マタイ伝福音書-第十章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第10章[編集]

1かくてイエスその十二じふに弟子でしし、けがれしれいせいする權威けんゐをあたへて、これいだし、もろもろのやまひ、もろもろの疾患わずらひいやすことをしめたまふ。

2十二じふに使徒しとのごとし。づペテロといふシモンおよびその兄弟きゃうだいアンデレ、ゼベダイのヤコブおよびその兄弟きゃうだいヨハネ、 3ピリポおよびバルトロマイ、トマスおよ取税人しゅぜいにんマタイ、アルパヨのヤコブおよびタダイ、 4熱心ねっしんたうのシモンおよびイスカリオテのユダ、このユダはイエスをりしものなり。 5イエスこの十二じふににんつかはさんとて、めいじてひたまふ。

異邦人いはうじんみちにゆくな、またサマリヤひとまちるな。 6むしろイスラエルのいへせたるひつじにゆけ。 7きてべつたへ「天國てんこくちかづけり」とへ。 8めるものをいやし、にたるものよみがへらせ、癩病人らいびゃうにんをきよめ、惡鬼あくきひいだせ。あたひなしにけたればあたひなしにあたへよ。

9おびのなかにきんぎんまたはぜにをもつな。 10たびふくろも、まい下衣したぎも、くつも、つゑももつな。勞動人はたらきびとの、その食物しょくもつるは相應ふさはしきなり。 11いづれのまちいづれのむらるとも、そのうちにて相應ふさはしきものたづねいだして、るまでは其處そことどまれ。 12ひといへらば平安へいあんいのれ。 13そのいへもしこれ相應ふさはしくば、なんぢらのいの平安へいあんはそのうへのぞまん。もし相應ふさはしからずば、その平安へいあんはなんぢらにかへらん。

14ひともしなんぢらをけず、なんぢらのことばかずば、そのいへそのまちるとき、あしちりをはらへ。 15まことになんぢらにぐ、審判さばきには、そのまちよりもソドム、ゴモラののかたやすからん。 16よ、われなんぢらをつかはすは、ひつじ豺狼おほかみのなかにるるがごとし。このゆゑへびのごとくさとく、鴿はとのごとく素直すなほなれ。 17人々ひとびとこころせよ、それはなんぢらを衆議所しゅうぎしょわたし、會堂くわいだうにてむちうたん。

18またなんぢわがゆゑによりて、つかさたちわうたちのまへかれん。これはかれらと異邦人いはうじんとにあかしをなさんためなり。 19かれらなんぢらをわたさば、如何いかなにはんとおもわづらふな、ふべきことは、そのときさづけらるべし。 20これふものはなんぢにあらず、うちにありてひたまふなんぢらのちちれいなり。 21兄弟きゃうだい兄弟きゃうだいを、ちちわたし、どもはおやさからひてこれなしめん。 22またなんぢらのためにすべてのひとにくまれん。されどをはりまでしのぶものはすくはるべし。 23このまちにてめらるるときは、かのまちのがれよ。まことなんぢらにぐ、なんぢらイスラエルの町々まちまちめぐつくさぬうちにひときたるべし。 24弟子でしはそのにまさらず、しもべはそのしゅにまさらず、 25弟子でしはそののごとく、しもべはそのしゅごとくならばれり。もし家主いへあるじをベルゼブルとびたらんには、ましてそのいへものをや。 26このゆゑに、かれらをおそるな。おほはれたるものにあらはれぬはなく、かくれたるものにられぬはければなり。

27暗黒くらきにてぐることを光明あかるきにてへ。みみをあててくことをうへにてべよ。 28ころして靈魂たましひをころしものどもをおそるな、靈魂たましひとをゲヘナにてほろぼものをおそれよ。 29すずめ一錢いっせんにてるにあらずや、しかるに、なんぢらのちちもとなくば、そのいちつることからん。 30なんぢらのかしらまでもみなかぞへらる。 31このゆゑにおそるな、なんぢらはおほくのすずめよりもすぐるるなり。

32されどおほよひとまへにてわれひあらはすものを、われもまたてんにいますちちまへにてあらはさん。 33されどひとまへにてわれいなものを、われもまたてんにいますちちまへにていなまん。 34われ平和へいわとうぜんためにきたれりとおもふな。平和へいわにあらず、かへつてつるぎとうぜんためきたれり。

35それきたれるは、ひとをそのちちより、むすめをそのははより、よめをその姑&$x5adc;しゅうとめよりわかたんためなり。 36ひとあたはそのいへものなるべし。 37われよりもちちまたはははあいするものは、われ相應ふさはしからず。われよりも息子むすこまたはむすめあいするものは、われ相應ふさはしからず。 38またおのが十字架じふじかをとりてわれしたがはぬものは、われ相應ふさはしからず。 39生命いのちものはこれをうしなひ、がために生命いのちうしなものはこれをべし。 40なんぢらをくるものは、われくるなり。われをうくるものは、われつかはたまひしものくるなり。 41預言者よげんしゃたるゆゑ預言者よげんしゃをうくるものは、預言者よげんしゃむくいをうけ、義人ぎじんたるのゆゑに義人ぎじんをうくるものは、義人ぎじんむくいくべし。 42おほよそわが弟子でしたるゆゑに、このちひさもの一人ひとりひややかなるみづ一杯いっぱいにてもあたふるものは、まことになんぢらにぐ、かならずそのむくいうしなはざるべし』