三国志 (吉川英治) 第一巻 桃園の巻/転戦

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

転戦(てんせん)[編集]

[編集]

それより前に、関羽は、玄徳の書を携(たずさ)えて、幽州(ゆうしゅう)涿郡(たくぐん)(河北省・保定府(ほていふ))の太守(たいしゅ)劉焉(りゅうえん)の許(もと)へ使(し)していた。
太守劉焉は、何事かと、関羽を城館に入れて、庁堂(ちょうどう)で接見した。
関羽は、礼を施(ほどこ)して後、
「太守には今、士を四方に求めらるると聞く。果たして然(しか)りや」と、訊(たず)ねた。
関羽の威風は、堂々たるものであった。劉焉は、一見して、是尋常人(これじんじょうじん)に非(あら)ずと思ったので、その不遜(ふそん)を咎(とが)めず、
「然り。諸所の駅路に高札(こうさつ)を建てしめ、士を募(つの)ること急なり。卿(けい)もまた、檄(げき)に応じて来(きた)れる偉丈夫(いじょうぶ)なるか」と、言った。
そこで関羽は、
「さん候(そうろう)。この国、黄賊(こうぞく)の大軍に攻蝕(こうしょく)せらるること久しく、太守(たいしゅ)の軍、連年に疲敗(ひはい)し給(たま)い、各地の民倉(みんそう)は、挙(あ)げて賊の毒手にまかせ、百姓(ひゃくしょう)蒼生(そうせい)みな国主の無力と、賊の暴状に哭(な)かぬはなしと承(うけたまわ)る」
敢(あえ)て、媚(こ)びず惧(おそ)れず、こう正直に言ってから更に重ねて、
「われ等(ら)恩を久しく領下にうけて、この秋(とき)を空(むな)しく逸人(いつじん)として草盧(そうろ)に閑(かん)を偸(ぬす)むを潔(いさぎよ)しとせず、同志張飛その他二百余の有為(ゆうい)の輩(ともがら)と団結して、劉玄徳を盟主と仰(あお)ぎ、太守の軍に入って、いささか報国の義をささげんとする者でござる。太守寛大、よくわれ等の義心の兵を加え給うや否(いな)や」
と述べ、終わりに、玄徳の手書を出して、一読を乞(こ)うた。
劉焉(りゅうえん)は、聞くと、
「この秋(とき)にして、卿等(けいら)赤心(せきしん)の豪傑(ごうけつ)等、劉焉の微力に援助せんとして訪ねらるる。まさに、天佑(てんゆう)の事ともいうべきである。なんぞ、拒(こば)むの理があろうか。城門の塵(ちり)を掃(は)き、客館に旗飾(きしょく)を施(ほどこ)して、参会の日を待つであろう」
と言って、非常な歓(よろこ)びようであった。
「では、何月何日に、御城下まで兵を率(ひき)いて参らん」と、約束して関羽は立ち帰ったのであるが、その折、はなしの序(ついで)に、義弟の張飛が、近頃、楼桑村(ろうそうそん)の附近や市(いち)の関門などで、事の間違いから、太守の部下たる捕吏(ほり)や役人などを殺傷したが、どうかその罪は免(ゆる)されたいと、一口断わっておいたのである。
そのせいか、あれっきり、市の関門からも、捕吏の人数はやって来なかった。いやそれのみか、あらかじめ、太守のほうから命令があったとみえ、劉玄徳以下の三傑に、二百余の郷兵が、突然、楼桑村から涿郡(たくぐん)の府城へ向かって出発する際には、関門の上に小旗を立て、守備兵や役人は整列して、その行(こう)を鄭重(ていちょう)に見送った。
それと、眼をみはったのは、玄徳や張飛の顔を見知っている市の雜民たちで、
「やあ、先に行く大将は、蓆売(むしろう)りの劉さんじゃないか」
「その側(そば)に、馬に騎(の)って威張(いば)って行くのは、よく猪(いのこ)の肉を売りに出ていた呑(の)んだくれの浪人者だぞ」
「なるほど。張だ、張だ」
「あの肉売りには、わしは酒代の貸しがあるんだが、弱ったなあ」
などと群衆のあいだから嘆声をもらして、見送っている酒売りもあった。
義軍はやがて、涿郡の府に到着した。道々、風(ふう)を慕(した)って、日月(じつげつ)の旗下に馳(は)せ参(さん)じる者もあったりして、府城の大市に着いた時は、総勢五百を算(かぞ)えられた。
太守は、直ちに、玄徳等の三将を迎えて、その夜は、居館で歓迎の宴(うたげ)を張った。


[編集]

大将玄徳に会ってみるとまだ年も二十歳台(はたちだい)の青年であるが、寡言沈厚(かげんちんこう)のうちに、どこか大器の風さえ窺(うかが)えるので、太守劉焉(りゅうえん)は、大いに好遇に努めた。
なお、素性を問えば、漢室の宗親(そうしん)にして、中山靖王(ちゅうさんせいおう)の裔孫(えいそん)との事に、
「さもあらん」と、劉焉はうなずくこと頻(しき)りでなおさら、親しみを改め、左右の関、張両将を併(あわ)せて、心から敬(うやま)いもした。
折ふし。
青州(せいしゅう)大興山(だいこうざん)の附近一帯(山東省斉南(さいなん)の東)に跳梁(ちょうりょう)している黄巾賊五万以上といわれる勢力に対して太守劉焉は、家臣の校尉(こうい)鄒靖(すうせい)を将軍として、大軍を附与し、にわかに、それへ馳(か)け向かわせた。
関羽と、張飛は、それを知るとすぐ、玄徳へ向かって、「人の歓待は、冷(さ)めやすいものでござる。歓宴長く停(とど)まるべからずです。手初めの出陣、進んで御加勢にお加わりなさい」と、すすめた。
玄徳は、「自分もそう考えていたところだ。早速、太守(たいしゅ)へ進言しよう」と、劉焉(りゅうえん)に会って、その旨(むね)を申し出ると劉焉も欣(よろこ)んで、校尉鄒靖(すうせい)の先陣に参加する事をゆるした。
玄徳の軍五百余騎は、初陣(ういじん)とあって意気すでに天をのみ、日ならずして大興山(たいこうざん)の麓(ふもと)へ押しよせてみったところ、賊の五万は、嶮(けん)に拠(よ)って、利戦(りせん)を策(さく)し、山の襞(ひだ)や谷あいへ虱(しらみ)のごとく長期の陣を備(そな)えていた。
時、この地方の雨季をすぎて、すでに初夏の緑草豊かであった。
合戦長きに亙(わた)らんか、賊は、地の利を得て、奇襲縦横にふるまい、諸州の黄匪(こうひ)、連絡をとって、一斉(いっせい)に後路を断(た)ち、征途(せいと)の味方は重囲のうちに殲滅(せんめつ)の厄(やく)にあわんも測りがたい。
玄徳はそう考えたので、
「いかに張飛、関羽。太守劉焉をはじめ、校尉鄒靖も、われ等(ら)の手なみいかにと、その実力を見んとしておるに違いない。すでに、味方の先鋒(せんぽう)たる以上、徒(いたず)らに、対峙(たいじ)して、味方に長陣の不利を招くべからずである。挺身(ていしん)、賊の陣近く斬(き)り入(い)って、一気に戦いを決せんと思うがどうであろう」
二人へ、計(はか)ると、「それこそ、同意」と、すぐ五百余騎を、鳥雲(ちょううん)に備え立て、山麓(さんろく)まぢかへ迫ってからにわかに鼓(こ)を鳴らし諸声(もろごえ)あげて決戦を挑(いど)んだ。
賊は、山の中腹から、鉄弓を射(い)、弩(ど)をつるべ撃ちして、容易に動かなかったが、
「寄手(よせて)は、多寡(たか)のしれた小勢のうえに、国主の正規兵とはみえぬぞ、どこかそこらから狩り集めて来た烏合(うごう)の雜軍。みなごろしにしてしまえ」
賊の副将鄧茂(とうも)という者、こう号令を下すや否(いな)や、柵(さく)を開いて、山上から逆落(さかお)としに騎馬で馳(か)け降(お)りて来、
「やあやあ、稗粕(ひえかす)を舐(な)めて生きる。あわれな郷軍(ごうぐん)の百姓兵ども。官軍の名にまどわされて死骸(しがい)の堤(つつみ)を築きに来(きた)りしか。愚かなる権力の楯(たて)につかわるるを止(や)めよ。汝等(なんじら)、槍(やり)をすて、馬を献じ、降(こう)を乞(こ)うなれば、わが将、大方(だいほう)程遠志(ていえんし)どのに申しあげて、黄巾(こうきん)を賜(たま)わり、肉食(にくじき)させて、世を楽しみ、その痩骨(やせぼね)を肥(こ)えさすであろう。否(いな)といわば、即座に包囲殲滅(せんめつ)せん。耳あらば聞け、口あらば答えよ。――如何(いか)に、如何に!」と、よばわった。
すると、寄手の陣頭より、おうと答えて、劉玄徳、左右に関羽、張飛をしたがえて、白馬を緑野の中央へすすめて来た。


[編集]

「推参(すいさん)なり、野鼠(やそ)の将」
玄徳は、賊将程遠志(ていえんし)の前に駒(こま)を止めて、彼のうしろに犇(ひし)めく黄巾賊の大軍も、轟(とどろ)けとばかり言った。
「天地開けて以来、まだ獣族の長く栄えたる例はなし。たとい、一時は人政を紊(みだ)し、暴力をもって権を奪うも、末路は野鼠の白骨と変わるなからん。――醒(さ)めよ、われは、日月(じっげつ)の幡(はた)を高くかかげ、暗黒の世に光明をもたらし、邪(じゃ)を退(しりぞ)け、正(せい)を明(あき)らかにするの義軍、いたずらに立ち向かって、生命(いのち)をむだに落とすな」
聞くと、程遠志は声をあげて、大笑し、
「白昼(はくちゅう)の大寝言(おおねごと)、近ごろおもしろい。醒めよとは、うぬ等(ら)のこと。いで」
と、重さ八十斤(きん)と称する青龍刀(せいりゅうとう)をひッさげ、駒首(こまくび)おどらせて玄徳へかかって来た。
玄徳は元より武力の猛将ではない。泥土(でいど)を揚(あ)げて、蹄(ひづめ)を後へ返す。その間へ、待ちかまえていた張飛が、
「この下郎(げろう)っ」
おめきながら割って入り、先ごろ鍛(う)たせたばかりの丈余(じょうよ)の蛇矛(じゃぼこ)――牙形(きばがた)の大矛(おおぼこ)をを先に付けた長柄(ながえ)を舞わして、賊将程遠志の盔(かぶと)の鉢金(はちがね)から馬の背骨に至るまで斬(き)り下(さ)げた。
「やあ、おのれよくも」
賊の副将鄧茂(とうも)は、乱れ立つ兵を励(はげ)ましながら、逃げる玄徳を目がけて追いかけると、関羽が早くも騎馬をよせて、
「豎子(じゅし)っ、なんぞ死を急ぐ」
虚空(こくう)に鳴る偃月刀(えんげつとう)の一揮(いっき)、血けむりを呼んで、人馬共に、関羽の葬(ほうむ)るところとなった。
賊の二将が打たれたので、残余の鼠兵(そへい)は、あわて乱れて、山谷のうちへ逃げこんでゆく。それを、追って打ち、包んでは殲滅(せんめつ)して賊の首を挙げること一万余、降人(こうじん)は容(い)れて、部隊にゆるし、首級(しゅきゅう)は村里の辻に梟(か)けならべて、
――天誅(てんちゅう)は斯(か)くの如(ごと)し。
と、武威を示した。
「幸先(さいさき)はいいぞ」
張飛は、関羽に言った。
「なあ兄貴(あにき)、この分なら、五十州や百州の賊軍ぐらいは、半歳(はんさい)のまに片づいてしまうだろう。天下はまたたく間に、折れたちの旗幟(きし)によって、日月照々(しょうしょう)だ。安眠楽土の世となるにきまっている。愉快だな。――しかし戦争がそう早く無くなるのがさびしいが」
「ばかをいえ」
関羽は、首をふった。
「世の中は、そう簡単でないよ。いつも戦(いくさ)はこんな調子だと思うと、大まちがいだぞ」
大興山(だいこうざん)を後にして、一同はやがて幽州(ゆうしゅう)へ凱旋(がいせん)の轡(くつわ)をならべた。
太守劉焉(りゅうえん)は、五百人の楽人に勝利の譜(ふ)を吹奏させ、城門に旗の列を植えて、自信、凱旋軍を出迎えた。
ところへ。
軍馬のやすむ遑(いとま)もなく、青州(せいしゅう)の城下(山東省斉南(せいなん)の東・黄河口)から早馬が来て、
「大変です。すぐ援軍の御出馬を乞(こ)う」と、ある。
「何事か」と、劉焉が、使いの齎(もたら)した牒文(ちょうぶん)をひらいてみると、
当地方ノ黄巾ノ賊徒等(ゾクトラ)県郡ニ蜂起(ホウキ)して雲集(ウンシュウ)シ青州ノ城囲(シロカコ)マレ終(オ)ワンヌ落焼(ラクショウ)ノ運命已(スデ)ニ急(キュウ)ナリタダ友軍ノ来援(ライエン)ヲ待ツ

                                    青州太守(タイシュ)龔景(キョウケイ)

と、あった。
玄徳は、又進んで、
「願わくば行(ゆ)いて援(たす)けん」
と申し出たので、太守劉焉はよろこんで、校尉(こうい)鄒靖(すうせい)の五千余騎に加えて、玄徳の義軍にその先鋒(せんぽう)を依嘱(いしょく)した。


[編集]

時はすでに夏だった。
青州(せいしゅう)の野(や)についてみると、賊数万の軍は、すべて黄の旗と、八卦(はっけ)の文を証(しるし)とした幡(はん)をかざして、その勢い、天日をも侮(あなど)っていた。
「なにほどの事があろう」と、玄徳も、先頃の初陣(ういじん)で、難なく勝った手ごころから、五百余騎の先鋒で、当たってみたが、結果は大失敗だった。
一敗地(いっぱいち)にまみれて、あやうく全滅をまぬがれ、三十里も退(しりぞ)いた。
「これがだいぶ強い」
玄徳は、関羽へ計(はか)った。
関羽は、
「寡(か)をもって、衆を破るには、兵法によるしかありません」と一策を献(けん)じた。
玄徳は、よく人の言(げん)を用いた。そこで、総大将の鄒靖(すうせい)の陣へ、使いを立て、謀事(はかりごと)をしめしあわせて、作戦を立て直した。
まず、総軍のうち、関羽は約千の兵をひっさげて、右翼となり、張飛も同数の兵力を持って、丘の陰(かげ)に潜(ひそ)んだ。
本軍の鄒靖と玄徳とは、正面からすすんで、敵の主勢力へ、総攻撃の態(てい)を示し、頃あいを計って、わざと、潮(うしお)のごとく逃げ乱れた。
「追えや」
「討(う)てや」
と、図にのって、賊の大軍は、陣形もなく追撃して来た。
「よしっ」
玄徳が、駒(こま)を返して、充分誘導して来た敵へ当たり始めた時、丘陵(きゅうりょう)の陰や、曠野(こうや)の黍(きび)の中から、夕立雲のように湧(わ)いて出た関羽、張飛の両軍が、敵の主勢力を、完全にふくろづつみにして、みなごろしにかかった。
太陽は、血に煙(けむ)った。
草も馬の尾も、血のかからない物はなかった。
「それっ、今だ」
逃げる賊軍を追って、そのまま味方は青州の城下まで迫った。
青州の城兵は、
――援軍来る!
と知ると、城門をひらいて、討(う)って出た。なだれを打って、逃げて来た賊軍は、城下に火を放(はな)ち、自分の放(つ)けた炎を墓場として、ほとんど、自滅するかのような敗亡を遂(と)げてしまった。
青州の太守龔景(きょうけい)は、
「もし、卿等(けいら)の来援がなければ、この城は、すでに今日は賊徒の享楽(きょうらく)の宴会場になっていたであろう」
と、人々を重く賞して、三日三晩は、夜も日も、歓呼の楽器と万歳の声に盈(み)ちあふれていた。
鄒靖(すうせい)は、軍を収めて、
「もはや、お暇(いとま)せん」
と、幽州へ引き揚げて行ったが、その際、劉玄徳は、鄒靖に向かって、
「ずっと以前――私の少年の頃ですが、郷里の楼桑村に来て、暫(しばら)くかくれていた盧植(ろしょく)という人物がありました。私は、その盧植先生に就(つ)いて、初めて文を学び、兵法を説き教えられたのです。その後先生はどうしたかと、時折、思い出すのでしたが、近頃うわさに聞けば、盧植先生は官に仕えて、中郎将(ちゅうろうしょう)に任ぜられ、今では勅令(ちょくれい)をうけて、遠く広宗(こうそう)(山東省)の野(や)に戦っていると聞きます。――しかもそこの賊徒は、黄匪(こうひ)の首領張角将軍直属の正規兵だということですから、さだめし御苦戦と察しられるので、これから行って、師弟の旧恩、いささか御加勢してあげたいと思うのです」と、心のうちを洩(も)らした。
そして、自分はこれから、広宗の征野(せいや)へ、旧師の軍を援(たす)けに赴(おもむ)くから、幽州の城下へ帰ったら、どうか、その旨(むね)を、悪(あ)しからず太守へお伝えながいたいと、伝言を頼んだ。
元より義軍であるから、鄒靖も引き止めはしない。
「然(しか)らば、貴下の手勢のみ率(ひき)いて、兵糧(ひょうろう)その他の賄(まかない)心のままにし給(たま)え」
と、武人らしく、あっさり言って別れた。


[編集]

討匪将軍(とうひしょうぐん)の印綬(いんじゅ)を帯(お)びて、遠く洛陽(らくよう)の王府から、黄河口の広宗(こうそう)の野(や)に下(くだ)り、五万の官軍を率いて軍務に就いていた中郎将(ちゅうろうしょう)盧植(ろしょく)は、
「なに。劉備玄徳という者がわしを尋ねて来たと?……はてな、劉、玄徳、誰だろう」
頻(しき)りに首をひねっていたが、まだ思い出せない容子(ようす)だった。
戦地と言っても、さすが漢朝(かんちょう)の征旗(せいき)を奉じて来ている軍の本営だけに、将軍の室は、大きな寺院の中央を占め、境内(けいだい)から四門の外郭(がいかく)一帯にかけて、駐屯(ちゅうとん)している兵馬の勢威は物々(ものもの)しいものであった。
「はっ。――確かに、劉備玄徳と仰(お)っしゃって、将軍にお目にかかりたいと申して来ました」
外門から取り次いで来た一人の兵はそう言って、盧将軍の前に、直立の姿勢を取っていた。
「一人か」
「いいえ、五百人も連れてであります」
「五百人」
啞然(あぜん)とした顔つきで、
「じゃあ、その玄徳とやらは、そんなにも自分の手勢を連れて来たのか」
「左様(さよう)です。関羽、張飛、という二名の部将を従えて、お若いようですが、立派な人物です」
「はてなあ?」
「申し残しました。その仁(じん)は、涿県(たくけん)楼桑村(ろうそうそん)の者で、将軍がそこに隠遁(いんとん)されていた時代に、読書(よみかき)のお教えをうけた事があるとか言っておりました」
「ああ!では蓆売(むしろう)りの劉少年かもしれない。いや、そう言えば、あれから十年以上も経(た)っておるから、よい若人(わこうど)になっている年頃だろう」
盧植(ろしょく)は、にわかに、なつかしく思ったとみえ、すぐ通せと命令した。勿論(もちろん)、連れている兵は外門に駐(と)め、二人の部将は、内廊(ないろう)の廂(ひさし)まで入ることを許してである。
やがて玄徳は通った。
盧植は、一目見て、
「おお、やはりお前だったか。変わったのう」と、驚いた目をした。
「先生にも、その後は、赫々(かくかく)と洛陽(らくよう)に御武名の聞こえ高く、蔭(かげ)ながら欣(よろこ)んでおりました。
玄徳は、そう言って、盧植の沓(くつ)の前に退(さが)り、昔に変わらぬ師礼を執(と)った。
そして彼は、自分の素志を述べた上、願わくば、旧師の征軍に加わって、朝旗(ちょうき)の下に報国の働きを尽くしたいと言った。
「よく来てくれた。少年時代の小さな師恩を思い出して、わざわざ援軍に来てくれたとは、近頃うれしい事だ。その心持はすでに朝臣であり、国を愛する士の持つところのものだ。わが軍に参加して、大いに勲功をたててくれ」
玄徳は、参戦をゆるされて、約二ヵ月ほど、盧植の軍を援(たす)けていたが、実戦に当たってみると、賊のほうが、三倍も多い大軍を擁(よう)しているし、兵の強さも、比較にならないほど、賊のほうが優勢だった。
その為、官軍のほうが、かえって守勢になり、徒(いたず)らに、帯軍の月日ばかり長びいていたのだった。
「軍器は立派だし、服装も剣も華やかだが、洛陽の官軍は、どうも戦意がない。都に残している女房子供の事だの、美味(うま)い酒だの、そんな事ばかり思い出しているらしい」
張飛は、時々、そんな不平を鳴らして、
「長兄(ちょうけい)。こんな軍に交(ま)じっていると、われわれ迄(まで)が、だらけてしまう。去(さ)って、他に大丈夫(だいじょうぶ)の戦う意義のある戦場を見つけましょう」
と、玄徳へ言ったが、師を歓(よろこ)ばせておきながら、師へ酬(むく)いる事もなく去る法はないと言って、肯(き)かなかった。
そのうちに、盧植のほうから、折入って、軍機に亙(わた)る一つの相談がもちかけられた。


[編集]

盧植が言うには、
――そもそもこの地方は、険岨(けんそ)が多くて、守る賊軍に利があり、一気に破ろうとすれば、多大に味方を損じるので、心ならずも、こうして長期戦を張って、長陣をしている理(わけ)であるが、折入って、貴下(きか)に頼みたいというのは、賊の総大将張角(ちょうかく)の弟で張宝(ちょうほう)・張梁(ちょうりょう)のふたりは目下、潁川(えいせん)(安徽省(あんきしょう)・開封(かいふう)の西南)のほうで暴威を振るっている。
その方面へは、やはり洛陽の朝命(ちょうめい)をうけて、皇甫嵩(こうほすう)・朱儁(しゅしゅん)の二将軍が、官軍を率いて討伐に向かっている。
ここでも勝敗は決せず、官軍は苦戦しているが、わが広宗(こうそう)の地よりも、戦うに益が多い。ひとつ貴下の手勢をもって、急に援軍に赴(おもむ)いてもらえまいか。
賊の張梁・張宝の二軍が敗れたりと聞えれば、自然、広宗の賊軍も、戦意を喪失し、退路を断たれることを惧(おそ)れて、潰走(かいそう)し始めることと思う。
「玄徳殿。行ってはもらえまいか」
盧植の相談であった。
「承知しました」
玄徳は、元(もと)より義をもって、旧師を援(たす)けに来たので、その旧師の頼みを、すげなく拒(こば)む気にはなれなかった。
即刻、軍旅の支度をした。
手勢五百に、盧植から付けてくれた千余の兵を加え、総勢千五百ばかりで、潁川(えいせん)の地へ急いだ。
陣地へ着くと、さっそく官軍の将、朱儁(しゅしゅん)に会って、盧植の牒文(ちょうぶん)を示し、
「お手伝いに参った」とあいさつすると、
「ははあ。何処で雇われた雜軍だな」と、朱儁は、至極(しごく)冷淡な対応だった。
そして、玄徳へ、
「まあ、せいぜい働き給え。軍功さえ立てれば、正規の官軍にも編入されもするし、貴公等にも、戦後、何か地方の小吏ぐらいな役目は仰(おお)せつかるから」
などとも言った。
張飛は、
「ばかにしおる」
と怒ったが、玄徳や関羽でなだめて、前戦の陣地へ出た。
食糧でも、軍務でも、又応対でも、冷遇はするが、与えられた戦場は、最も強力な敵の正面で、官軍の兵が手をやいているところだ。
地勢を見るに、ここは広宗(こうそう)地方と違って、いちめんの原野と湖沼(こしょう)だった。
敵は、折からの、背丈(せたけ)の高い夏草や野黍(のきび)のあいだに、虫のようにかくれて、時々、猛烈な奇襲をして来た。
「さらば一策がある」
玄徳は、関羽と張飛に、自分の考えを告げてみた。
「名案です。長兄は、抑々(そもそも)、いつのまにそんなに、孫呉(そんご)の兵を会得(えとく)しておられたんですか」
と、二人とも感心した。
その晩。二更(にこう)の頃。
一部の兵力を、迂回(うかい)させて、敵のうしろに廻し、張飛、関羽等は、真っ暗な野を這(は)って、敵陣へ近づいた。
そして、用意の物に、一斉に火を点じると、
「わあっ」
と、鬨(とき)の声をあげて、炎の波のように、攻めこんだ。
かねて、兵一名に、十把(じっぱ)ずつの松明(たいまつ)を負(お)わせ、それに火をつけて、雪崩(なだ)れこんだのである。
寝ごみを衝(つ)かれ、不意を襲われて、右往左往、あわて廻る敵陣の中へ、投げ松明の光は、花火のように舞い飛んだ。
草は燃え、兵舎は焼け、逃げくずれる賊兵の軍衣にも、火がついていないのはなかった。
すると彼方(かなた)から、一彪(いっぴょう)の軍馬が、燃えさかる草の火を蹴(け)って進んで来た。見れば、全軍みな紅(くれない)の旗をさし、真っ先に立った一名の英雄も、兜(かぶと)、鎧(よろい)、剣(けん)、装(そう)、馬鞍(ばあん)、総(すべ)て火よりも赤い姿をしていた。


[編集]

「やよ、それに来(きた)る豪傑(ごうけつ)。貴軍抑(そも)、敵か味方か」
玄徳のそばから大音(だいおん)で、関羽が彼方へ向かって言った。
先でも、玄徳たちを、
「官軍か賊軍か?」と疑っていたように、ぴたと一軍の前進を停(と)めて、
「これは洛陽より南下した五千騎の官軍である。汝等(なんじら)こそ、黄匪に非(あら)ずや」
と呶鳴(どな)り返して来た。
聞くと、玄徳は左将軍関羽、右将軍張飛だけを両側に従えて、兵を後方に残したまま数百歩駒(こま)をすすめ、
「戦場とて、失礼をいたした。それがしは涿県(たくけん)楼桑村(ろうそうそん)の草莽(そうもう)より起(た)って、いささか奉公を志し、討賊の戦場に参加しておる義軍の将、劉備玄徳という者です。それにおいである豪傑は、そも何人(なんびと)なりや。願わくば御尊名をうかがいたい」
言うと、紅の旗、紅の鎧、紅の鞍に跨(また)がている人物は、玄徳の会釈(えしゃく)を、馬上でうけながら微笑をたたえ、
「御ていねいな挨拶(あいさつ)。それへ参って申さん」と、赤夜叉(あかやしゃ)の如く、総て赤く鎧(よろ)った旗本七騎につつまれて、玄徳の間近まで馬をすすめて来た。
近々と、その人物を見れば。
年はまだ若い。肉薄く色白く、細眼長髯(さいがんちょうぜん)、胆量(たんりょう)人にこえ、その眸(ひとみ)には、智謀(ちぼう)測り知れないものが見えた。
声静かに、名乗って言う。
「われは沛国(はいこく)譙郡(しょうぐん)(江蘇省(こうしょしょう)徐州(じょしゅう)の西南・沛県(はいけん))の生まれで、曹操(そうそう)字(あざな)は孟徳(もうとく)、小字(こあざな)は阿瞞(あまん)、また吉利(きつり)ともいう者です。すなわち漢の相国(しょうこく)曹参(そうさん)より二十四代の後胤(こういん)にして、大鴻臚(だいこうろ)曹嵩(そうすう)が嫡男(ちゃくなん)たり。洛陽にあっては、官騎都尉(かんきとい)に封(ほう)ぜられ、今、朝命によって、五千余騎にて馳(は)せ来(きた)り、幸いにも、貴軍の火攻の計に乗じて、逃ぐる敵を討ち、幸いにも、賊徒の首を討つことその数を知らないほどです。――ひとつお互いに両軍声をあわせて、天下の泰平(たいへい)を一日もはやく地上へ呼ぶため、凱歌(がいか)をあげましょう」
「結構です。では、曹操閣下が矛(ほこ)を揚(あ)げて、両軍へ発声の指揮をして下さい」
玄徳が謙遜(けんそん)していうと、
「いやそれは違う。こよいの勝軍(かちいくさ)はひとえに貴軍の謀略(ぼうりゃく)と働きにあるのですから、玄徳殿が音頭(おんど)をとるべきです」と、曹操も譲(ゆず)りあう。
「では、一緒に、指揮の矛を揚げましょう」
「なるほど。それならば」
と、曹操も従って、両将は両軍のあいだに轡(くつわ)をならべ、そして三度、鬨(とき)の声をあわせて野をゆるがした。
野火は燃えひろがるばかりで賊徒らの住む尺地(ちゃくち)も余さなかった。賊の大軍は、ほとんど、秋風に舞う木の葉のように四散した。
「愉快ですな」
曹操は顧(かえり)みて言った。
兵をまとめて、両軍引き揚げの先頭に立ちながら、玄徳は、彼と駒(こま)を並べ、彼と親しく話すかなりな時間を得た。
彼の最初の名乗りは、あながち鬼面(きめん)人を脅(おど)すものではなかった。玄徳は正直に、彼の人物に尊敬を払った。晋文匡扶(しんぶんきょうふ)の才(さい)なきを笑い、趙高(ちょうこう)王莽(おうもう)の計策(はかり)なきを嘲(あざけ)って時々、自らの才を誇る風(ふう)はあるが、兵法は呉子(ごし)孫子(そんし)をそらんじ、学識は孔孟(こうもう)の遠き弟子をもって任じ、話せば話すほど、深みもあり広さもある人物と思われた。
それにひきかえて、本軍の総大将朱儁(しゅしゅん)は、かえって玄徳の武功をよろこばないのみか、玄徳が戻ってくると、すぐこう命令した。
「せっかく、潁川(えいせん)にまとまっていた賊軍を四散させてしまったので、必ず彼等は、大興山(たいこうざん)の友軍や広宗(こうそう)の張角軍と合体して、盧植(ろしょく)将軍のほうを、今度はうんと悩ますに違いない。――貴公はすぐ広宗へ引っ返して、再び、盧植軍に加勢してやり給え。今夜だけ、馬を休めたら、すぐ発足(ほっそく)するがよかろう」