中国童話集 (佐藤春夫) 人をろばにする話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

人をろばにする話[編集]

唐(とう)の汴州(べんしゅう)という町の板橋(はんきょう)とい所に一けんの宿屋(やどや)がありました。主は三娘子(さんろうし)という女で、どこから来た人であるかはわかりませんでした。やもめぐらしで年ももう三十を過(す)ぎているのですが、男の子も女の子もないのです。それにまた身内らしい人も見えないのでした。いくむねかの家を持っていて、道行く旅人にご飯(はん)をさしたり宿(やど)を貸(か)したりするのを商売としていました。しかしお金はずいぶんたくさん持っているのです。そのうえろばをたくさんたくわえていました。そうして車にも馬にも乗れないような人があればそれを安い値段(ねだん)で売ってやってその道中の労苦(ろうく)を省(はぶ)いてやるのです。人びとはみなそれを情(なさ)け深い行いだと言っていました。そういうわけで遠くからも近くからも道行く人たちはこの家に立ち寄(よ)る者が多かったのでした。
ある年のこと、許州(きょしゅう)という所の趙(ちょう)という人が長安(ちょうあん)の都へ行く道すがらこの地を通りかかってこの家に宿を借(か)りたことがありました。彼(かれ)が着いたときには、もう先客が六、七人あって、みなそれぞれの寝台(しんだい)を占領(せんりょう)してゆったりとうちくつろいでいました。そして後から来た趙(ちょう)にはいちばんおくまった所にある寝台(しんだい)が一つ余(あま)されてあるばかりなのです。
その寝台(しんだい)は主(あるじ)の部屋(へや)とかべ一重をへだててぴったりとくっついているのでした。
三娘子(さんろうし)はお客をきわめて手厚(てあつ)くもてなします。夜がふけるとみんなにお酒を出していっしょに酒もりを始めたのです。そしてみんなゆかいげにさわいでいるのでした。趙(ちょう)はふだんからお酒は飲まなかったのですあ、しかしいっしょに仲間(なかま)になって話したり笑(わら)ったりしました。十一時ごろになるとみんなは酔(え)いつかれてそれぞれ寝(しん)についてしまいました。三娘子(さんろうし)も自分の部屋(へや)に帰ってとびらを閉(と)じともしびを消してねたのです。
そして家じゅうの者はみんなよくねいってしまいました。ただ趙(ちょう)だけはどうしてもねむられないので、ごろりごろりとねがえりばかりうっていたのでした。するとかべをへだててとなりの部屋(へや)に主(あるじ)の三娘子(さんろうし)がなにか物を動かしているらしく、みしりみしりという音がするのです。趙(ちょう)はなんの気なしにかべのすきまから様子を覗いてみたのでした。見ると三娘子(さんろうし)は光のもれないようにおおったあんどんの火をかきたてて、たんすの中から一そろえのすきと一ぴきの木ぼりの牛と一つの木ぼりの人形とを取り出したのです。それはどれも六、七寸(すん)ほどの大きさのものでした。
三娘子(さんろうし)はそれをへっついの前に置(お)いて口に水をふくんでふきかけました。するとその牛と人の二つは動いて歩きだしたのです。木の人形は木の牛を引いて行って、小さいすきをそれにゆわえつけました。そして三娘子(さんろうし)の寝台(しんだい)の前のたたみ一じょうほどのゆかを耕(たがや)し始めました。行ったり来たり何度もしてそれをたがやさせました。三娘子(さんろうし)はまたたんすの中から一ふくろのそばの種(たね)を取り出して木の人形にわたしたのです。人形はそれをまきました。またたくまにそのそばは芽(め)を出し花を開いて実が実ったのです。三娘子(さんろうし)は人形に命じてそれを穫(と)り入れさせました。からを取ったりなにかして実ばかりで七、八升(しょう)もありました。三娘子(さんろうし)はまた小さなひきうすを出して来て、それをひいて粉(こな)にしました。それが終わると人形と牛とすきとをたんすの中へしまって、そのひきあげたそば粉(こ)をもって七、八枚(まい)の焼(や)きもちを作ったのでした。
しばらくして鷄(とり)が鳴きました。旅人たちがそろそろ目を覚(さ)まして旅の仕度を整え始める時となったのです。三娘子(さんろうし)はいちばん先に起きてきてともしびをとぼしました。そしてさっき作ったばかりの焼(や)きもちを食卓(しょくたく)の上に置(お)いて旅人たちのための朝のつまみ物とするのでした。
趙(ちょう)はそれを見ると変(へん)にむなさわぎがしたのでいそいで主(あるじ)にいとまを告(つ)げ、門の戸を開いて立ち去りました。そしてこっそりと戸の外から様子をうかがったのでした。見ると旅人たちは食卓(しょくたく)を囲(かこ)んで焼(や)きもちを食べ始めました。そしてその焼(や)きもちをまだすっかりは食べつくさないうちに、とつぜんいちどきに彼(かれ)らはゆかの上にすわってろばのような鳴き声をして、みるみるうちにみんなろばに変(か)わってしまったのでした。
三娘子(さんろうし)はその旅人のろばをみんな店の裏(うら)のほうへ追いこんでしまいました。そして旅人たちの荷物とお金とをすっかり取り上げてしまったのでした。趙(ちょう)は気味が悪いのでそのことはだれにも話しませんでした。
それからひと月あまりたって、趙(ちょう)は長安(ちょうあん)の都から帰りに、例(れい)のあやしい、板橋(はんきょう)の宿屋(やどや)へ着こうという前の日、彼はそば粉(こ)で作った焼(や)きもちを用意したのです。その大きさも前の三娘子(さんろうし)が作ったのと同じくらいにしたものでした。板橋(はんきょう)の宿(やど)へ着いてみると、三娘子(さんろうし)はまえのときと同じように喜(よろこ)んで彼(かれ)をむかえました。そしてその夜はほかに一人もお客がいなかったので、主(あるじ)の歓待(かんたい)はますます手厚(てあつ)かったのでした。夜もふけてねむりにつくとき、三娘子(さんろうし)はなにかお客さまのご注文はないかとたずねます。趙(ちょう)は、
「あしたの朝、出発するときになにかちょっとしたおなかをこしらえたいのでつまみ物が欲(ほ)しいのですが」と言いました。
三娘子(さんろうし)は「それはもうまちがいなく、そうしてさしあげますとも。ではどうかお静(しず)かにお休みなさいませ」と言いました。
夜中を過(す)ぎたころ、趙(ちょう)はまた様子をうかがってみました。三娘子(さんろうし)は前のときと同じことをしているのでした。
あくる朝、夜が明けると三娘子(さんろうし)は食卓の上にくだものと五、六枚の焼(や)きもちとをさらに盛(も)ってならべました。そしてそれをならべ終わるとなにかほかの物を取りにその部屋(へや)から出て行くのでした。趙(ちょう)はそのすきをうかがって食卓(しょくたく)に走り寄(よ)って自分が前から持っていた焼(や)きもちとその食卓(しょくたく)の上の焼(や)きもちとを一枚(いちまい)すりかえました。三娘子(さんろうし)はそれに気がつかなかったのでした。趙(ちょう)はそれからいよいよ出発しようというときになって食卓(しょくたく)に着きました。そして三娘子(さんろうし)に向かって、
「ちょうどわたしも焼(や)きもちを持っているのですよ。ですからどうかご主人のはこれはお下げになっていただきましょう。またほかのお客さまにおあげになったらいいでしょうから」そう言って趙(ちょう)は自分の持って来たのを取り出して食べたのでした。やがて三娘子(さんろうし)がお茶を持って来ました。
「どうです、ご主人もわたしの焼(や)きもちを一つめしあがってごらんになりませんか」趙(ちょう)はこう言って今しがたすりかえたばかりのを選(えら)み出して三娘子(さんろうし)に食べさせました。その焼(や)きもちが口にはいるかはいらないうちに、三娘子(さんろうし)はもう地面に手をついてろばの鳴き声をするのです。そしてたちどころに変(へん)じてろばになってしまいました。しかもそれはずいぶんとじょうぶそうなろばになったのです。
趙(ちょう)はそれに乗ってそこを出発したのでした。そのとき、木の人形と牛とすきとは持って来たのですけれど、それを使う術(じゅつ)を知らないので、いくら試(ため)してみても役には立ちませんでした。趙(ちょう)はそれからというもの三娘子(さんろうし)の変(へん)じたろばにまたがって諸々(しょしょ)の土地を歩き回りました。ろばは日に二、三十里の道を歩いて、とちゅうで動かなくなったりするようなことは一度もありませんでした。
そのことがあってから四年ののち、趙(ちょう)はろばに乗って都への道を進んでいました。華岳廟(かがくびょう)の東、一里ばかりの所へ来たとき、道ばたに一人の老人(ろうじん)がいました。老人(ろうじん)は手を打って大笑(おおわら)いをして、
「板橋(はんきょう)の三娘子(さんろうし)、なんだっておくめんもなく人間にこんななりをして出て来るのだね」と言ったのです。そしてろばのたづなをつかまえて趙(ちょう)に向かって、
「これは悪いこともしたにはしたでしょうが、あなたにこういう目に会わされてはすこしざんこくです。どうかかわいそうだと思ってここからひとつこいつを許(ゆる)してやってはくださらんか」と言いました。
そして老人(ろうじん)は、そのろばの口と鼻のところを両手でもってぐっと引きさいたのです。するとその皮の中から三娘子(さんろうし)がもとのとおりの姿(すがた)でおどり出して来ました。おどり出した三娘子(さんろうし)は老人(ろうじん)に向かって一礼をし終わるとそのまま走り去って、どこへ行ったのかわからなくなってしまいました。