マタイ伝福音書-第十章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第10章[編集]

1かくてイエスそのじふにでしし、けがれしれいせいするけんゐをあたへて、これいだし、もろもろのやまひ、もろもろのわずらひいやすことをしめたまふ。

2じふにしとのごとし。づペテロといふシモンおよびそのきゃうだいアンデレ、ゼベダイのヤコブおよびそのきゃうだいヨハネ、 3ピリポおよびバルトロマイ、トマスおよしゅぜいにんマタイ、アルパヨのヤコブおよびタダイ、 4ねっしんたうのシモンおよびイスカリオテのユダ、このユダはイエスをりしものなり。 5イエスこのじふににんつかはさんとて、めいじてひたまふ。

いはうじんみちにゆくな、またサマリヤひとまちるな。 6むしろイスラエルのいへせたるひつじにゆけ。 7きてべつたへ「てんこくちかづけり」とへ。 8めるものをいやし、にたるものよみがへらせ、らいびゃうにんをきよめ、あくきひいだせ。あたひなしにけたればあたひなしにあたへよ。

9おびのなかにきんぎんまたはぜにをもつな。 10たびふくろも、まいしたぎも、くつも、つゑももつな。はたらきびとの、そのしょくもつるはふさはしきなり。 11いづれのまちいづれのむらるとも、そのうちにてふさはしきものたづねいだして、るまではそことどまれ。 12ひといへらばへいあんいのれ。 13そのいへもしこれふさはしくば、なんぢらのいのへいあんはそのうへのぞまん。もしふさはしからずば、そのへいあんはなんぢらにかへらん。

14ひともしなんぢらをけず、なんぢらのことばかずば、そのいへそのまちるとき、あしちりをはらへ。 15まことになんぢらにぐ、さばきには、そのまちよりもソドム、ゴモラののかたやすからん。 16よ、われなんぢらをつかはすは、ひつじおほかみのなかにるるがごとし。このゆゑへびのごとくさとく、はとのごとくすなほなれ。 17ひとびとこころせよ、それはなんぢらをしゅうぎしょわたし、くわいだうにてむちうたん。

18またなんぢわがゆゑによりて、つかさたちわうたちのまへかれん。これはかれらといはうじんとにあかしをなさんためなり。 19かれらなんぢらをわたさば、いかなにはんとおもわづらふな、ふべきことは、そのときさづけらるべし。 20これふものはなんぢにあらず、うちにありてひたまふなんぢらのちちれいなり。 21きゃうだいきゃうだいを、ちちわたし、どもはおやさからひてこれなしめん。 22またなんぢらのためにすべてのひとにくまれん。されどをはりまでしのぶものはすくはるべし。 23このまちにてめらるるときは、かのまちのがれよ。まことなんぢらにぐ、なんぢらイスラエルのまちまちめぐつくさぬうちにひときたるべし。 24でしはそのにまさらず、しもべはそのしゅにまさらず、 25でしはそののごとく、しもべはそのしゅごとくならばれり。もしいへあるじをベルゼブルとびたらんには、ましてそのいへものをや。 26このゆゑに、かれらをおそるな。おほはれたるものにあらはれぬはなく、かくれたるものにられぬはければなり。

27くらきにてぐることをあかるきにてへ。みみをあててくことをうへにてべよ。 28ころしてたましひをころしものどもをおそるな、たましひとをゲヘナにてほろぼものをおそれよ。 29すずめいっせんにてるにあらずや、しかるに、なんぢらのちちもとなくば、そのいちつることからん。 30なんぢらのかしらまでもみなかぞへらる。 31このゆゑにおそるな、なんぢらはおほくのすずめよりもすぐるるなり。

32されどおほよひとまへにてわれひあらはすものを、われもまたてんにいますちちまへにてあらはさん。 33されどひとまへにてわれいなものを、われもまたてんにいますちちまへにていなまん。 34われへいわとうぜんためにきたれりとおもふな。へいわにあらず、かへつてつるぎとうぜんためきたれり。

35それきたれるは、ひとをそのちちより、むすめをそのははより、よめをそのしゅうとめよりわかたんためなり。 36ひとあたはそのいへものなるべし。 37われよりもちちまたはははあいするものは、われふさはしからず。われよりもむすこまたはむすめあいするものは、われふさはしからず。 38またおのがじふじかをとりてわれしたがはぬものは、われふさはしからず。 39いのちものはこれをうしなひ、がためにいのちうしなものはこれをべし。 40なんぢらをくるものは、われくるなり。われをうくるものは、われつかはたまひしものくるなり。 41よげんしゃたるゆゑよげんしゃをうくるものは、よげんしゃむくいをうけ、ぎじんたるのゆゑにぎじんをうくるものは、ぎじんむくいくべし。 42おほよそわがでしたるゆゑに、このちひさものひとりひややかなるみづいっぱいにてもあたふるものは、まことになんぢらにぐ、かならずそのむくいうしなはざるべし』