マタイ伝福音書-第十七章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第17章[編集]

1むゆかのち、イエス、ペテロ、ヤコブおよびヤコブのきゃうだいヨハネをきつれ、ひとけてたかやまのぼりたまふ。 2かくてかれらのまへにてそのさまかはり、かほのごとくかがやき、そのころもひかりのごとくしろくなりぬ。 3よ、モーセとエリヤとイエスにかたりつつかれらにあらはる。 4ペテロさしいでてイエスにふ『しゅよ、われらのここるはし。みこころならばわれここにつのいほりつくり、ひとつをなんぢのため、ひとつをモーセのため、ひとつをエリヤのためにせん』

5かれなほかたりをるとき、よ、ひかりれるくもかれらをおほふ。またくもよりこゑあり、いはく『これはいつくしむ、わがよろこものなり、なんぢこれけ』 6でしたちこれきてたふし、おそるることはなはだし。 7イエスそのもとにきたりこれさはりて『きよ、おそるな』とたまへば、 8かれげしに、イエスひとりほかたれえざりき。

9やまくだるとき、イエスかれらにめいじてひたまふ『ひとしにんうちよりよみがへるまでは、たることをたれにもかたるな』 10でしたちひてふ『さらばエリヤきたるべしとがくしゃらのふはなんぞ』 11こたへてひたまふ『にエリヤきたりてよろづことをあらためん。 12われなんぢらにぐ、エリヤはすできたれり。されどひとびとこれをらず、かへつてこころのままにあしらへり。かくのごとくひともまたひとびとよりくるしめらるべし』 13ここにでしたちバプテスマのヨハネをしてたまひしなるをさとれり。

14かれらぐんじゅうもといたりしとき、あるひとみもとにきたりひざまづきてふ、 15しゅよ、わがあはれみたまへ。てんかんにてなやみ、しばしばなかに、しばしばみづなかたふるるなり。 16これみでしたちにきたりしに、いやすことあたはざりき』 17イエスこたへてたまふ『ああしんなきまがれるなるかな、われいつまでなんぢらとともにをらん、いつまでなんぢらをしのばん。そのわれれきたれ』 18つひにイエスこれをいましたまへば、あくきいでてそのこのときよりえたり。 19ここにでしたちひそかにイエスにきたりてふ『われらはなにゆゑいだざりしか』 20かれらにたまふ『なんぢらしんかううすきゆゑなり。まことになんぢらにぐ、もしからしだねひとつぶほどのしんかうあらば、このやまに「ここよりかしこうつれ」とふともうつらん、かくてなんぢあたはぬことかるべし』

21[なし] 22かれらガリラヤにつどひをるとき、イエスひたまふ『ひとひとわたされ、 23ひとびとこれころさん、かくてみっかめによみがへるべし』でしたちいたかなしめり。

24かれらカペナウムにいたりしとき、をさめきんあつむるものどもペテロにきたりてふ『なんぢらのをさめきんをさめぬか』 25ペテロ『をさむ』とひ、やがていへりしに、いちはやくイエスたまふ『シモンいかにおもふか、わうたちはぜいまたはみつぎたれよりるか、おのよりか、ほかものよりか』 26ペテロふ『ほかのものより』イエスたまふ『さればじいうなり。 27されどかれらをつまづかせぬために、うみきてつりをたれ、はじめあがうををとれ、くちをひらかばぎんくわひとつをん、それをりてわれなんぢとのためをさめよ』