レールの下の生活

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

Wikisource:文学 < 『死刑宣告

本文[編集]

レールの下の生活
萩原恭次郎

京橋あたりのレールの下に
生活があつて家屋を立てゝゐると云ふのか!
たんぽゝは咲かないよ!
腕と眼のない顔と毛髪と腹部とが
コンクリートにまぜられては床をつくつてゆく
アスフアルトの街道!ゴム輪の自動車と人間が散らばつてゐる!
車輪の流産とポールの合図!
足でさへも胴のあたりから何時のまにかもぎられ
歩つてゐるまゝで埋められるか知れたものぢやない!

解題[編集]

作者:萩原恭次郎

底本:萩原恭次郎『死刑宣告』日本図書センター〈愛蔵版詩集シリーズ〉(2004年3月25日初版第1刷発行) ISBN 978-4-8205-9599-1

表記について:旧仮名遣いは初版本(1925年10月18日発行、長隆舎書店)のまま、漢字は常用漢字に改めてある。