三国志 (吉川英治) 第一巻 桃園の巻/三花一瓶

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

三花一瓶(さんかいっぺい)[編集]

[編集]

母と子は、仕事の庭に、きょうも他念なく、蓆機(むしろばた)に向かって、蓆を織っていた。
がたん……
ことん
かたん
水車の回(まわ)るような単調な音が繰り返されていた。
だが、その音にも、きょうはなんとなく活気があり、歓喜(かんき)の譜(ふ)があった。
黙々(もくもく)、仕事に精(せい)出してはいるが、母の胸にも、劉備(りゅうび)の心にも、今日此頃(このごろ)の大地のように、希望の芽が正々せいせい)と息づいていた。
ゆうべ。
劉備は、城内の市(いち)から帰って来ると、まっ先に、二つの吉事(きちじ)を告げた。
一人の良き友に出会った事と、かねて手放した家宝の剣が、計らず再び、自分の手に帰って来た事と、ふぉう二つの歓(よろこ)びを告げると彼の母は、
「一陽来復(いちようらいふく)。おまえにも次節が来たらしいね。劉備や……心の仕度もよいかえ」
と、かえって静かに声を低め、劉備の覚悟を糺(ただ)すように言った。
次節。――そうだ。
長い長い冬を経て、桃園の花も漸(ようや)く蕾(つぼみ)を破っている。土からも草の芽、木々の枝からも緑の芽、生命(いのち)のあるもので、萌(も)え出(で)ない物はなに一つ無い。
がたん……
ことん……
蓆機は単調な音をくりかえしているが、劉備の胸は単調でない。こんな春らしい春を覚えた事はない。
――我(われ)は青年なり。
空へ向かって言いたいような気持である。いやいや、老いたる母の肩にさえ、どこからか舞って来た桃花(とうか)の一片(ひとひら)が、紅(あか)く点じているのではないか。
すると、どこかで、歌う者があった。十二、三歳の処女の声だった。
妾(ショウ)ガ髪(カミ)初(ハジ)メテ額(ヒタイ)ヲ覆(オオ)ウ
花(ハナ)ヲ折(オ)ッテ門前(モンゼン)ニ戯(タワム)レ
郎(ロウ)ハ竹馬(チクバ)ニ騎(キ)シテ来(キタ)リ
床(ショウ)ヲ繞(メグ)ッテ青梅(セイバイ)ヲ弄(ロウ)ス
劉備は、耳を澄(す)ました。
少女の美音は、近づいて来た。
……十四君(キミ)ノ婦(フ)ト為(ナ)ッテ
羞顔(ショウガン)未(イマ)ダ嘗(カツ)テ開(ヒラ)カズ
十五初(ハジ)メテ眉(マユ)を展(ノ)ベ
願(ネガ)ワクバ塵(チリ)ト灰(ハイ)トヲ共(トモ)ニセン
常(ツネ)ニ抱柱(ホウチュウ)ノ信(シン)ヲ存(ソン)シ
豈(アニ)上(ノボ)ランヤ望夫台(ボウフダイ)
十六君(キミ)遠(トオ)クヘ行(ユ)ク
近所に住む少女であった。早熟な彼女はまだ青い棗(なつめ)みたいに小粒であったが、劉備の家のすぐ墻隣(かきどなり)の息子に恋しているらしく、星の晩だの、人気(ひとけ)のない折の真昼など窺(うかが)っては、墻の外へ来て、よく歌をうたっていた。
「………」
劉備は、木蓮(もくれん)の花に黄金(きん)の耳環(みみわ)を通したような、少女の貌(かお)を眼に描いて、隣の息子を、なんとなく羨(うらや)ましく思った。
そしてふと、自分の心の底からも一人の麗人(れいじん)を思い出していた。それは、三年前の旅行中、古塔の下であの折に老僧にひき合わされた鴻家(こうけ)の息女、鴻芙蓉(こうふよう)のその後の消息であった。
――どうしたろう。あれから先。
張飛に訊(き)けば、知っている筈(はず)である。こんど張飛に会ったら――など独(ひと)り考えていた。
すると、墻の外で、頻(しき)りに歌をうたっていた少女が、犬にでも嚙(か)まれたのか、突然、きゃっと悲鳴をあげて、そこかへ逃げて行った。

[編集]

少女は犬に咬(か)まれたわけではなかった。
自分のうしろに、この辺で見た事もない、剣を佩(は)いた巨(おお)きな髯漢(ひげおとこ)が、いつのまにか来ていて、
「おい、小娘、劉備の家はどこだな」と、訊(たず)ねたのだった。
けれど、少女は振り向いてその漢(おとこ)を仰(あお)ぐと、姿を見ただけで、胆(きも)をつぶし、きゃっと言って、逃げ走ってしまったのであった。
「あははは。わははは」
髯漢は、小娘の驚きを、滑稽(こっけい)に感じたのか、独りして笑っていた。
その笑い声が止(や)むと一緒に、後ろの墻(かき)の内でも、はたと、蓆機(むしろばた)の音が止んでいた。
墻といっても匪賊(ひぞく)に備えるため此辺(このへん)では、総(すべ)てと言ってよい程、土民の家でも、土の塀(へい)か、石で組み上げた物でできていたが、劉家だけは、泰平(たいへい)の頃に建てた旧家の慣(なら)わしで、高い樹木と灌木(かんぼく)に、細竹を渡して結(ゆわ)ってある生垣(いけがき)だった。
だから、背(せ)の高い張飛(ちょうひ)は、首から上が、生垣の上に出ていた。劉備の庭からもそれが見えた。
「おう」
「やあ」
と、十年の知己(ちき)のように呼び合った。
「なんだ、此処(ここ)か」
張飛は、外から木戸口を見つけて這入(はい)って来た。ずしずしと地が鳴った。劉家が初まって以来、こんな大きな跫音(あしおと)が、この家(や)の庭を踏んだのは初めてだろう。
「きのうは失礼しました。君に会った事や、剣の事を、母に話したところ、母もゆうべは歓(よろこ)んで、夜もすがら希望に耽(ふけ)って、語り明かしたくらいです」
「あ。こちらが貴公(きこう)の母者人(ははじゃひと)か」
「そうです。――母上、このお方です。きのうお目にかかった翼徳(よくとく)張飛(ちょうひ)という豪傑(ごうけつ)は」
「オオ」
劉備の母は、機(はた)の前からすっと立って張飛の礼を享(う)けた。どういうものか、張飛は、その母公(ぼこう)の姿から、劉備以上、気高い威圧をうけた。
又、実際、劉備の母には自(おのず)から備わっている名門の気品があったのであろう。世の常甘い母親のように、息子の友達だからといって、やたらに小腰を屈(かが)めたりチヤホヤはしなかった。
「劉備からおはなしは聞きました。失礼ですが、お見うけ申すからに頼もしい偉丈夫(いじょうぶ)。どうか、柔弱なわたくしの一子を、これからも叱咤(しった)して下さい。おたがいに鞭撻(べんたつ)し合って、大事を為(な)しとげて下さい」と、言った。
「はっ」
張飛は、自然どうしても、頭を下げずにはいられなかった。長上(ちょうじょう)に対する礼儀のみからではなかった。
「母公。安心して下さい。きっと男児の素志(そし)をつらぬいて見せます。――けれどここに、遺憾(いかん)な事が一つ起こりました。で、実は御子息に相談に来たわけですが」
「では、男同士のはなし、わたくしは部屋へ行っていましょう。悠(ゆる)りとお話しなさい」
母は、奥へかくれた。
張飛は、その後の床几(しょうぎ)へ腰かけて、実は――と、自分の盟友、いや義兄とも仰(あお)いでいる、雲長(うんちょう)の事を話し出した。
雲長も、自分が見込んだ漢(おとこ)で、何事も打ち明け合っている仲なので、早速、ゆうべ訪れて、仔細(しさい)を話したところ、意外にも、彼は少しも歓(よろこ)んでくれない。
のみならず、景帝(けいてい)の裔孫(えいそん)などとは、むしろ怪しむべき者だ。そんな路傍(ろぼう)のまやかし者と、大事を語るなどは、もってのほかであると叱(しか)られた。
「残念でたまらない。雲長めは、そう言って疑うのだ。……御足労だが、貴公(きこう)、これから拙者(せっしゃ)と共に、彼の住居まで行ってくれまいか。貴公という人間を見せたら、彼も恐らくこの張飛の言(げん)を信じるだろうと思うから――」

[編集]

張飛は、疑いが嫌いだ。疑われる事はなお嫌いだ。雲長が、自分の言を信じてくれないのが、心外でならないのである。
だから劉備を連れて行って、その人物を実際に示してやろう――こう考えたのも張飛らしい考えであった。
しかし、劉備は「……さあ?」と、言って、考えこんだ。
信じない者へ、強(し)いて、自己を押しつけて、信じろというのも、好ましくないとする風(ふう)だった。
すると、廊(ろう)の方から、
「劉備。行ってお出(い)でなさい」
彼の母が言った。
母も、やはり心配になるとみえて、彼方(かなた)で張飛のはなしを聞いていたものと見える。
もっとも、張飛の声は、この家の中なら、どこに居ても聞こえるほど大きかった。
「やあ。お許し下さるか。母公のおゆるしが出たからには、劉君、何もためらう事はあるまい」
促(うなが)すと、母も共に、「時機というものは、その時をのがしたら、又いつ巡(めぐ)って来るか知れないものです。――何やら、今はその天機が巡って来ているような気がするのです。些細(ささい)な気持などに囚(とら)われずに、お誘いをうけたものなら、張飛どのにまかせて、行って御覧(ごらん)なさい」
劉備は、母のことばに、
「では、参(まい)ろう」と、決心の腰を上げた。
二人は並んで、廊の方へ、
「では行って来ます」
礼をして、墻(かき)の外へ出て行った。
すると、道の彼方から、約百人ほどの軍隊が、まっしぐらに馳(か)けて来た。騎馬もあり徒歩の兵もあった。埃(ほこり)の中に、青龍刀(せいりゅうとう)の白い光がつつまれて見えた。
「あ……、又来た」
張飛のつぶやきに、劉備は怪訝(いぶか)って、
「なんです、あれは」
「城内の兵だろう」
「関門の兵らしいですね。何事があったのでしょう」
「多分、この張飛を、召(め)し捕(と)らえに来たのかもしれん」
「え?」
劉備は、驚きを喫(きっ)して、
「では、此方(こっち)へ対(むか)って来る軍隊ですか」
「そうだ。もう疑いない。劉君、あれをちょっと片づける間、貴公はどこかに休んで見物していてくれないか」
「弱りましたな」
「なに、大した事はない」
「でも、州郡の兵隊を殺戮(さつりく)したら、とてもこの土地には居(お)られませんぞ」
言っている間に、もう百余名の州郡の兵は、張飛と劉備を包囲してわいわい騒ぎ出した。
だが、容易には手を下(くだ)しては来なかった。張飛の武力を二度まで知っているからであろう。けれど二人は一歩もあるく事はできなかった。
「邪魔すると、蹴殺(けころ)すぞ」
張飛は、一方へこう呶鳴(どな)って歩きかけた。わっと兵は退(ひ)いたが、背後から矢や鉄槍(てっそう)が飛んで来た。
「面倒っ」
又しても、張飛は持ち前の短気を出して、すぐ剣の柄(つか)へ手をかけた。
――すると、彼方(かなた)から一頭の逞(たくま)しい鹿毛(かげ)を飛ばして、
「待てっ、待てえ」
と呼ばわりながら馳けて来る者があった。州郡の兵も、張飛も、何気なく眼をそれへ馳(は)せて振り向くと、胸まである黒髯(こくぜん)を春風に弄(なぶ)らせ腰に偃月刀(えんげつとう)の佩環(はいかん)を戛々(かつかつ)とひびかせながら、手には緋総(ひぶさ)のついた鯨鞭(げいべん)を持った大丈夫(だいじょうぶ)が、その鞭(むち)を上げつつ近づいて来るのであった。

[編集]

それは雲長(うんちょう)であった。
童学草舎(どうがくそうしゃ)の村夫子(そんぷうし)も、武装すれば、こんなに威風堂々と見えるものかと、眼をみはらせるばかりな雲長の風貌(ふうぼう)であった。
「待て諸君」
乗りつけてきた鹿毛の鞍(くら)から跳び降りると、雲長は、兵の中に割って入り、そこに囲まれている張飛と劉備を後ろにして、大手を拡(ひろ)げながら言った。
「貴公等は、関門を守備する領主の兵と見うけるが、五十や百の小人数をもって、いったいなにをなさろうとするのか。――この漢(おとこ)を召し捕ろうとするならば」と、背後にいる張飛へ、顎(あご)を振り向けて、
「まず五百か千の人数を揃(そろ)えて来て、半分以上の屍(しかばね)をつくる覚悟でなければ縛(から)め捕(と)ることはできまい。諸君は、この翼徳張飛(よくとくちょうひ)という人間が、どんな力量の漢(おとこ)か知るまいが、かつて、幽州(ゆうしゅう)の鴻家(こうけ)に仕(つか)えていた頃、重さ九十斤(きん)、長さ一丈八尺の蛇矛(じゃぼこ)を揮(ふる)って、黄巾賊(こうきんぞく)の大軍中へ馳けこみ、屍山血河(しざんけつが)を作って、半日の合戦に八百八屍将軍と綽名(あだな)して、黄匪(こうひ)を戦慄(せんりつ)させたという勇名のある漢だ。――それを、素手(すで)にもひとしい小人数で、縛め捕ろうなどは、檻(おり)へ入って、虎と組むようなもの、各々(おのおの)が皆、死にたいという願いで、この漢へ関(かま)うなら知らぬこと、命知らずな真似はやめたらどうだ。生命(いのち)の欲しい者は足元の明るいうちに帰れ。ここは、かく言う雲長にまかせてひとまず引き揚げろ」
雲長は、実に雄弁だった。一息にここまで演説して、まったく相手の気を呑(の)んでしまい、更に語をついで言った。
「――こう言ったら諸公は、わしを何者ぞと疑い、又、巧(たく)みに張飛を逃がすのではないかと、疑心を抱くであろうが、左(さ)に非(あら)ず、不肖(ふしょう)はかりそめにも、童学草舎を営(いとな)み子弟の薫陶(くんとう)を任とし、常に聖賢(せいけん)の道を本義とし、国主を尊び、法令を遵守(じゅんしゅ)すべきことを、身にも守り、子弟に教えている雲長関羽(うんちょうかんう)という者である。そして、これにおる翼徳張飛(よくとくちょうひ)は、何をかくそう自身の義弟にあたる人間でもある。――だが、昨夜から今朝にかけて、張飛が官の吏兵を殺害し、関門を破り、酒の上で暴行したことを聞き及んで、宥(ゆる)し難(がた)く思い、この上多くの犠牲(いけにえ)を出さんよりは、義兄たるわが手に召(め)し捕(と)りくれんものと、かくは身固め致して、官へ願い出(い)で、宙を馳(は)せてこれへ駆けつけて来たわけでござる――。張飛はこの雲長が召し捕って、後刻、太守(たいしゅ)の県城へまで送り届けん。諸公は、ここの事実を見とどけて、その由(よし)、先へ御報告置きをねがう」
雲長は、沓(くつ)を回(めぐ)らして、きっと張飛の方へ今度は向き直った。
そして、大喝(だいかつ)一声、
「この不届(ふとど)き者(もの)っ」
と、鯨(くじら)の鞭(むち)で、張飛の肩を打ちすえた。
張飛は、むかっとしたような眼をしたが、雲長は更に、
「縛(ばく)につけ」と、跳びかかって、張飛の両手を後ろへまわした。
張飛は、雲長の心を疑いかけたが、より以上、雲長の人物を信じる心のほうが強かった。
で――何か考えがある事だろうと、神妙に縄を受けて、大地へ坐(すわ)ってしまった。
「見たか、諸公」
雲長は再び、呆(あ)っ気(け)にとられている捕吏や兵の顔を見まわして、
「張飛は、後刻、それがしが県城へ直接参(まい)って渡すから、諸公は先へここを引き揚げられい。それともなお、この雲長を怪しみ、それがしの言葉を疑うならば、ぜひもない、縄を解(と)いて、この猛虎を、諸公の中へ放(はな)つが、どうだ」
言うと、捕吏も兵も、逃げ足早く、物も言わず皆、退却してしまった。

[編集]

誰も居なくなると、雲長はすぐ張飛の縄を解いて、
「よく俺を信じて、神妙にしていてくれた。事なく助ける策謀(さくぼう)の為(ため)とはいえ、貴様に手をかけた罪はゆるしてくれ」
詫(わ)びると、張飛も、
「それどころではない。又無益(むえき)の殺生(せっしょう)を重ねるところを、尊兄のお蔭(かげ)で助かった」と、今朝のむかっ腹もわすれて、いつになく、素直に謝った。そして、
「――だが雲長。その身装(みなり)はいったい、どうした事か。俺を助けに来るためにしては、あまりに物々しい装いではないか」
怪しんで問うと、
「張飛。なにをとぼけた事を言う。それでは昨夜、あんなに熱をこめて、時節到来だ、良き盟友を獲(え)た、いざ、かねての約束を、実行にかかろうと言ったのは、嘘(うそ)だったのか」
「嘘ではないが、大体、尊兄が不賛成だったろう。俺の言う事何ひとつ、信じてくれなかったじゃないか」
「それは、あの場の事だ。召使いもいる、女共もいる。貴様のはなしは、秘密秘密と言いながら、あの大声だ。洩(も)れてはならない――そう考えたから一応冷淡に聞いていたのだ」
「なんだ、それなら、尊兄もわしの言葉を信じ、かねての計画へ乗り出す肚(はら)を固めてくれたのか」
「おぬしの言葉よりも、実は、相手が楼桑村(ろうそうそん)の劉備どのと聞いたので、即座に心はきめていたのだ。かねがね、わしの村まで孝子という噂(うわさ)の聞こえている劉備どの、それに他(よそ)ながら、御素性や平常の事なども、ひそかに調べていたので」
「人が悪いな。どうも尊兄は、智謀(ちぼう)を弄(ろう)するので、交際(つきあ)いにくいよ」
「ははは。貴様から交際(つきあ)い難(にく)いと言われようとは思わなかった。人を殺し、酒屋を飲(の)み仆(たお)し、その尻尾(しっぽ)は童学草舎へ持って行けなどと言う乱暴者から、そう言われては堪(たま)らない」
「もう行ったか」
「酒屋の勘定(かんじょう)ぐらいならよいが、官の捕手(とりて)を殺したのは、雲長の義弟だとわかったひには、童学草舎へも子供を通わせる親はあるまい。いずれ官からこの雲長へも、厳(やかま)しく出頭を命じて来るにきまっている」
「なるほど」
「他人事(ひとごと)のように聞くな」
「いや、済まん」
「しかし、これはむしろ、よい機(しお)だ。天意の命じるものである。こう考えたから、今朝、召使いや女共へ、みな暇(ひま)を出した上、通学して来る子供たちの親も呼んで、都合に依(よ)って学舎を閉鎖すると言い渡し、心置きなく、身一つになって、斯(か)くは貴様の後を追って来たわけだ。――さ、これから改めて、劉備どのの家へお目にかかりに行こう」
「いや。劉備どのなら、そこに居(い)る」
「え?……」
雲長は、張飛の指さす所へ、眼を振り向けた。
劉備は最前から少し離れた所に立っていた。そして、張飛と雲長との二人の仲の睦(むつ)まじさと、その信義に篤(あつ)い様子を見て、感にたえている面持(おももち)だった。
「あなたが劉備様ですか」
雲長は近づいて行くと、彼の足下(そっか)へ最初から膝(ひざ)を折って、
「初めてお目にかかります。自分は河東(かとう)解良(かいりょう)(山西省(さんせいしょう)・解県(かいけん))の産で、関羽(かんう)字(あざな)は雲長(うんちょう)と申し、長らく江湖(こうこ)を流寓(りゅうぐう)の末、四、五年前よりこの斤に村に住んで、村夫子(そんぷうし)となって草裡(そうり)に空(むな)しく月日を送っていた者です。かねて密(ひそ)かに心にありましたが、計らずも今日、拝姿(はいし)の栄(えい)に会い、こんな歓(よろこ)ばしい事はありません。どうかお見知りおき下さい」
と、最高な礼儀を執(と)って、慇懃(いんぎん)に言った。

[編集]

劉備はあえて卑下(ひげ)しなかったが、べつに尊大に構えもしなかった。雲長関羽の礼に対して、当り前に礼を返しながら、
「御丁寧(ごていねい)に。……どうも申し遅れました。私は、楼桑村(ろうそうそん)に永らく住む百姓の劉玄徳(りゅうげんとく)という者ですが、かねて、蟠桃河(ばんとうが)の上流(かみ)に、醇風良俗(じゅんぷうりょうぞく)の桃源(とうげん)があると聞きました。おそらく先生の高風(こうふう)に化されたものでありましょう。何を言うにも、ここは路傍(ろぼう)ですから、すぐそこの茅屋(あばらや)までお越しください」
と、誘(いざな)えば、
「おお、お供(とも)しよう」
関羽も歩み、張飛も肩を並べ、共にそこから程近い劉備の家まで行った。
劉備の母は、又新しい客が殖(ふ)えたので、不審(ふしん)がったが、張飛から紹介されて、関羽の人物を見、欣(よろこ)びを現わして、
「どうぞ、茅屋(あばらや)へ」と心から歓待した。
その晩は、母も交(ま)じって、夜更(よふ)けまで語った。劉備の母は、劉家の古い歴史を、覚えている限り話した。
生れてからまだ劉備さえ聞いていない話もあった。
(いよいよ漢室のながれを汲(く)んだ景帝(けいてい)の裔孫(えいそん)にちがいない)
張飛も、関羽も、今は少しの疑いも抱かなかった。
同時に、この人こそ、義挙(ぎきょ)の盟主(めいしゅ)になすべきであると肚(はら)にきめていた。
しかし、劉玄徳の母親思いの事は知っているので、この母親が、
(そんな危ない企(たくら)みに息子を加える事はできない)
と、断わられたらそれまでになる。関羽は、それを考えて、ぼつぼつと母の胸をたずねてみた。
すると劉備の母は、皆まで聞かないうちに言った。
「ねえ劉や、今夜はもう遅いから、おまえも寝(やす)み、お客様にも臥床(ふしど)を作っておあげなさい。――そして明日はいずれ又、お三名して将来の相談もあろうし、大事の門出(かどで)でもありますし、母が一生一度の馳走(ちそう)を拵(こしら)えてあげますからね」
それを聞いて、関羽は、この母親の胸を問うなど愚(ぐ)である事を知った。張飛も共に、頭を下げて、
「ありがとうござる」と、心服した。
劉備は、
「では、お言葉に甘えて、明日はおっ母(か)さんに、一世一代の祝いを奢(おご)っていただきましょう。けれどその御馳走は、吾々(われわれ)ばかりでなく、祭壇(さいだん)を設(もう)けて、先祖にも上げていただきたいものです」
「では、ちょうど今は、桃園(とうえん)の花が真盛りだから、桃園の中に蓆(むしろ)を敷こうかね」
張飛は手を打って、
「それはいい。では吾々も、あしたは朝から桃園を浄(きよ)め、せめて祭壇を作る手助(てつだい)でもしよう」
と、言った。
客の二人に床(しょう)を与えて、眠りをすすめ、劉備と母のふたりは、暗い厨(くりや)の片隅で、藁(わら)を被(かぶ)って寝た。劉備が眼をさましてみると、母はもう居なかった。夜は明けていたのである。どこかで頻(しき)りに、山羊(やぎ)の啼(な)く声がしていた。
厨の窯(かまど)の下には、どかどかと薪(まき)が燻(く)べられていた。こんな景気よく窯に薪の焚(た)かれた例(ためし)は、劉備が少年の頃から覚えのない事であった。春は桃園ばかりでなく、貧しい劉家の台所に訪れて来たように思われた。