ヨーロッパの人権と基本的自由の保護のための条約

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

目次

自由の基本的な人権保護のための会議合意条約それは修正訂正された議定書。No._11[編集]

 ローマにて、1950年11(XI)月4日。

 その修正条項-議定書No._3(ETS No.45)のために準備された会議の本文である。それは1970年9月21日のために力付け始められた、議定書、No._5(ETS No. 55)のために1971年12月20日のために力付け始められ、それと議定書 No._2(ETS No. 118)のために始められ力づけられ、1990年1月1日と本文-議定書 No._2 (ETS No. 44)を包含し、それは一致調和して、第5章、節、3。それで、全体数それぞれの部分会合を以って、1970年、9月21日のために力付けられ、始められたものである。すべて準備された、そして修正された、または付け加えられたそれらの、議定されたそして元に戻すことによって、、議定書 No._11(ETS No. 155)1998年11月1日からに日付の始まる、議定書No._9(ETS No. 140)にからの日付から、1994年10月1日にから始まった、法律を廃棄する、議定書 No._10 (ETS No. 146)は目的を失った。

______________________________

調印加盟国内閣議の、ここから、ヨーロッパ評議会メンバーに宛てる。
人権全世界的宣言を考えつつ、国際連合12月10日に普通会議によって、布告する。
ヨーロッパ評議会に、自由の基本的な人権を認識実現するために目ざし、追跡することによって、方法の一つとしてメンバーたちの間にある、達成した、偉大な統一体を目指して考えつつ。
心から再び主張するこれらの信条は、基礎的自由の中にあって、それは世界の基本的正義と平和の最も善いその政治的民主主義と他の共通の認識とかれらに拠る、人類の権利の遵守に拠る、
分析すると、ヨーロッパ各国の政府は伝統の政治的遺産を共通にそのようなものを持っている、理想的な、自由と法による統治、全世界的宣言に正義の国の確かな実施の集合に初めの一歩をとった。
次のもの等について合意に至ったものである。

第1条--人権を尊ぶ義務1[編集]

最高契約党は誰もが彼らの権利と自由の司法を守るため、会議で第1節をはっきりさせた。

第1節--権利と自由1[編集]

…………………

第9条--思想、良心及び宗教上の自由1[編集]

1. 誰もが自由に思想し、自覚し、そして宗教を持つ権利がある。この権利は、自由の内に彼の宗教を変え、または信条につきそして、自由の内に二つのうちのどちらも、一人の乃至(ないし)、公けの乃至、私的な組織にはいる自由を含む。宗教の公約または、信条の中の崇拝教え、行動そして視聴することは自由である。
2. 一人の宗教の公約または、信条はそのような模倣の規定する法によって、または必要な民主的組織の安全のための公けの関心は、健康又は道徳又は、保護される権利や自由な他のものによるものは、公けの命令によって保護される。

第10条--表現の自由1[編集]

………………

第11条--集会、結社の自由1[編集]

1. 誰でも、集会結社の自由の内にその他もする権利がある。彼の関心によって連合し、取引を合わせて形作る権利がある。 
2. それらの行うことと場所とを限定されない権利があり、またそれらを規定する法律によって、それらの国家の公けの安全に於けるものの関心の中の民主的組織の必要も法によって規定される。

………………  

第14条--差別の禁止1[編集]

楽しみを享受することに関し第四会合で、すこしも性別、人種、色、言語、宗教、政治的あるいはほかの意見で、国あるいは、社会的出自について、国の少数者で、財産、生まれおよび他に像によって、識別される以外保障される

第18条--権利の制限の限界1[編集]

第10条、11条の、政治と行動については、最高会議は何も妨げないと見做す。

第2節--ヨーロッパ人権裁判所2[編集]

第19条--法廷の確立されていることに関して[編集]

安全にする、視聴について会議の中の最高契約党の下にある従事する条約懸案については、人々の権利を設立されたヨーロッパ人権裁判所によって、それは恒久的基礎によって機能し、「裁判法廷」によって照合せられる。

第20条--判事の数[編集]

法廷は最高契約党と数は同等となる。

第21条--官庁における規準[編集]

1. 判事たちは高い道徳の個人で、高い司法上の官庁の約束ために、求められる審理委員会の所有するいずれかの、または能力があると法律顧問官は見分けられねばならない。
2. 法廷に坐る判事は、個人的な範疇でなければならない。
3. 官庁の判事の期間は間中、彼らの独立していると両立しない、少しの活動的を引き入れる、公平や、官庁の全時間の要求する、法廷によって決定する行間の適用からすべての質問が現れる。

第22条--判事の選挙[編集]

1. 判事は、最高契約党により、リストから三候補者を投票によって選び、大ぜいによって、最高契約の党からそれぞれ、誉ある者を議会の集会によって選ぶことをする。
2. 同じ手順で、新しい契約の党から全体の法廷は、場合の後について行く者を就任させ、そして臨時の充填を満たす。

第23条--官庁の任期[編集]

第24条--解任退去[編集]

もし彼の官庁で何もどの判事も、彼の他の決定による判決も、三分の二以上の大多数による決定や、必要な状態の場合を満たしているのでなければ、解任退去されない。

第25条--登録官と法的秘書官[編集]

法廷は登録官を有し、法廷から下りた規定を機能とを組織し、法廷の法律上の秘書官でもって助ける。

第26条--総会の裁判法廷[編集]

総会の小法廷について:

1. 長官と二人の補助長官は3年を区切りに再び公選される;
2. 設立された法廷は、時期を定められて構成される;
3. 議会の法廷の選ばれた長官は彼らも再び選ばれる;
4. 小法廷の規則および採択は、
5. 選ばれた長記録人(一人)および代理次記録人(複数)によって構成される。

第27条--委員会、小会議および大会議[編集]

1. 小法廷の前に、審議される問題が在る時は、同法廷は3人の判事によって委員を置き、小会議は7人の判事および大会議は17人の判事で審議される。小法廷の小会議は時期によって委員を定め置かれられる。
2. 当事国の関係する事務所の座るメンバーは、小会議および、大会議では判決は、関係ある国の党の名誉において選ばれた判事か、もし置くことのできる者が誰もいなければ、判決の容量の限界の中に選ばれた者は、置かれることができる。
3. 大会議の審議官は、小法廷の長官、助長官、小会議の長官を含む、および、小法廷規則によって一致の内に、ほかの判決をする。その時、参照される場合は、大会議の下では、第43条。大法廷において尽力の内に座り裁判されるものは小会議にはない。小会議によって除外された長官は、それは国の党の関係ある名誉あるものによることに拠り裁判所に置かれる。

第28条--委員会による承認受理できない宣言[編集]

委員会は、満場一致で採決を行い、その申請者の受理は宣言されるか、第34条の下に服従し、適用を受理できないと打ち出され宣言をされるか、さらに試験総件名簿から削除され排除し取り出されたそのような適用の判決をできる。その判決は最終(結審)である。

第29条--承認受理の可能性による判決と価値功績[編集]

第30条--大会議に対する司法権の移管[編集]

第31条--大会議の権限[編集]

大会議においては、

1. 結審は、第33条か、第34条によって服従の適用を受ける。そのとき小会議は放棄された司法権の第30条の下にあり、それやその時、第43条の下の関係にある。そして、
2. 第47条の下の服従の勧告意見に請われ、審理せられる。

第32条--小法廷の司法権[編集]

1. 小法廷の司法権は会議及び議定書から第33,34及び47条から用意され照合され、およびそれからすべての関係することにより延長される。
2. 議論の開催は、小法廷の司法権、小法廷の決定がどうかに由来する。

第33条--国際間の場合[編集]

少しの最高契約党の会議の準備する法廷の申し立ての破棄を参照し、議定書をもう一つの最高関係党によって照会する。  

第34条--個人の申し立て[編集]

宣言の規定は、そのECHRの25条及び46条の下で有効である。

小法廷は、少しの個人でも受け入れ、適用せられる。非政府組織でも、または最高契約党の権利及び権力のおける議定書のそれからの会議によって一人の暴力的な被災者の請求者の個人的なグループであろうとも。この権利の有効な使用は最高契約党の少しの道の中の隠れない下部をとることによる。

第35条--承認受理可能性の規準[編集]

第36条--第三等身の介在[編集]

1. すべての問題で、小会議および大会議は、最高契約党は一人の国民の申請者は論評の下に従う権利があり、それらの聞くところを取ることもできる。
2. 小法廷の長官は正義の適当な管理の関心の内に、高等会議は党でない前進のためのあるいは、該当する申込者ものではない人たちからの書いた論評の部分をを取り聞くことができる。

第37条--適用の案出[編集]

1. 小法廷は決定の進み具合を結末の部分の状況の場合のリストの案出の段階を少しできるようにする。それは、
1. 申請者は彼の適用を追跡する意図を持たない;または、
2. 事柄が分析された;または、
3. 小法廷により、少しの他の理由が確立され、それは適用の調査が長く続けて弁護されてない時。

もし会議の定義が人権に敬意し、そして議定書がそういう風に必要とされれば、どのようにして、法廷は適用の試験を続けるのか。

1. 法廷は場合のリストのそれの適用を回復するために決定し、もしそれがそのような進行で、審議されるならば。

第38条--問題の調査と好意的な示談の進行[編集]

1. もし小法廷が申し立てで、受理を宣告したなら、それは:
1. 会議の代表者と一緒に、審理を行う。そしてもしそれらの基本の研究が必要なら、国にとって、行為が有効なら、容易に必要なすべての事の終わりと関係のある。
2. 小会議の中で定義された人類の権利を敬意の基礎の上に事柄の親しく解決し安全を見通すのと一緒に、関係した会議の場所で処置をそれ自身を行うこと、或いは議定書から導き出すこと。
2. 前進する処置は、節の1,b.に親任する。

第39条--好意的な示談を見出すこと[編集]

もし好意的な示談をするのが効果的なら、法廷は決定の意味する所によってその名簿をその場合を案出の解決に届くようにその事実の国に短期間、制限をすることになる。

第40条--公の聴聞と事実との関連[編集]

1. 聴聞は、法廷の公けの必要としない他の事柄を決定する状況を除外する。
2. 事実は登録官と共に託し、他の事柄を法廷の官長を決め、公けを必要としない登録官に会うことができる。

第41条--正当的な充足[編集]

もし法廷がこれらの会議や議定書の暴力を見出すとすれば、もし最高契約党の国際法が関係したものであるとすれば、部分的な贖罪を作り、法廷はもし必要とすれば、会議に傷をつけたことを、正当的に充足せねばならない。

第42条--小会議の判決[編集]

小会議の判決は、第44条節2によって、備えられ、一致して最終(結審)となる。  

第43条--大会議への委託[編集]

1. 小会議の判決が三箇月の内だと、どんな党も、判例も、例外的な場合でも、大会議の参照の判例を請うことができる。
2. 大会議の5人の陪審委員は真剣な問いが上がってきたときは、若し会議の解釈または、全体会議の適用または、議定書のそれから、一般的な重要性から、受け入れを請うことができる。
3. もし請うことの受け入れがあるならば大会議は判例の意味で判決決定することができる。

第44条--最終判決(:結審)[編集]

1. その大会議の判決は最終とする。(結審制)
2. この理由で小会議の判決は、結審となる。
1. 党の宣告が大法廷の場合の照会を請わない時。また、
2. 判決から三箇月を過ぎて、もし大法廷の場合の照会を請わない時。または、
3. 大会議委員団の指導と、第43条の下の照会を請うことを退ける時。
3. 最終(結審)判決は開示出版されること。

第45条--判決理由と結論[編集]

1. 与えられた判決の理由はよく結論の宣言と適用するか、あるいは適用しないか。
2. もし判決を公示されないならば、判決が満場一致の意見の場合、その中の部分および全体が、すこしも判決が標題の意見を分離して果たされない。

第46条--義務付ける力と判決の実行[編集]

1. 最高契約党は最終判決の小法廷中の少しの場合の中によってそれらの党を下部に取り、止まらすことができる。
2. 最終判決の小法廷は大臣委員会に送り伝達し、それはそれらの実行を監督する。

第47条--勧告の意見[編集]

1. 小法廷は、大臣委員会から請うことをするとき、法律上の問いに関して、会議および議定書からの解釈の助言勧告を与えることができる。
2. 次のような意見は、内容の関係する少しの問いまたは権利の範囲か、会議の自由の定義節の1.そして議定書のそれから、または、少しの他の問いを小法廷あるいは大臣の委員会で審議し、少しのそのような前進した結果を会議と共に一致調和した設立をすることは、少しの問題の問いを以っても施行できない。
3. 大臣の委員会の決定の助言を請う小法廷の意見の典型的な表題は委員会において大勢の採択を必要とする。

第48条--勧告助言法廷司法権[編集]

小法廷には、決定する時、かまたは、大臣委員会による、勧告助言の意見の請いを、第47条のはっきりしたものと、一緒に定める能力がある。

第49条--勧告の意見理由[編集]

1. 小法廷の意見の理由は、勧告によって与えたものである。
2. もし勧告意見が公表されないならば、全体であろうとも一部であろうとも、満場一致判決は、少しも判決が標題から分離され意見として果たされない。
3. 小法廷の意見勧告は、大臣の委員会に連絡され伝えられる。

第50条--小法廷の費用[編集]

小法廷における費用は、ヨーロッパ会議により生じる。

第51条--特権と免除された判決[編集]

判決は、彼らの行う間中標題をなし、特権と免除はヨーロッパ会議により第40条により備えられ、それにより、同意が形作られる。

第3節--その他雑多な準備13[編集]

第52条--一般書記官によって調査する事1[編集]

第53条--現存の人権の防御手段1[編集]

[以下略]

出典及びリンク[編集]

  • ヨーロッパ(欧州)人権条約(英文)ウィキソース。英文。
  • ヨーロッパ人権条約ウィキペディア。日本語。
  • ローマ条約 A.D.1,957.3/25調印。ウィキペディア。EEC経済条約とEuratom原子力条約。二つの経済と原子力の条約。その後、EEC経済条約は発展し、ヨーロッパ経済#諸共同体(EC)、EU(ヨーロッパ-欧州連合)の現今でも有効な条約。
  • 西欧同盟 ウィキペディア。冷戦時の同盟で、北大西洋条約機構とも関連あり。大半はEU(欧州連合)に移管されてのち、A.D.2,010年条約効力停止失効が来て、現今は存在しない。
  • [:欧州人権条約のウィキソースの英語の版。](cur|prev) 06:59,9 Novenver 2012 CandalBot(talk|contribs) m..(35,964bytes)(+124)..(r2.6.6)(Robot:Adding ru:~~)(undo)

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。