マタイ伝福音書-第十九章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第19章[編集]

1イエスこれらのことばかたへて、ガリラヤをり、ヨルダンの彼方かなたなるユダヤの地方ちはうきたたまひしに、 2おほいなる群衆ぐんじゅうしたがひたれば、此處ここにてかれらをいやたまへり。 3パリサイびときたり、イエスをこころみてふ『なにゆゑにかかはらず、ひとそのつまいだすはきか』 4こたへてひたまふ『ひとつくたまひしもの、元始はじめよりこれをとこをんなとにつくり、しかして、 5「かかるゆゑひとちちはははなれ、そのつまひて、二人ふたりのもの一體いったいとなるべし」とたまひしをいままぬか。 6されば、はや二人ふたりにはあらず、一體いったいなり。このゆゑかみあはたまひしものは、ひとこれをはなすべからず』 7かれらイエスにふ『さらばなにゆゑモーセは離縁状りえんじゃうあたへていだすことをめいじたるか』 8かれらにたまふ『モーセはなんぢこころつれなきによりてつまいだすことをゆるしたり。されど元始はじめよりにはあらぬなり。 9われなんぢらにぐ、おほよそ淫行いんかうゆゑならでつまをいだしほかめとものは、姦淫かんいんおこなふなり』 10弟子でしたちイエスにふ『ひともしつまのことにおいてかくのごとくば、めとらざるにかず』 11かれらにひたまふ『すべてのひとこのことばるるにはあらず、たださづけられたるもののみなり。 12それうまれながらの閹人えんじんあり、ひとられたる閹人えんじんあり、また天國てんこくのためにみづからなりたる閹人えんじんあり、これれうるものるべし』

13ここに人々ひとびとイエスのをおきていのたまはんことをのぞみて、幼兒をさなごらをきたりしに、弟子でしたちいましめたれば、 14イエスひたまふ『幼兒をさなごらをゆるせ、われきたるをとどむな、天國てんこくはかくのごときものくになり』 15かくてかれらのうへにおきて此處ここたまへり。

16よ、あるひとみもとにきたりてふ『よ、われ永遠とこしへ生命いのちをうるためには、如何いかなることすべきか』 17イエスひたまふ『ことにつきてなにわれふか、ものただひとりのみ。なんぢもし生命いのちらんとおもはば誡命いましめ まもれ』 18かれいふ『いづれを』イエスひたまふ『「ころすなかれ」「姦淫かんいんするなかれ」「ぬすむなかれ」「僞證ぎしょうつるなかれ」 19ちちははとをうやまへ」また「おのれのごとくなんぢとなりあいすべし」』 20その若者わかものいふ『われみなこれまもれり、なほなにくか』 21イエスひたまふ『なんぢまったからんとおもはば、きてなんぢ所有もちものりてまづしきものほどこせ、さらば財寶たからてんん。かつきたりてわれしたがへ』 22このことばをききて、若者わかものかなしみつつりぬ。おほいなる資産しさんてるゆゑなり。

23イエス弟子でしたちにたまふ『まことになんぢらにぐ、めるもの天國てんこくるはかたし。 24またなんぢらにぐ、めるものかみくにるよりは、駱駝らくだはりあなとほるかたかへつてやすし』 25弟子でしたちこれをきき、はなはだしくをどろきてふ『さらばたれすくはるることをん』 26イエスかれらにめてたまふ『これはひとあたはねど、かみすべてのことをなしるなり』 27ここにペテロこたへてふ『よ、われら一切いっさいをすててなんぢしたがへり、さればなにべきか』 28イエスかれらにたまふ『まことになんぢらにぐ、あらたまりてひとその榮光えいくわう座位くらゐするとき、われしたがへるなんぢもまた十二じふに座位くらゐして、イスラエルの十二じふにやからさばかん。 29またおほよのために、あるひいへ、あるひは兄弟きゃうだい、あるひは姉妹しまい、あるひはちち、あるひははは、あるひは、あるひは田畑たはたつるものは、數倍すうばいけ、また永遠とこしへ生命いのちがん。 30されどおほくのさきなるものあとに、あとなるものさきになるべし。