三国志 (吉川英治) 第一巻 桃園の巻/白芙蓉

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

白芙蓉(びゃくふよう)[編集]

[編集]

それは約五十名ほどの賊の小隊であった。中に驢(ろ)に乗っている二、三の賊将が鉄鞭(てつべん)を指(さ)して、何か言っていたように見えたが、やがて、馬元義(ばげんぎ)の姿を見かけたか、寺のほうへ向かって、一散(いっさん)に近づいて来た。
「やあ、李朱氾(りしゅはん)。遅かったじゃないか」
此方(こなた)の馬元義も、石段から伸び上がっていうと、
「おう大方(だいほう)、これにいたか」と、李(り)と呼ばれた男も、その他の仲間も、つづいて驢(ろ)の鞍(くら)から降(お)りながら、
「峠(とうげ)の孔子廟(こうしびょう)で待っているというから、あれへ行ったところ、姿が見えないので、俺(おれ)たちこそ、大まごつきだ。遅いどころじゃない」と、汗を拭(ふ)き拭き、かえって馬元義に向かって、不平を述べたが、同類の冗談半分とみえて、責(せ)められた馬(ば)の方も、げらげら笑うのみだった。
「ところで、先夜の収穫(みいり)はどうだな。洛陽船(らくようぶね)を的(あて)に、だいぶ諸方の商人(あきんど)が泊まっていた筈だが」
「たいして言う程の収穫もなかったが、一村焼き払っただけのものはあった。その財宝は皆、荷駄にして、例のとおりわれわれの営倉(えいそう)に送っておいたが」
「近頃は人民共も、金は埋(い)けて隠しておく方法を覚えたり、商人なども、隊伍(たいご)を組んで、俺たちが襲うまえに、巧(うま)く逃げ散ってしまうので、だんだん以前のように巧いわけにはいかなくなったなあ」
「ウム、そういえば、先夜も一人惜(お)しいやつを取り逃がしたよ」
「惜しい奴?――それは何か高価な財宝でも持っていたのか」
「なあに、砂金や宝石じゃないが、洛陽船から、茶を交易(こうえき)した男があるんだ。知ってのとおり、盟主(めいしゅ)張角様には、茶ときては、眼のない好物。これはぜひ掠(かす)め奪(と)って、大賢良師(だいけんりょうし)へ御献納もうそうと、そいつの泊まった旅籠(はたご)も目ぼしをつけておき、その近所から焼き払って踏み込んだところ、いつの間にか、逃(に)げ失(う)せてしまって、とうとう見つからない。――こいつあ近頃の失策だったよ」
賊の李朱氾(りしゅはん)は、劉備(りゅうび)のすぐぞばで、それを大声で話しているのだった。
劉備は、驚いた。
そして、思わず、懐中(ふところ)に秘(ひ)していた錫(すず)の小さい茶壺(ちゃつぼ)をそっと触(さわ)ってみた。
すると馬元義は、
「ふーむ」と、唸(うめ)きながら、改めて後ろにいる劉青年を振り向いてから、更に、李へ向かって、
「それは幾歳(いくつ)ぐらいな男か」
「そうさな。俺も見たわけではないが、嗅(か)ぎつけた部下のはなしに依(よ)ると、まだ若い見すぼらしい風態(ふうてい)の男だが、どこか凛然(りんぜん)としているから、油断のならない人間かもしれないといっていたが」
「じゃあ、この男ではないのか」
「馬元義は、すぐ傍(かたわ)らにいる劉備を指さして、言った。
「え?」
李は意外な顔をしたが、馬元義から仔細(しさい)を聞くと、にわかに怪しみ疑って、
「そいつかもしれない。――おういっ、丁峰(ていほう)、丁峰」
と、池畔(ちはん)に屯(たむろ)させてある部下の群(むれ)へ向かって呶鳴(どな)った。
手下の丁峰は、呼ばれて、屯(たむろ)の中から馳(か)けて来た。李は、黄河(こうが)で茶を交易した若者は、この男ではないかと、劉の顔を指さして、質問した。
丁は、劉青年を見ると、惑(まど)うこともなくすぐ答えた。
「あ。この男です。この若い男に違いありません」
「よし」
李は、そう言って、丁峰を退(しりぞ)けると、馬元義と共に、いきなり劉備の両手を左右から捻(ね)じあげた。

[編集]

「こら。貴様は茶を秘(かく)しているというじゃないか。その茶壺をこれへ出してしまえ」
馬元義も責め、李朱氾(りしゅはん)も共に、劉備のきき腕を、捻(ね)じ抑(おさ)えながら脅(おど)した。
「出さぬと、ぶった斬(ぎ)るぞ。今もいったとおり、張角良師の御好物だが、良師の御威勢でさえ、滅多(めった)に手にはいらぬ程の物だ。貴様のような下民(げみん)などが、茶を持ったところで、何となるものか。われわれの手を経て、良師に献納してしまえ」
劉備は、言(い)い遁(のが)れの利(き)かないことを、はやくも観念した。しかし、故郷(くに)の母が、いかにそれを楽しみに待っているかを思うと、自分の生命(いのち)を求められたより辛(つ)らかった。
(何とか、ここを遁れる工夫はないものか)
となお、未練をもって、両手の痛みをこらえていると、李朱氾の靴(くつ)は、気早に劉備の腰を蹴(け)とばして、「唖(おし)が、つんぼか、汝(おの)れは」と罵(のの)しった。
そして、蹌(よろ)めく劉備の襟(えり)がみを、摑(つか)みもどして、
「あれに、血に飢(う)えている五十の部下が此方(こっち)を見て、餌(え)を欲しがっているのが、眼に見えないか。返辞をしろ」と、居猛高(いたけだか)に言った。
劉備は二人の土足の前へ、そうしてひれ伏(ふ)したまま、まだ、母の歓(よろこ)びを売って、この場を助かる気持になれないでいたが、ふと、眼を上げると、寺門の陰に佇(たた)ずんで、此方(こなた)を覗(のぞ)いていた最前の老僧が、
(物など惜(お)しむことはない。求める物は、何でも与えてしまえ、与えてしまえ)
と、手真似(てまね)をもって、しきりと彼の善処(ぜんしょ)を促(うなが)している。
劉備もすぐ、(そうだ。この身体(からだ)を傷つけたら、母にも大不幸となる)と思って、心をきめたが、それでもまだ懐中(ふところ)の茶壺(ちゃつぼ)は出さなかった。腰に佩(は)いている剣の帯革を解(と)いて、
「これこそは、父の遺物(かたみ)ですから、自分の生命(いのち)の次の物ですが、これを献上します。ですから、茶だけは見のがして下さい」と哀願した。
すると、馬元義は、
「おう、その剣は、俺がさっきから眼をつけていたのだ。貰(もら)っておいてやると奪(と)り上げて「茶のことは、俺は知らん」と、空嘯(うそぶ)いた。
李朱氾は、前にも増して怒り出して、一方へ剣を渡して、俺になぜ茶壺を渡さないかと責めた。
劉備は、やむなく、肌(はだ)深(ぶか)く持っていた錫(すず)の小壺(こつぼ)まで出してしまった。李は宝珠(ほうじゅ)を獲(え)たように、両掌(りょうて)を捧(ささ)げて、
「これだ、これだ。洛陽(らくよう)の銘葉(めいよう)に違いない。さだめし良師がお欣(よろこ)びになるだろう」と、言った。
賊の小隊はすぐ先へ出発する予定らしかったが、ひとりの物見(ものみ)が来て、ここから十里ほど先の河べりに、県の吏軍(りぐん)が約五百ほど野陣を張り、われわれを捜索しているらしいという報告をもたらした。で、にわかに、「では、今夜はここへ泊まれ」となって、約五十の黄巾賊は、そのまま寺を宿舎にして、携帯の糧嚢(りょうのう)を解(と)きはじめた。
夕方の炊事の混雑を窺(うかが)って、劉備(りゅうび)は今こそ逃げるによい機(しお)と、薄暮の門を、そっと外へ踏み出しかけた。
「おい。何処(どこ)へ行く」
賊の哨兵(しょうへい)は、見つけるとたちまち、大勢して彼を包囲し、奥にいる馬元義(ばげんぎ)と李朱氾(りしゅはん)へすぐ知らせた。

[編集]

劉備は縛(いまし)められて、斎堂(さいどう)の丸柱にくくり付けられた。
そこは床に瓦(かわら)を敷き詰め、太い丸柱と、小さい窓しかない石室(いしむろ)だった。
「やい劉。貴様(きさま)は、俺の眼を掠(かす)めて、逃げようとしたそうだな。察するところ、てめえは官(かん)の密偵(みってい)だろう。いいや違いねえ。きっと県軍のまわし者だ。――今夜、十里程先まで、県軍が来て野陣を張っているそうだから、それへ連絡を取る為(ため)に、脱(ぬ)け出(だ)そうとしたのだろう」
馬元義と李朱氾は、かわるがわるに来て、彼を拷問(ごうもん)した。
「――道理で、貴様の面(つら)がまえは、凡者(ただもの)でないはずだ。県軍のまわし者でなければ、洛陽(らくよう)の直属の隠密(おんみつ)か。いずれにしても、官人だろう汝(てめえ)は。――さ、泥(どろ)を吐(は)け。言わねば、痛い思いをするだけだぞ」
しまいには、馬と李と、二人がかりで、劉を蹴って罵(のの)しった。
劉は一口も物を言わなかった。こうなったからには、天命にまかせようと観念しているふうだった。
「これは一筋縄(ひとすじなわ)では口をあかんぞ」
李は、持(も)て余(あま)し気味に、馬へ向かってこう提議した。
「いずれ明日の早暁(そうぎょう)、俺はここを出発して、張角良師の総督府(そうとくふ)へ参り、例の茶壺を献上かたがた良師の御機嫌伺(ごきげんうかが)いに出るつもりだが、その折、こいつも引っ立てて行って、大方軍(だいほうぐん)本部の軍法会議にさし廻してみたらどうだろう。思いがけない拾い物になるかもしれぬぜ」
よかろうと、馬も同意だ。
斎堂の扉(と)は、固く閉(し)められてしまった。夜が更(ふ)けると、ただ一つの高い窓から、今夜も銀河の秀天が冴(さ)えて見える。けれど到底(とうてい)、そこから遁(のが)れ出(で)る工夫はない。
どこかで、馬の嘶(いなな)きがする。官の県軍が攻めて来たのならよいが――と劉備は、望みをつないだが、それは物見(ものみ)から帰って来た二、三の賊兵らしく、後は寂(せき)として、物音もなかった。
「母へ孝養を努めようとして、かえって大不幸の子となってしまった。死ぬる身は惜(おしくもないが、老母の余生を悲しませ、不幸の屍(むくろ)を野に曝(さら)すのは悲しいことだ」
劉備は星を仰(あお)いで嘆(なげ)いた。そして、孝行するにも、身に不相応な望みを持ったのが悪かったと悔(く)いた。
賊府に曳(ひ)かれて、人中で生恥(いきはじ)曝(さら)して殺されるよりは、いっそ、ここで、一思(ひとおも)いに死なん乎(か)――と考えた。
死ぬにも、身に剣はなかった。柱に頭を打ちつけて憤死する乎(か)。舌を嚙(か)んで星夜を睨(ね)めつけながら呪死(じゅし)せん乎(か)。
劉備は、悶々(もんもん)と、迷った。
――すると彼の眸(ひとみ)の前に一筋の縄が下がって来た。それは神の意志によって下がって来るように、高い切り窓の口から石の壁に伝わってスルスルと垂(た)れて来たのである。
「・・・・・・あ?」
人影もなにも見えない、ただ四角な星空があるだけだった。
劉備は身を起こしかけた。しかしすぐ無益であることを知った。身は縛(いまし)めにかかっている、この縄目の解(と)けない以上、救い手がそこまで来ていても、縋(すが)りつく術(すべ)はない。
「・・・・・・ああ、誰(だれ)だろう?」
誰か、窓の下へ、救いに来ている。外で自分を待っていてくれる者がある。劉備は、なおさらもがいた。
と、――彼の行動が遅いので、早くしろと促(うなが)すように、外の者は焦(じ)れているのであろう。高窓から垂(た)れている縄が左右に動いた。そして縄の端に結(ゆわ)いつけてあった短剣が、白い魚のように、コトコトと瓦(かわら)の床を打って躍(おど)った。

[編集]

足の先で短剣を寄せた。そして漸(ようや)く、それを手にして、自身の縄目を断(た)ち切(き)ると、劉備は窓の下に立った。
(早く。早く)と言わんばかりに、無言の縄は外から意志を伝えて、揺れうごいている。
劉備は、それに摑(つか)まった。石壁に足をかけて、窓から外を見た。
「・・・・・・オオ」
外に佇(たたず)んでいたのは、昼間、ただ独(ひと)りで曲彔(きょくろく)に腰かけていたあの老僧だ。骨と皮ばかりのような彼の細い影であった。
「――今だよ」
その細い手がさしまねく。
劉備はすぐ地上へ跳び降りた。待っていた老僧は、彼の身を抱えるようにして、物も言わず馳(か)け出した。
寺の裏に、疎林(そりん)があった。樹(こ)の間(ま)の細道さえ、銀河の秋は仄(ほの)明(あか)るい。
「老僧、老僧。いったいどっちへ逃げるんですか」
「まだ逃げるのじゃない」
「では、どうするんです」
「あの塔(とう)まで行ってもらうのじゃよ」
走りながら、老僧は指さした。見るとなるほど、疎林の奥に、疎林の梢(こずえ)よりも、高く聳(そび)えている古い塔がある。老僧は、慌(あわ)ただしく古塔の扉(と)をひらいて中へ隠れた。そしてあんなに急いだのに、なかなか出て来なかった。
「どうしたのだろう?」
劉備は気を揉(も)んでいる。そして賊兵が追って来はしまいかと、彼方(あっち)此方(こっち)を見まわしているとやがて、
「青年、青年」
小声で呼びながら、塔の中から老僧が何か曳(ひ)きながら出て来た。
「おや?」
劉備は眼をみはった。老僧が引っ張っているのは駒(こま)の手綱(たづな)だった。銀毛のような美しい白馬が曳かれ出したのである。
いや、いや、白馬の毛並(けなみ)の見事さや、背の鞍(くら)の華麗などはまだ言うも愚(おろ)かであった。その駒に続いて、後から歩みも嫋(なおや)かに、世間の風にも怖(おそ)れるもののように、楚々(そそ)と姿を現わした美人がある。眉(まゆ)の麗(うるわ)しさ、耳の白さ、又、眼に含む愁(うれ)いの悩ましいばかりなど、思いがけぬ場合ではあり、星夜の光に見るせいか、この世の人とも思えぬのであった。
「青年。わしがお前を助けてあげた事を、恩としてくれるなら、逃げるついでに、この阿嬢さまを連れて、ここから十里ほど北へ向かった所の河べりに陣している県軍の隊まで、届けてあげてくれるか。わずか十里じゃ、この白馬に鞭(むち)打(う)てば――」
老僧のことばに、劉備は否(いな)やもなく、はいと答えるべきであるが、その任務よりも、届ける人のあまりに美し過ぎるので、なんとなく躊躇(ためら)われた。
老僧は、彼のためらいを、どう解釈したか、
「そうだ、氏素性(うじすじょう)も知れぬ婦人をと、疑ぐっておるのじゃろうが、心配するな。このお方は、つい先頃まで、この地方の県城を預(あず)かっておられた領主の阿嬢(おじょう)さまじゃ。黄巾賊の乱入に遭(あ)って、県城は焼かれ、御領主は殺され、家来は四散し、ここらの寺院さえ、あのとおりになり果てたが、その乱軍の中から迷うてござった阿嬢さまを、実はわしが、ここの塔へそっと匿(かくも)うて――」
と、老僧の眼がふつ、古塔の頂(いただ)きを見上げた時、疎林(そりん)を渡る秋風の外(ほか)に、にわかに、人の跫音(あしおと)や馬の嘶(いなな)きが聞こえ出した。

[編集]

劉備が、目をくばると、
「いや、動かぬがよい。暫(しばら)くは、かえってここに、凝(じっ)としていたほうが・・・・・・」
と、老僧が彼の袖(そで)を捉(とら)え、そんな危急の中になお、語りつづけた。
県の城長の娘は、名を芙蓉(ふよう)といい姓は鴻(こう)ということ。又、今夜近くの河畔に来て宿陣している県軍は、きっと先に四散した城長の家臣が、残兵を集めて、黄巾賊へ報復を計(はか)っているに違いないということ。
だから、芙蓉の身を、そこまで届けてくれさえすれば、後は以前の家来達が守護してくれる――白馬の背へ二人して騎(の)って、抜け道から一気に逃げのびて行くように――と、禱(いの)るように言うのだった。
「承知しました」
劉備は、勇気を示して答えた。
「けれど和上(わじょう)、あなたはどうしますか」
「わしかの」
「そうです。私たちを逃がしたと賊に知れたら、和上の身は、ただでは済(す)まないでしょう」
「案じる事はない。生きていたとて、この先幾年(いくとし)生きていられよう。ましてこの十数日は、草の根や虫などを食うて、露命をつないでいた儚(はかな)い身じゃ、それも鴻家(こうけ)の阿嬢(おむすめ)を助けてあげたい一心だけで生きていたが――今は、その事も、頼む者に頼み果てたし、貴郎(あなた)という者をこの世に見出したので、思い残りは少しもない」
老僧はそう言い終わると、風の如(ごと)く、塔の中へ影をかくした。
あれよと、芙蓉は、老僧を慕(した)って追(お)い縋(すが)ったが、途端に、塔の口元の扉(とびら)は内から閉じられていた。
「和上さま。和上さま!」
芙蓉は慈父を失ったように、扉をたたいて泣いていたが、その時、高い塔の頂(いただ)きで、再び老僧の声がした。
「青年。わしの指を御覧(ごらん)。わしの指さす方を御覧。――ここの疎林から西北だよ。北斗星(ほくとせい)が燦(かがや)いておる。それを的(あて)にどこまでも逃げてゆくがよい。南も東も蓮池(はすいけ)の畔(ほとり)も、寺の近くにも、賊兵の影が道を塞(ふさ)いでいる。逃げる道は、北西しかない。それも今のうちじゃ。早く白馬に鞭(むち)打(う)たんか」
「はいっ」
答えながら仰(あお)ぐと、老僧の影は、塔上の石欄(せきらん)に立って、一方を指さしているのだった。
「佳人(かじん)。はやくお騎(の)りなさい。泣いているところではない」
劉備は、彼女の細腰(さいよう)を抱き上げて、白馬の鞍(くら)にすがらせた。
芙蓉の体はいと軽かった。柔軟で高貴な薫(かお)りがあった。そして彼女の手は、劉備の肩に纏(まと)い、劉の頰(ほお)は、彼女の黒髪に触れた。
劉備も木石(ぼくせき)ではない。かつて知らない動悸(ときめき)に、血が熱くなった。けれどそれは、地上から鞍の上まで、彼女の身を移すわずかな間でしかなかった。
「御免(ごめん)」と言いながら、劉備も騎(の)って一つ鞍へ跨(また)がった。そして片手に彼女を支え、片手に白馬の手綱(たづな)を把(にぎ)って、老僧の指さした方角へ馬首向けた。
塔上の老僧は、それを見下ろすと、我事了(わがことおわ)れり――と思ったか、突然、歓喜の声をあげて、
「見よ、見よ。凶雲(きょううん)没(ぼっ)して、明星(みょうじょう)出(い)づ、白馬(はくば)翔(か)けて、黄塵(こうじん)滅(めっ)す。――ここ数年を出(い)でないうちじゃろう。青年よ、はや行け。おさらば」
言い終わると、自(みずか)ら舌を嚙(か)んで、塔上の石欄から百尺下の大地へ、身を躍(おど)らして、五体の骨を自分で砕(くだ)いてしまった。