中国童話集 (佐藤春夫) こおろぎ

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

こおろぎ[編集]

むかし明(みん)の時代宣徳(せんとく)という年号のころ、宮中にこおろぎを戦(たたか)わして楽しむ遊戯(ゆうぎ)が貴(たっと)れて、年々民間にその献納(けんのう)をおおせつけられたことがありました。
いったいこのこおろぎというものはもともと西のほうの国ぐにから出るものではないのです。ところが西のほうの国華陰(こっかいん)という地方の県令(けんれい)が上官(じょうかん)にこにようとしてそれを一ぴき献納(けんのう)したことがあったのです。試(ため)しに戦(たたか)わせるとなかなかすぐれていました。それがためそののちはこの地方へ、しじゅう献納(けんのう9するようにおおせつけられることになったのでした。
そこで県令(けんれい)は名主(なぬし)にそれをたてまつるように命じます。村里ののらくら者たちはよいやつをつかまえてかごに養(やしな)っておいては高い値段(ねだん)で名主(なぬし)にふっかけて金もうけの種(たね)とするのです。村の役人たちはそれを口実にして租税(そぜい)をたくさん取り立てます。それで一ぴきのこおろぎの献納(けんのう)を命ぜられるおとにいつでもいくけんもの家が税金(ぜいきん)を納(おさ)められないで破産(はさん)するというありさまでした。
ある村に成名(せいめい)という人がおりました。役人になる試験(しけん)を受けるために勉強していたのですが長いあいだ及第(きゅうだい)しなかった人です。性質(せいしつ)も世事にうといお人よしでしたので、とうとうずるい役人たちのために名主(なぬし)に祭りあげられてしまったのです。政治(せいじ)の乱(みだ)れた時代のことだから、名主(なぬし)になれば上役からはしかられ、下々(しもじも)へはいろいろいやな言いつけをしなければならない。手をつくして断(ことわ)ってみたけれどものがられませんでした。それで名主(なぬし)になって一年とたたないうちに少しばかりの財産(ざいさん)もすっかりなくしたのでした。
ちょうどそのときこおろぎの献納(けんのう)を命ぜられたのです。成(せい)はそのために人から租税(そぜい)を取り立てるということはできないたちの人間だっつたし、そうかといってまた自分でこおろぎを買う金を出す力もなかったので、苦しみもだえたあげく死んでしまおうと思ったのでした。しかし、彼(かれ)の妻(つま)は「死んでもなんにもならないではございませんか。それよりもいっそご自分でお探(さが)しにお出かけになったがよろしゅうございますわ。ひょっとしてよいのがお手にはいらないものでもございますまいから」と言ってはげましたのです。
成(せい)はなるほどそうだと思いました。それで朝早くから夜おそくまで、こおろぎをとらえるための竹づつと入れるための絹張(きぬば)りのかごとを持って土べいのこわれた辺(へん)、草の生えしげった所を石を起こし穴(あな)をほじってできるだけのことはして探(さが)したのですが、やはりなんのかいもありませんでした。それは二、三ぴきとらえることはとらえても弱よわしい見ずぼらしいやつでとても役に立たないのです。上役からは期限(きげん)をやかましく言ってさいそくして来ます。十日あまりをゆうよしてもらうために百ぐらいむちで打たれ、両のももは血とうみにただれてますます虫をとらえに行くことはできなくなったのです。ただねどこの上にあちこちとねがえりして身をもだえては自殺してしまおうとばかり考えつめていたのでした。
そのじぶんその村には巫女(みこ)が来ていました。うらないがじょうずなのでした。成(せい)の妻(つま)はお礼物を用意してそこへうらなってもらいに行きました。すると若(わか)い女や年寄(としよ)ったおばあさんがいっぱいに来ていました。おくへはいるとみすで仕切った密室(みっしつ)があってそのみすの外(そと)に香机(こうづくえ)が備(そな)えてあるのです。うらなってもらう者はそこで香炉(こうろ)に香(こう)をたいておじぎすると巫女(みこ)がそばでその人の代わりにだれに向かってというでもなくいのるのですが、くちびるは開いたり閉(と)じたりするけれど何を言っているのかわかりません。みんなうあらなってもらう人たちはぞっとするような気持ちでそれを聞いているのです。するとしばらくしてみすの中から紙切れが投げ出されるのです。それには人びとの聞きたいと思っていることが毛ほどのちがいもなく述(の)べられているのでした。
成(せい)の妻(つま)も人のするようにお金を机(つくえ)の上に香(こう)をたいておじぎをしました。しばらくするとみすがゆらいで小さな紙が落ちて来ました。それを見ると字は書いてなくて絵がかいてあるのです。それはお寺のような建物(たてもの)があってその後ろに小山があるその下の所にふしぎな形の石が横たわっていていばらがとげとげしく生えています。そこにこおろぎの中でいちばnすぐれている種類(しゅるい)である青麻頭(せいまとう)というのがかくれています。そのそばに一ぴきのひきがえるがいまや飛(と)び立とうとしているのです。いくら見てもなんのことなのか意味はわからなかったのですけれど、しかし、こおろぎがいるのを見れば自分の思っていることは当たっているようです。そこでそれを家に持ち帰って成(せい)に見せたのでした。
成(せい)はくり返しくり返しそれを見ていましたが、これは自分にこおろぎをとらえる場所を教えているものらしいと気がついたのです。よくよくその絵を見ますと村の東にある大きなお寺によく似(に)ているんどえす。そこでがまんして起き上がってつえにすがり、その絵を持ってお寺に行きました。お寺の後ろには古い塚(つか)がこんもりともり上がっているのです。その塚(つか)について行くとそこらにごろごろ石が横たわっていてちょうどその絵にょうなありさまの所へ来ました。草むらの中を耳をすまし、針(はり)でも拾うかのように静(しず)かに歩きながら探(さが)しました。しかし心もたゆみ耳もつかれ果(は)てるまでもなんの手がかりもないのです。それでもめくらめっぽうに探(さが)していうと、きたならしいひきがえるがだしぬけにとび立ったのでした。成(せい)はますますびっくりして急いでその後を追いました。ひきがえるは草の間にはいったのです。その後を草をかき分けて探(さが)すとこおろぎがいばらの根本にかくれているのです。あわてて上からおさえると石に開いていた穴(あな)の中へはいってしまいました。とがった草を入れてついても出てこない。水をつつにくんで来て注ぎ入れるとやっと出て来ました。その様子はきわめて敏捷(びんしょう)でじょうぶそうです。追いつめてつかまえてよく見ると、からだは大きく尾(お)は長くうなじは青々と光っていて羽(はね)は金色にかがやいているのです。成(せい)は大喜(おおよろこ)びに喜(よろこ)んでそれをかごに入れて帰りますと家(うち)じゅうでもみんなおめでとうと喜(よろこび)合いました。それは貴(たっと)い宝(たから)でも手に入れた以上(いじょう)の大きな喜(よろこ)びでした。
それからそのこおろぎをかめの中へ入れていろいろと手をつくしてたいせつに養(やしな)いました。献納(けんのう)の期限(きげん)が来たらそれで責任を果(は)たそうと思っつたのです。
成(せい)には九つになる子どもがありました。その子がお父さんの留守(るす)のまにそっとかめを開けて見たのです。虫はぴんとはねてとび出しました。すばやくてとらえられないのです。それをやっと手でおさめつけると、足はもげ腹(はら)はさけて見るまに死んでしまいました。
子どもはたいへんおどろき、泣(な)いてお母さんにこのことを申しました。お母さんはそれを聞くとまっさおになって言いました。
「やっぱり因縁(いんねん)で死ななければならない時が来たのでしょう。お父さまがお帰りあそばしたらわたしもおまえもそれだけのおわびはしましょう」
子どもは泣(な)きながら外へ出て行きました。
まもなく、成(せい)は帰って来ました。彼(かれ)は妻(つま)のことばを聞くと冷(つめ)たい水でも浴(あ)びせられたほどにおどろいて、おこって子どもを探(さが)しました。しかし、子どもはどこへ行ったのかかげもないのです。そのうちにその死がいが井戸(いど)から見つけ出されました。いかりは悲しみに変(か)わりました。息も絶(た)えんばかりに泣(な)きさけびました。そうして夫婦(ふうふ)して部屋(へや)の片(かた)すみに引きこもり、食事の用意もうち捨(す)てて、もくもくとして向かい合ったままたがいになぐさめることさえできませんでした。
日もくれようとすること、形ばかりのとむらいながら子どものなきがらを取り収(おさ)めようとしたのです。近よってからだをなでてみるとかすかに息が通っています。喜(よろこ)んで寝台(ねだい)の上にねかせておくと夜中ごろにまた生き返りました。夫婦(ふうふ)の心はすこしなぐさんだのでした。しかし子どもは気ぬけしたようになっていて、ただもういつまでもねむるばかりでした。
成(せい)は気がついていまさらにこおろぎの入れ物を見ますと空なのです。息もつまるほどの心配に子どものことさえもう心になく、夜通しねむることもできませんでした。
やがて太陽はのぼりました。成(せい)はぐったり横になて悲しんでいると、とつぜん門の外にこおろぎの声が聞こえたのです。おどろいて起き上がってうかがってみるとその虫はちゃんといます。喜(よろこ)んでそれをとらえようとすると一声鳴いてはねて行きました。なかなかすばやいのです。手でおおうとなにもはいっていないように手ごたえがありません。しかし、ちょっと手を上げるとまたたちまちはねだすのです。急いでそれを追いかけるとへいのすみをちょっと折(お)れたので、どこへ行ったかわからなくなりました。そこでうろうろとあたりを見回すと虫はへいのかべの上にくっついているのです。
しかしよく見るとからだは小さく色は赤黒くてまえの虫ではないのです。成(せい)はそれが小さいのでだめだと思いました。そしてあたりをうろうろしていま追いかけて来たやつを探(さが)していたのでした。するとかべの上にいた小さい虫はたちまちぴょんとはねて成(せい)の着物のえりの所へ落ちて来ました。よく見るとあんがい強そうなやつで、どうやらそんなにも悪いものではないように思えるのです。
成(せい)は喜(よろこ)んでそれをとらえてかごに入れました。そうしてお上(かみ)のお役所に納(おさ)めようと思ったのですがこれでは御意(ぎょい)にかなわないことはなかろうかと気がかりで気がかりでならないのです。
そこで彼はひとつこれをほかのこおろぎとけんかさせて試(ため)してみようと思ったのでした。
ちょうどこの村に物好(ものず)きな若者(わかもの)がおりまして一ぴきこの虫を飼(か)っていました。自分で『蟹殻青(かいかくせい)』という名前をつけています。そして毎日のように人びとと虫を戦(たたか)わせて勝負を争(あらそ)い、いつも勝たないことはありませんでした。ですから、これを種(たね)にして大金をもうけようと思って人がなかなか高い値(ね)をつけても売りませんでした。それが成(せい)の所へ訪(たず)ねて来ました。そして成(せい)の飼(か)っている虫を見ると口に手をあてて「あはは」と笑(わら)ったのです。そして自分の虫を出して見せるのです。見るとそれは長く大きいりっぱな体をしています。成(せい)は自分ながら自分の虫がますますはずかしいものになってきて力比(ちからくら)べをさせる勇気(ゆうき)もありません。
しかし若者(わかもの)はしきりに戦(たたか)わせようと強(し)いるのです。考えてみるとつまらないやつを飼(か)っておいたところでけっきょくなんの役にも立ちません。いっそのこと思い切って捨(す)てるつもりでなぐさみものにでもしたほうがいいと思いました。
そこで戦(たたか)わせるかめの中へ両方をいっしょに入れたのです。小さい虫はじっと底(そこ)へひっついたまま、まるで木ぼりのにわとりのように動きません。若者(わかもの)はまた大笑(おおわら)いに笑(わら)って、試(ため)しにぶたの毛でその虫のひげをつっつきました。虫はやはり動かないのです。若者(わかもの)はまた笑(わら)って何度も何度もつっついたのでした。すると虫はとつぜんおこってまっしぐらに相手(あいて)の虫に走りかかりついにたがいに戦(たたか)い合いました。ふるい立って音を立てて戦(たたか)うのです。にわかに小さい虫がおどり上がり、尾(お)をぴんとさせひげをのばして相手(あいて)のえり首へぐさとかみついたのです。若者(わかもの)はたいへんにおどろいて急いでそれを引き分けて戦(たたか)いをやめさせました。
小さい虫は、ほこらかに鳴きました。それはちょうど自分の飼(か)い主(ぬし)に勝利を知らせるかのようでした。成(せい)は大喜(おおよろこ)びに喜(よろこ)んでその虫をながめていたのです。そのときでした。一羽(わ)のにわとりがちらとそれを見つけてやって来て近づくなりくちばしでついばんだのでした。成(せい)はあっとさけんでびっくりして立ち上がりました。幸いにもくちばしがはずれて虫には当らなかったので虫はぴょんと一尺(しゃく)ばかりとびのいたのです。しかし、にわとりはつかつかとそれを追って近づきました。虫はもうにわとりのつめの下になってしまったのです。成(せい)はだしぬけのことで救(すく)う方法(ほうほう)もありません。足ずりして顔色を失(うしな)ったのでした。
するとどうです。たちまちにわとりがくびをのばして頭をふるったりこすったりするのです。近よって見ると虫はとさかの上にとまって力いっぱいかみついて放さないでいます。成(せい)はますます喜(よろこ)んでそれを取ってかごに入れて、翌日(よくじつ)上役の所へ持って行きました。
しかし、上役はその虫が小さいのを見ておこって成(せい)をどなりつけたのです。成(せい)はそれがふしぎな虫であることを述べたのですが、上役は信(しん)じません。そこで試(ため)しにほかの虫と戦(たたか)わせることになりました。しかしそれに勝つ虫は一ぴきもありませんでした。またにわとりに試(ため)してみました。やはり成(せい)の言ったとおりのありさまなのです。上役ははじめて成(せい)をほめました。そしてそれを撫軍(ぶぐん)に献(けん)じました。撫軍(ぶぐん)もおおいに喜んで細かに、その虫の強いことを記(しる)した書き物をそえて金のかごに入れ、いよいよ天子様に献上(けんじょう)しました。
さて宮中では天下じゅうから集まったいろいろなすぐれた名のあるこおろぎと戦(たたか)わせて試(ため)したが成(せい)の献上(けんじょう)した虫に勝つものは一ぴきもなかったのです。そうして宮中に音楽が奏(かな)でられるとその音(ね)を聞くといつでもその調子に合わせてその虫は舞(ま)うのです。ますますふしぎなめずらしい虫として珍重(ちんちょう)されることになりました。
天子様はおおいにお喜(よろこ)になってそれを献上(けんじょう)した役人たちに、上から順々(じゅんじゅん)とおほめがあり、そのおかげで最後の成(せい)もつらい名主(なぬし)の役目をめんぜられて村の学校の役人になりました。
それから一年ばかりたって成(せい)の子どもは精神(せいしん)がもとのとおりに治(なお)ったのです。子どもは言いました。「ぼくはこおろぎになっていたよ。すばしこくてけんかのじょうずなこおろぎになっていていまようやっと生き返ったのだよ」