三国志 (吉川英治) 第一巻 桃園の巻/橋畔風談

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

橋畔(きょうはん)風談(ふうだん)[編集]

[編集]

蟠桃河(ばんとうが)の水は紅(あか)くなった。両岸の桃園(とうえん)は紅霞(こうか)を曳(ひ)き、夜は眉(まゆ)のような月が香(にお)った。
けれど、その水にも、詩を詠(よ)む人を乗せた一艘(いっそう)の舟もないし、杖(つえ)をひいて逍遥(しょうよう)する雅人(がじん)の影もなかった。
「おっ母(か)さん、行ってきますよ」
「ああ、行っておいで」
「なにか城内から美味(おいし)い物でも買って来ましょうかね」
劉備は、家を出た。
沓(くつ)や蓆(むしろ)をだいぶ納(おさ)めてある城内の問屋に行って、価(あたい)を取って来る日だった。
午(ひる)から出ても、用達(ようたし)をすまして陽(ひ)のあるうちに、楽に帰れる道程(みちのり)なので、劉備は驢(ろ)にも騎(の)らなかった。
いつか羊仙(ようせん)の置いて行った山羊(やぎ)がよく馴(な)れて、劉備の後に尾(つ)いて来るのを、母が後ろで呼び返していた。
城内は、埃(ほこり)ッぽい。
雨が久しくなかったので、沓(くつ)の裏がぽくぽくする。劉備は問屋から銭(ぜに)を受け取って、脂光(あぶらびか)りしている市(いち)の軒並(のきなみ)を見て歩いた。
蓮根(れんこん)の菓子があった。劉備はそれを少し買い求めた。――けれど少し歩いてから、
「蓮根は、母の持病に悪いのじゃないか」と、取り換えに戻ろうかと迷っていた。
がやがやと沢山な人が辻(つじ)に集まっている。いつもそこでは、野鴨(のがも)の丸揚(まるあげ)や餅(へい)を売っている場所なので、その混雑かと思うていたが、ふと見ると、大勢の頭の上に、高々と、立札が見えている。
「何だろ?」
彼も、好奇に駆(か)られて、人々のあいだから高札(こうさつ)を仰(あお)いだ。
見ると――
遍(あまねく)天下に義勇の士を募(つの)る
という布告の分であった。
黄巾の匪、諸州に蜂起(ほうき)してより、年々の害、鬼
畜の毒、惨(さん)として蒼生(そうせい)に青田なし。
今にして、鬼賊(きぞく)を誅(ちゅう)せずんば、天下知るべきの
み。
太守(たいしゅ)劉焉(りゅうえん)、遂(つい)に、子民(しみん)の泣哭(きゅうこく)に奮(ふる)って討伐(とうばつ)の天(てん)
鼓(こ)を鳴らさんとす。故(ゆえ)に、隠れたる草盧(そうろ)の君子(くんし)、
野(や)に潜(ひそ)む義人(ぎじん)、旗下(きか)に参ぜよ。
欣然(きんぜん)、各子の武勇に依(よ)って、府に迎えん。
涿郡(たくぐん)校尉(こうい)鄒靖(すうせい)
「なんだね、これは」
「兵隊を募(つの)っているのさ」
「ああ兵隊か」
「どうだ、志願して行って、一働(ひとはたら)きしては」
「おれなどはだめだ。武勇も何も無い。ほかの能(のう)も無いし」
「誰だって、そう能のある者ばかり集まるものか。こう書かなくては、勇ましくないからだよ」
「なるほど」
「憎(にく)い黄匪(こうひ)を討つんだ。槍(やり)の持ち方がわからないうちは、馬の飼糧(かいば)を刈っても軍(いくさ)の手伝いになる。おれは行く」
ひとりが呟(つぶや)いて去ると、その呟きに決心を固めたように、二人去り、三人去り、皆、城門の役所の方へ力ある足で急いで行った。
「・・・・・・・・・・・・」
劉備は、時勢の跫音(あしおと)を聞いた。民心の赴(おもむ)く潮(うしお)を見た。
――が、蓮根(れんこん)の菓子を手に持ったまま、いつまでも、考えていた。誰も居(い)なくなるまで、高札(こうさつ)と睨(にら)み合(あ)って考えていた。
「・・・・・・ああ」
気がついて、間(ま)がわるそうに、そこから離れかけた。すると、誰か、楊柳(ようりゅう)のうしろから、
「若人(わこうど)。待ち給(たま)え」
と、呼んだ者があった。

[編集]

さっきから楊柳の下に腰かけて、路傍(みちばた)の酒売りを相手に、声高(こわだか)に話していた男のあった事は、劉備も知っていた。
自分の容子(ようす)を、横目ででも見ていたのだろうか、二、三歩、高札から足を退(しりぞ)けると、
「貴公(きこう)、それを読んだか」
片手に、酒杯(さかずき)を持ち、片手に剣の把(つか)を握って不意に起(た)って来たのである。
楊柳の幹より大きな肩幅を、後ろ向きに見ていただけであったが、立ち上がったのを見ると、実に見上げるばかりの偉丈夫(いじょうぶ)であった。突然、山が立ったように見えた。
「・・・・・・私ですか」
劉備は更に改めて、その人を見直した。
「うむ、貴公より他に、もう誰も居ないじゃないか」
黒漆(こくしつ)の髯(ひげ)の中で、牡丹(ぼたん)のような口を開いて笑った。
声も年頃も、劉備と幾つも違うまいと思われたが、偉丈夫は、髪から腮(あご)まで、隙間(すきま)もないように艶々(つやつや)しい髯を蓄(たくわ)えていた。
「――読みました」
劉備の答えは寡言(かごん)だった。
「どう読んだな、貴公は」と、彼の問いは深刻で、その眼は、烱々(けいけい)として鋭い。
「さあ?」
「まだ考えておるのか。あんなに長い間、高札と睨み合っていながら」
「ここで語るのを好みません」
「おもしろい」
偉丈夫は、酒売りへ、銭と酒杯を渡して、ずかずかと、劉備のそばへ寄って来た。そして劉備の口真似をしながら、
「ここで語るのを好みません・・・・・・いや愉快(ゆかい)だ。その言葉に、おれは真実を聴く。さ、何処(どこ)かへ行こう」
劉備は困ったが、「とにかく歩きましょう。ここは人目の多い市(いち)ですから」
「よし歩こう」
偉丈夫は、闊歩(かっぽ)した。劉備は並行してゆくのに骨が折れた。
「あの虹橋(こうきょう)の辺はどうだ」
「よいでしょう」
偉丈夫の指さすところは町端(まちはず)れの楊柳の多い池のほとりだった。虹(にじ)を架(か)けたような石橋がある。そこから先は廃苑(はいえん)であった。何とかという学者が行けを坑(ほ)って、聖賢(せいけん)の学校を建てたが、時勢は聖賢の道と逆行するばかりで、真面目(まじめ)に通って来る生徒はなかった。
学者は、それでも根気よく、石橋に立って道を説いたが、市の住民や童(わらべ)は、(気狂いだ)と、耳も貸さない。それのみか、小賢(こざか)しい奴(やつ)だと、石を投げる者もあったりした。
学者は、いつのまにか、ほんとの狂人になってしまったとみえ、遂(つい)には、あらゆる事を絶叫して、学苑(がくえん)の中をさまよっていたが、そのうちに蓮池(はすいけ)の中に、あわれ死体となって浮かび上がった。
そういう遺蹟(いせき)であった。
「ここはいい。掛け給(たま)え」
偉丈夫は、虹橋の石欄(せきらん)へ腰をかけ、劉備にもすすめた。
劉備は、ここまで来る間に、偉丈夫の人物をほぼ観(み)ていた。そして、(この人物は偽物(ぎぶつ)でない)と思ったので、ここに来た時は、彼もかなりな落ち着きと本気を示していた。
「時に、失礼ですが、尊名(そんめい)から先に承(うけたまわ)りたいものです。私はここから程遠くない楼桑村(ろうそうそん)の住人で、劉備玄徳という者ですが」
すると偉丈夫は、いきなり劉備の肩を打って、
「好漢(こうかん)。それはもう聞いておるじゃないか。此方(このほう)の名だって、よく御承知のはずだが」と言った。

[編集]

「えっ?・・・・・・私を以前から御存じの方ですって」
「お忘れかな。ははは」
偉丈夫は、肩をゆすぶって、腮(あご)の黒い髯(ひげ)をしごいた。
「――無理もない。頰(ほほ)の刀傷で、容貌(ようぼう)も少し変わった。それにここ三、四年はつぶさに浪人の辛酸(しんさん)を舐(な)めたからなあ。貴公(きこう)とお目にかかった頃には、まだこの黒髯(こくぜん)も蓄(たくわ)えてなかった時じゃ」
そう言われても、劉備はまだ思い出せなかったが、ふと、偉丈夫の腰に佩(は)いている剣を見て、思わずあっと口をすべらせた。
「おお、恩人!思い出しました。貴郎(あなた)は数年前、私が黄河(こうが)から涿県(たくけん)のほうへ帰ってくる途中、黄匪(こうひ)に囲まれて既(すで)に危(あや)うかったところを助けてくれた鴻家(こうけ)の浪士、張飛(ちょうひ)翼徳(よくとく)と仰(お)っしゃったお方ではありませんか」
「そうだ」
張飛はいきなり腕をのばして、劉備の手を握(にぎ)りしめた。その手は鉄(くろがね)のようで、劉備の掌(て)を握ってなお、五指が余っていた。
「よく覚えていて下された。いかにもその折の張飛でござる。かくの如(ごと)く、髯を蓄え、容貌を変えているのも、以来、志(こころざし)を得ずに、世の裏に潜(ひそ)んでおるが為(ため)です。――で実は、貴公にわかるかどうか試してみたわけで、最前からの無礼はどうかゆるされい」
偉丈夫に似あわず、礼には篤(あつ)かった。
すると劉備は、より以上、慇懃(いんぎん)に言った。
「豪傑(ごうけつ)。失礼はむしろ私のほうこそ咎(とが)めらるべきです。恩人の貴郎(あなた)を見忘れるなどという事は、たとえ如何(いか)に当時とお変わりになっているにせよ、相済まないことです。どうか、劉備の罪はおゆるし下さい」
「やあ、御鄭重(ごていちょう)で恐れいる。ではまあ、お互いとしておこう」
「時に、豪傑。あなたは今、この県城の市(まち)に住んでおるのですか」
「いや、話せば長い事になるが、いつかも打ち明け申したとおり、どうかして黄巾賊に奪われた主家の県城を取り返さんものと、民間に隠れ、幾度も幾度も事を謀(はか)ったが、黄匪の勢力は旺(さかん)になるばかりで、近頃はもう矢も尽(つ)き刀も折れたという恰好(かっこう)です。・・・・・・で先頃から、この涿県に流れ来て、山野の猪(いのこ)を狩って、肉を屠(ほふ)り、それを市(いち)にひさいで露命をつないでおるような状態です。おわらい下さい。ここのところ、張飛も尾羽打(おはう)ち枯(か)らした態(てい)たらくなので」
「そうですか。少しも知りませんでした。そんな事なら、なぜ楼桑村の私の家を訪ねてくれなかったのですか」
「いや、いつかは一度、お目にかかりに参(まい)る心ではいたが、その折には、ぜひ尊公(そんこう)に、うんと承知して貰(もら)いたい事があるので――その準備がまだ此方(こっち)でできていないからだ」
「この劉備に、お頼みとは、いったい何事ですか」
「劉君」
張飛は、鏡のような眼をした。らんらんとそのなかに胸中の炬火(きょか)が燃えているのを劉備は認めた。
「尊公は今日、市で県城の布令(ふれ)を読まれたであろう」
「うむ。あの高札ですか」
「あれを見て、どう思われましたか。黄匪討伐(とうばつ)の兵を募(つの)るという文を見て――」
「べつに、どうと言って、なんの感じもありません」
「無いっ」
張飛は、斬(き)り込(こ)むような語気で言った。明らかに、激怒の血を、顔にうごかしてである。
けれど劉備は、
「はい。何も思いません。なぜなら、私には、ひとりの母がありますから。――従って、兵隊に出ようとは思いませんから」
水のように冷静に言った。

[編集]

秋かぜが橋の下を吹く。
虹橋(こうきょう)の下には、枯蓮(かれはす)の葉がからから鳴っていた。
びらっと、色羽の征矢(そや)が飛んだと見えたのは、水を離れた翡翠(かわせみ)だった。
「嘘(うそ)だっ」
張飛は、静かな話相手へ、いきなり呶鳴(どな)って、腰かけていた橋の石欄(せきらん)から突っ立った。
「劉君。貴公は、本心を人に秘(かく)して、この張飛へも、深くつつんでおられるな。いや、そうだ。張飛を御信用なさらぬのだ」
「本心?・・・・・・私の本心は今言ったとおりです。何を、貴郎(あなた)につつむものか」
「然(しか)らば貴公は、今の天下を眺(なが)めて、なんの感じも抱(いだ)かれないのか」
「黄匪の害は見ていますが、小さい貧屋(ひんおく)に、ひとりの母さえ養いかねている身には」
「人は知らず、張飛にそんなことを仰(お)っしゃっても、張飛は貴郎を、ただの土民と見ることはできぬ。打ち明けて下さい。張飛も武士です。他言は断じて致さぬ漢(おとこ)です」
「困りましたな」
「どうしても」
「お答えしようがありません」
「噫(ああ)――」
憮然(ぶぜん)として、張飛は黒漆(こくしつ)の髯を秋かぜに吹かせていたが、何か、思い出したように、突然、佩(は)いていた剣鞘(けんしょう)を解(と)いて、
「お覚えがあるでしょう」と鞘(さや)を握って、劉備の面(おもて)へ、横ざまに突きつけて言った。
「これはいつか、貴公から礼にと手前(てまえ)へ賜(たま)わった剣です。又、私から所望した剣であった。――だが不肖(ふしょう)は、いつか尊公に再び巡り会ったら、この品は、お手許(てもと)に返そうと思っていた。なぜなら、これは張飛の如き匹夫(ひっぷ)が持つ剣ではないからだ」
「・・・・・・・・・・・・」
「血しぶく戦場で、――又、戦(いくさ)に敗れて落ち行く草枕(くさまくら)の寝覚(ねざ)めに――幾たびとなく拙者(せっしゃ)はこの剣を抜き払ってみた。そして、そのたびに、拙者は剣の声を聞いた」
「・・・・・・・・・・・・」
「劉君、其許(そこもと)は聞いた事があるか、この剣の声を!」
「・・・・・・・・・・・・」
「一揮(いっき)して、風を断(た)てば、剣は啾々(しゅうしゅう)と泣くのだ。星衝(つ)いて、剣把(けんぱ)から鋩子(ぼうし)まで俯仰(ふぎょう)すれば、朧夜(おぼろよ)の雲とまがう光の斑(ふ)は、みな剣の涙として拙者には見える」
「・・・・・・・・・・・・」
「いや、剣は、剣を持つ者へ訴えて言うのだ。いつまで、わが身を、為(な)すなく室中に閉じこめて置くぞと。――劉備どの、嘘(うそ)と思わば、その耳に、剣の声を聞かそうか、剣の涙を見せようか」
「・・・・・・あっ」
劉備も思わず石欄(せきらん)から腰を立てた。――止める間はなかった。張飛は、剣を払(はら)って、ぴゅっと秋風を、斬(き)った。正(まさ)しく、剣の声が走った。しかもその声は、劉備の腸(はらわた)を断つばかり胸を搏(う)った。
「君聞(き)かず哉(や)!」
張飛は、言いながらも、又も一振り二振りと、虚空(こくう)に剣光(けんこう)を描(えが)いて、
「何の声か。抑(そも)」と、叫んだ。
そしてなおも、答えのない劉備を見ると、もどかしく思ったのか、橋の石欄へ片足を踏みかけて、枯蓮(かれはす)の池を望みながら独(ひと)り言った。
「可惜(あたら)、治国愛民の宝剣も、いかにせん持つ人も無き末世(まっせ)であってはぜひもない。霊あらば剣も恕(じょ)せ。猪肉(いのこ)売りの浪人の腰にあるよりは、むしろ池中に葬(ほうむ)って――」
あなや、剣は、虹橋(こうきょう)の下へ投げ捨てられようとした。劉備は驚いて、走り寄るなり彼の腕を支え、
「豪傑、待ち給え」と、叫んだ。

[編集]

張飛は元(もと)よりせっかくの名剣を泥池(でいち)に捨ててしまうのは本意ではないから、止められたのを幸いに、
「何か?」と、わざと身を退(ひ)いて、劉備の言(げん)を待つもののように見まもった。
「まず、お待ちなさい」
劉備は言葉しずかに、張飛の悲壮な顔いろを宥(なだ)めて、
「真の勇者は慷慨(こうがい)せずといいます。又、大事は蟻(あり)の穴より漏(も)るという喩(たとえ)もある。ゆるゆる談(はな)すとしましょう。しかし、足下(そっか)が偽物(ぎぶつ)でないことはよく認めました。大丈夫(だいじょうぶ)の心事を一時(いっとき)でも疑った罪はゆるして下さい」
「おっ。・・・・・・では」
「風にも耳、水にも眼、大事は路傍(ろぼう)では語れません。けれど自分は何をつつもう、漢(かん)の中山(ちゅうざん)靖王(せいおう)劉勝(りゅうしょう)の後胤(こういん)で、景帝(けいてい)の玄孫(げんそん)にあたるものです。・・・・・・なにをか好んで、沓(くつ)を作り蓆(むしろ)を織って、黄荒(こうこう)の末季(まっき)を心なしに見ておりましょうや」よ、声は小さく語韻(ごいん)はささやく如(ごと)くであったが、凛(りん)たるものを裡(うち)に潜(ひそ)めて言い、そして莞爾(にこ)と笑ってみせた。
「豪傑。これ以上、もう多言を吐(は)く必要はないでしょう。折を見て又会いましょう。きょうは市(いち)へ来た出先で、遅くなると母も案じますから――」
張飛は獅子首(ししくび)を突き出して、嚙(か)みついきそうな眼をしたまま、いつまでも無言だった。これは感極(きわ)まった時にやる彼の癖(くせ)なのである。それからやがて唸(うな)るような息を吐(は)いて、大きな胸を反(そ)らしたと思うと、
「そうだったのか!やはりこの張飛の眼には誤りはなかった!いやいつか古塔の上から跳び降りて死んだ彼(か)の老僧の言った事が、今思いあたる。・・・・・・ウウム、貴郎(あなた)は景帝の裔孫(えいそん)だったのか、治乱興亡(ちらんこうぼう)の長い星霜(せいそう)のあいだに、名門名族は泡沫(うたかた)のように消えてゆくが、血は一滴でも残されればどこかに伝わってゆく、ああ有難い。生きていたかいがあった。今月今日、張飛は会うべきお人に会った」
独(ひと)りしてそう呻(うめ)いていたかと思うと、彼はにわかに、石橋の石の上にひざまずき、剣を奉じて、劉備へ言った。
「謹(つつ)しんで、剣は尊手(そんしゅ)へお回(かえ)しします。これは元々、やつがれなどの身に佩(は)くものではない。――が、但(ただ)しです。貴郎は、この剣を受け取らるるや否や。この剣を佩くからには、この剣と共にある使命もあわせて佩かねばならぬが」
劉備は、手を伸ばした。
何か、厳(おごそか)な姿だった。
「享(う)けましょう」
剣は、彼の手に回(かえ)った。
張飛は、いく度(たび)も、拝姿(はいし)の礼を、繰り返して、
「では、そのうちに、きっと楼桑村(ろうそうそん)へ、お訪ねして参るぞ」
「おお、いつでも」
劉備は、今まで佩(は)いていた剣と佩き代えて、前の物は、張飛へ戻した。それは張飛に救われた数年前に取り換えた物だったからである。
「日が暮れかけて来ましたな。じゃあ、いずれ又」
夕闇(ゆうやみ)の中を、劉備先に、足を早めて別れ去った。風にふかれて行く水色の服は汚れていたが、剣は眼に見える黄昏(たそがれ)の万象(ばんしょう)の中で、なによりも異彩を放(はな)って見えた。
「体に持っている気品というものは争えぬものだ。どこか貴公子の風(ふう)がある」
張飛は見送りながら、独り虹橋(こうきょう)の上に立ち暮れていたが、やがてわれに回(かえ)った顔をして、
「そうだ、雲長(うんちょう)にも聞かせて、早く歓(よろこ)ばしてやろう」と、何処(いずこ)ともなく馳(は)せ出(だ)したが、劉備とちがってこれは又、一陣の風が黒い物となって飛んで行くようだった。