一月一日

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

「祝日大祭日歌詞並楽譜」(1893年)[編集]

一月一日 千家尊福作歌
真行作曲
第一章

年(とし)のはじめの 例(ためし)とて。
終(をは)りなき世(よ)の めでたさを。
松竹(まつたけ)たてゝ 門(かど)ごとに。
いはふ今日(けふ)こそ たのしけれ。

第二章

初日(はつひ)のひかり あきらけく。
治(をさ)まる御代(みよ)の 今朝(けさ)のそら。
君(きみ)がみかげに 比(たぐ)へつゝ。
仰(あふ)ぎ見(み)るこそ たふとけれ。


『高等科音楽 一 男子用』(1944年)[編集]

一月一日
第一章

年のはじめの ためしとて、
終なき世の めでたさを、
松竹たてて、 かどごとに
いはふ今日こそ たのしけれ。

第二章

初日のひかり さしいでて、
よもに輝く 今朝のそら、
君がみかげに たぐへつつ
仰ぎ見るこそ たふとけれ。


『小学唱歌 壱』(1892年)[編集]

一月一日 作曲 小山作之助
作歌 稲垣千
一、 年(とし)たつけふの大空(おほぞら)にひかりかゞやく日(ひ)のみかげ
あふがぬ民(たみ)はなかりけりわが君(きみ)ちよに萬世(よろづよ)に
二、 とし立(た)つ今日(けふ)のいへごとにいはひたてたる日(ひ)のとはた
なびかぬ國(くに)はなかりけり我國(わがくに)千世(ちよ)によろづよに
三、 年(とし)たつけふのよろこびにつどふまなびのいへのうち
われらはともに祝(いは)ふなりわが師(し)は千世(ちよ)に萬世(よろづよ)に
四、 とし立(た)つ今日(けふ)のよろこびに集(つど)ふ學(まな)びのいへのうち
我等(われら)はともにいはふなりわが友(とも)ちよによろづよに

  • 底本: 『小学唱歌 壱』初版
  • 振り仮名は括弧を用いて表記した。また、変体仮名は現在用いられる仮名に改めた。

関連項目[編集]