マタイ伝福音書-第十九章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第19章[編集]

1イエスこれらのことばかたへて、ガリラヤをり、ヨルダンのかなたなるユダヤのちはうきたたまひしに、 2おほいなるぐんじゅうしたがひたれば、ここにてかれらをいやたまへり。 3パリサイびときたり、イエスをこころみてふ『なにゆゑにかかはらず、ひとそのつまいだすはきか』 4こたへてひたまふ『ひとつくたまひしもの、はじめよりこれをとこをんなとにつくり、しかして、 5「かかるゆゑひとちちはははなれ、そのつまひて、ふたりのものいったいとなるべし」とたまひしをいままぬか。 6されば、はやふたりにはあらず、いったいなり。このゆゑかみあはたまひしものは、ひとこれをはなすべからず』 7かれらイエスにふ『さらばなにゆゑモーセはりえんじゃうあたへていだすことをめいじたるか』 8かれらにたまふ『モーセはなんぢこころつれなきによりてつまいだすことをゆるしたり。されどはじめよりにはあらぬなり。 9われなんぢらにぐ、おほよそいんかうゆゑならでつまをいだしほかめとものは、かんいんおこなふなり』 10でしたちイエスにふ『ひともしつまのことにおいてかくのごとくば、めとらざるにかず』 11かれらにひたまふ『すべてのひとこのことばるるにはあらず、たださづけられたるもののみなり。 12それうまれながらのえんじんあり、ひとられたるえんじんあり、またてんこくのためにみづからなりたるえんじんあり、これれうるものるべし』

13ここにひとびとイエスのをおきていのたまはんことをのぞみて、をさなごらをきたりしに、でしたちいましめたれば、 14イエスひたまふ『をさなごらをゆるせ、われきたるをとどむな、てんこくはかくのごときものくになり』 15かくてかれらのうへにおきてここたまへり。

16よ、あるひとみもとにきたりてふ『よ、われとこしへいのちをうるためには、いかなることすべきか』 17イエスひたまふ『ことにつきてなにわれふか、ものただひとりのみ。なんぢもしいのちらんとおもはばいましめ まもれ』 18かれいふ『いづれを』イエスひたまふ『「ころすなかれ」「かんいんするなかれ」「ぬすむなかれ」「ぎしょうつるなかれ」 19ちちははとをうやまへ」また「おのれのごとくなんぢとなりあいすべし」』 20そのわかものいふ『われみなこれまもれり、なほなにくか』 21イエスひたまふ『なんぢまったからんとおもはば、きてなんぢもちものりてまづしきものほどこせ、さらばたからてんん。かつきたりてわれしたがへ』 22このことばをききて、わかものかなしみつつりぬ。おほいなるしさんてるゆゑなり。

23イエスでしたちにたまふ『まことになんぢらにぐ、めるものてんこくるはかたし。 24またなんぢらにぐ、めるものかみくにるよりは、らくだはりあなとほるかたかへつてやすし』 25でしたちこれをきき、はなはだしくをどろきてふ『さらばたれすくはるることをん』 26イエスかれらにめてたまふ『これはひとあたはねど、かみすべてのことをなしるなり』 27ここにペテロこたへてふ『よ、われらいっさいをすててなんぢしたがへり、さればなにべきか』 28イエスかれらにたまふ『まことになんぢらにぐ、あらたまりてひとそのえいくわうくらゐするとき、われしたがへるなんぢもまたじふにくらゐして、イスラエルのじふにやからさばかん。 29またおほよのために、あるひいへ、あるひはきゃうだい、あるひはしまい、あるひはちち、あるひははは、あるひは、あるひはたはたつるものは、すうばいけ、またとこしへいのちがん。 30されどおほくのさきなるものあとに、あとなるものさきになるべし。