠則形,形則著,著則明,明則動,動則變,變則化,唯天下至誠爲能化。

そのつぎきよくいたす。きよくなればまことり、誠あれば則ちあらはる、あらはるればすなはいちじるしく、いちじるしければ則ちあきらかに、あきらかなれば則ちうごく、うごけばすなはへんじ、へんずれば則ちくわす。ただてんかしせいは、くわすることをす。〉

右第二十三章。
〈右第二十三章〉

至誠之道,可以前知。國家將興,必有禎祥;國家將亡,必有妖孽;見乎蓍龜,動乎四體。禍福將至:善,必先知之;不善,必先知之。故至誠如神。

しせいみちは、もつぜんちし。こくかまさおこらんとすれば、かならていしやうり。國家將にほろびんとすれば、かならえうげつあり、しきあらはれ、四たいうごく。くわふくまさに至らんとすれば、ぜんかならづ之れを知り、ふぜんかならづ之れを知る。ゆゑしせいしんごとし。〉

右第二十四章。
〈右第二十四章〉

誠者自成也,而道自道也。誠者物之終始,不誠無物。是故君子誠之爲貴。誠者非自成己而已也,所以成物也。成己,仁也;成物,知也。性之德也,合外內之道也,故時措之宜也。

まことみづかすなり。しかしてみちみづかみちびくなり。まことは物のしゆうしなり、まことならざればものなし。ゆゑくんしは之れを誠にするをたふとしとなす。まことみづかおのれすのみにあらざるなり、ものゆゑんなり。おのれすはじんなり、ものすはなり。せいとくなり、ぐわいないがつするのみちなり。ゆゑに時に之れをきてよろしきなり。〉

右第二十五章。
〈右第二十五章〉

故至誠無息。不息則久,久則徵,徵則悠遠,悠遠則博厚,博厚則高明。博厚,所以載物也;高明,所以覆物也;悠久,所以成物也。博厚配地,高明配天,悠久無疆。如此者,不見而章,不動而變,無爲而成。天地之道,可一言而盡也:其爲物不貳,則其生物不測。天地之道:博也,厚也,高也,明也,悠也,久也。今夫天,斯昭昭之多,及其無窮也,日月星辰繫焉,萬物覆焉。今夫地,一撮土之多,及其廣厚,載華嶽而不重,振河海而不洩,萬物載焉。今夫山,一卷石之多,及其廣大,艸木生之,禽獸居之,寶藏興焉。今夫水,一勺之多,及其不測,黿鼉、蛟龍、魚鱉生焉,貨財殖焉。詩云:「維天之命,於穆不已!」蓋曰天之所以爲天也。「於乎不顯!文王之德之純!」蓋曰文王之所以爲文也,純亦不已。

ゆゑしせいむなし。まざればすなはひさし。ひさしければ、すなはしるしあり。しるしあればすなはいうゑんなり。いうゑんなればすなははくこうなり。はくこうなればすなはかうめいなり。博厚はものするゆゑんなり。かうめいてんはいし、いうきうかぎりなし。かくごとものしめさずしてあらはれ、うごかずしてへんじ、すことなくしてる。てんちみちは、一げんにしてくすきなり。其のものたるならず、則ち其のものしやうずるはかられず。てんちみちはくなり、こうなり、かうなり、めいなり、いうなり、きうなり、いまてんは、せうせうの多きなり。其のきはまりなきにおよんでや、日月星辰かゝり、ばんぶつおほはる。いまれ地は、一さつどの多きなり。其くわうこうなるにおよんでは、くわがくせてしかしておもしとせず。かかいをさめてらさず、ばんぶつせらる。いまやまは、一けんせきの多きなり。其のくわうだいなるに及んでは、さうもくれにしやうじ、きんじうれに居り、はうざうおこる。いまみずは、一しやくおほきなり。其のはかられざるにおよんでは、げんだかうりようぎよべつしやうじ、くわざいしよくす。に云ふ、てんめいあゝぼくとしてまず。けだてんてんなるゆゑんを曰ふ。あああきらかならざらんや、ぶんわうとくじゆんと。けだぶんわうぶんたるゆゑんを曰ふなり。じゆんまた已まざるなり。〉

右第二十六章。
〈右第二十六章〉

大哉聖人之道!洋洋乎!發育萬物,峻極於天。優優大哉!禮儀三百,威儀三千。待其人而後行。故曰苟不至德,至道不凝焉。故君子尊德性而道問學,致廣大而盡精微,極高明而道中庸。溫故而知新,敦厚以崇禮。是故居上不驕,爲下不倍,國有道其言足以興,國無道其默足以容。詩曰「既明且哲,以保其身」,其此之謂與!

だいなるかなせいじんみちやうやうことしてばんぶつはついくし、しゆんとしててんきはむ。いういうとしてだいなるかな、れいぎ三百、ゐぎ三千。其ひとつてしかのちおこなはる。ゆゑに曰く、いやしくしとくならざれば、しだうらず。ゆゑくんしとくせいたふとんでもんがくる。くわうだいきはめてせいびくす。かうめいきはめてちうようる。ふるきたづねてあたらしきり、とんこうにしてれいたふとぶ。ゆゑに、かみに居つておごらず、しもりてそむかず、くにみち有れば、其げんもつおこるにり、くにみちなければ、其もくもついれらるゝにる。に曰ふ、すでめいてつもつて其たもつと。れを之れ。〉

右第二十七章。
〈右第二十七章〉

子曰:「愚而好自用,賤而好自專,生乎今之世,反古之道。如此者,菑及其身者也。」非天子,不議禮,不制度,不考文。今天下車同軌,書同文,行同倫。雖有其位,苟無其德,不敢作禮樂焉;雖有其德,苟無其位,亦不敢作禮樂焉。子曰:「吾說夏禮,杞不足徵也;吾學殷禮,有宋存焉;吾學周禮,今用之,吾從周。」

〈子曰く、にしてみづかもちふるをこのみ、せんにして自らもつぱらにするを好み、今のうまれて、いにしへみちへる。かくごとき者はわざはひおよぶ者なり。てんしあらざれば、れいせず、せいせず、ぶんかんがへず。いまてんかくるまおなじうし、しよぶんおなじうし、おこなひりんおなじうす。其くらゐりといへども、いやしくも其とくなければ、あへれいがくつくらず。其とくありといへども、いやしくも其くらゐなければ、またあへれいがくつくらず。曰く、れいけども、ちようとするにらず。いんれいまなぶ、そうそんするあり。しうれいまなぶ、いま之れをもちふ。れはしうしたがはん。〉

右第二十八章。
〈右第二十八章〉

王天下有三重焉,其寡過矣乎!上焉者雖善無徵,無徵不信,不信民弗從;下焉者雖善不尊,不尊不信,不信民弗從。故君子之道:本諸身,徵諸庶民,考諸三王而不繆,建諸天地而不悖,質諸鬼神而無疑,百世以俟聖人而不惑。質諸鬼神而無疑,知天也;百世以俟聖人而不惑,知人也。是故君子動而世爲天下道,行而世爲天下法,言而世爲天下則。遠之則有望,近之則不厭。詩曰:「在彼無惡,在此無射;庶幾夙夜,以永終譽!」君子未有不如此而蚤有譽於天下者也。

てんかわうとし、三ぢゆういうせば、あやまちすくなきか、かみなる者は、ぜんいへどしるしなし、しるしなければしんぜられず、しんぜざればたみしたがはず、しもなるものは、ぜんいへどたふとからず、たふとからざればしんぜられず、しんぜざればたみしたがはず。ゆゑくんしみちは、これを身にもとづけ、これしよみんちようし、これを三わうかんがへてあやまらず、これてんちててもとらず、これきしんたゞしてうたがひなし。ひやくせいもつせいじんつてまどはず。これきしんただしてうたがひなきはてんればなり。ひやくせいもつせいじんつてまどはざるは、人をればなり。ゆゑに、くんしうごいてよゝてんかみちとなり、おこなひてよゝてんかはふとなり、ひてよゝ天下ののりとなる。之れをとほざくればすなはのぞむ有り。之れをちかづくれば則ちいとはず。に曰く、かれりてもにくまるゝなく、れにりてもいとはるるなし、こひねがはくはしゆくやもつながほまれへんと。くんしいまかくごとくならずして、はやてんかほまれあるものはあらざるなり。〉

右第二十九章。
〈右第二十九章〉

仲尼祖述堯舜,憲章文武;上律天時,下襲水土。辟如天地之無不持載,無不覆幬,辟如四時之錯行,如日月之代明。萬物竝育而不相害,道竝行而不相悖,小德川流,大德敦化,此天地之所以爲大也。

ちうじげうしゆんそじゆつし、ぶんぶけんしやうし、かみてんときのつとり、しもすゐどる。たとへばてんちぢさいせざるなくふたうせざるなきがごとく、たとへば四さくかうするがごとく、じつげつだいめいするがごとくし、ばんぶつならいくせられてあひがいせず、みちならおこなはれてあひもとらず、せうとくせんりうし、だいとくくわあつくす。てんちだいたるゆゑんなり。〉

右第三十章。
〈右第三十章〉

唯天下至聖,爲能聰明睿知,足以有臨也;寬裕溫柔,足以有容也;發强剛毅,足以有執也;齊莊中正,足以有敬也;文理密察,足以有別也。溥博淵泉,而時出之。溥博如天,淵泉如淵。見而民莫不敬,言而民莫不信,行而民莫不說。是以聲名洋溢乎中國,施及蠻貊;舟車所至,人力所通;天之所覆,地之所載,日月所照,霜露所隊;凡有血氣者,莫不尊親,故曰配天。

たゞてんかしせいは、そうめいえいちもつのぞむあるにるなり。かんいうをんじう、以てるゝるにるなり、はつきやうがうき、以てる有るにるなり、せいさうちうせいもつけいする有るにるなり、ぶんりみつさつ、以てわかるにるなり。ほはくゑんせんにして、時にれをだす、ほはくてんごとく、ゑんせんふちごとく、たみけいせざるなく、うて民しんぜざるなく、おこなうてたみよろこばざるなし。これもつせいめいちうごくやういつし、ひいばんばくおよぶ。しうしやいたところじんりよくつうずるところてんおほところするところじつげつらすところさうろつる所、およけつきある者はそんしんせざる莫し。ゆゑてんはいすとふ。〉

右第三十一章。
〈右第三十一章〉

唯天下至誠,爲能經綸天下之大經,立天下之大本,知天地之化育。夫焉有所倚?肫肫其仁!淵淵其淵!浩浩其天!苟不固聰明聖知達天德者,其孰能知之?

ただてんかしせいは、てんかたいけいけいりんし、てんかたいほんて、てんちくわいくるとす。いづくんところあらん。じゆんじゆんとして其れじんなり。ゑんゑんとして其れゑんなり。かうかうとしててんなり。いやしくまことそうめいせいちてんとくたつせる者にあらずんば、たれれをらん。〉

右第三十二章。
〈右第三十二章〉

詩曰「衣錦尙絅」,惡其文之著也。故君子之道,闇然而日章;小人之道,的然而日亡。君子之道:淡而不厭,簡而文,溫而理,知遠之近,知風之自,知微之顯,可與入德矣。詩云:「潛雖伏矣,亦孔之昭!」故君子內省不疚,無惡於志。君子之所不可及者,其唯人之所不見乎。詩云:「相在爾室,尙不愧於屋漏。」故君子不動而敬,不言而信。詩曰:「奏假無言,時靡有爭。」是故君子不賞而民勸,不怒而民威於鈇鉞。詩曰:「不顯惟德!百辟其刑之。」是故君子篤恭而天下平。詩云:「予懷明德,不大聲以色。」子曰:「聲色之於以化民,末也。」詩曰:「德輶如毛」,毛猶有倫。「上天之載,無聲無臭」,至矣!

に曰く、にしきけいくはふと。其ぶんあらはるゝをにくむなり。ゆゑくんしみちは、あんぜんとしてあきらかに、せうじんみちは、てきぜんとしてほろぶ。くんしみちは、たんにしていとはれず、かんにしてぶんをんにしてとほきちかきをり、ふうるをり、あらはるゝる。ともとくし。に云ふ、ひそまりてすといへども、またはなはだ之れあきらかと。ゆゑくんしうちかへりみてやましからず、こゝろざしにくし、くんしおよからざるところは、たゞ人のあらはれざるところか。に云ふ、なんぢしつるをるに、こひねがはくはをくろうぢざれと。ゆゑくんしうごかずしてけいし、はずしてしんず。詩に曰く、そうかしてふなく、ときあらそふこと有るしと。ゆゑくんししやうせずしてたみすゝみ、いからずしてたみふゑつよりおそる。に曰く、あきらかならざらんやとく、百へきれ之れにのつとると。ゆゑくんしとくきようにしててんかたひらかなり。ふ、めいとくおもふ、こゑいろとをだいにせじと。子曰く、せいしよくもつたみくわするにけるは、すゑなり。いはく、とくかろきことごとしと。りんり。じやうてんことこゑもなく、にほひもなしと。いたれり。〉

右第三十三章。子思因前章極致之言,反求其本,復自下學爲己謹獨之事,推而言之,以馴致乎篤恭而天下平之盛。又贊其妙,至於無聲無臭而後已焉。蓋舉一篇之要而約言之,其反覆丁寧示人之意,至深切矣,學者其可不盡心乎!
〈右第三十三章、ししぜんしやうきよくちげんりて、其もとはんきうし、かがくしておのれためにし、ひとりつゝしむのことり、してれをひ、もつとくきようにしててんかたひらかなるのせいじゆんちし、又そのめうさんして、こゑにほひきにいたりて、しかしてのちむ。けだし一ぺんえうげてれをやくげんす。其はんぷくていねいひとしめすのいたりてしんせつなり。がくしやこゝろつくさざるけんや。〉


この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は1925年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この著作物は、1953年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しています。従って、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1925年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。