マタイ伝福音書-第十七章 (文語訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<マタイ伝福音書 (文語訳)

第17章[編集]

1六日むゆかのち、イエス、ペテロ、ヤコブおよびヤコブの兄弟きゃうだいヨハネをきつれ、ひとけてたかやまのぼりたまふ。 2かくてかれらのまへにてそのさまかはり、かほのごとくかがやき、そのころもひかりのごとくしろくなりぬ。 3よ、モーセとエリヤとイエスにかたりつつかれらにあらはる。 4ペテロ差出さしいでてイエスにふ『しゅよ、われらの此處ここるはし。御意みこころならばわれここにつのいほりつくり、ひとつをなんぢのため、ひとつをモーセのため、ひとつをエリヤのためにせん』

5かれなほかたりをるとき、よ、ひかりれるくもかれらをおほふ。またくもよりこゑあり、いはく『これはいつくしむ、わがよろこものなり、なんぢこれけ』 6弟子でしたちこれきてたふし、おそるることはなはだし。 7イエスそのもとにきたりこれさはりて『きよ、おそるな』とたまへば、 8かれげしに、イエス一人ひとりほかたれえざりき。

9やまくだるとき、イエスかれらにめいじてひたまふ『ひと死人しにんうちよりよみがへるまでは、たることをたれにもかたるな』 10弟子でしたちひてふ『さらばエリヤきたるべしと學者がくしゃらのふはなんぞ』 11こたへてひたまふ『にエリヤきたりてよろづことをあらためん。 12われなんぢらにぐ、エリヤはすできたれり。されど人々ひとびとこれをらず、かへつてこころのままにあしらへり。かくのごとくひともまた人々ひとびとよりくるしめらるべし』 13ここに弟子でしたちバプテスマのヨハネをしてたまひしなるをさとれり。

14かれら群衆ぐんじゅうもといたりしとき、あるひと御許みもとにきたりひざまづきてふ、 15しゅよ、わがあはれみたまへ。癲癇てんかんにてなやみ、しばしばなかに、しばしばみづなかたふるるなり。 16これ御弟子みでしたちにきたりしに、いやすことあたはざりき』 17イエスこたへてたまふ『ああしんなきまがれるなるかな、われいつまでなんぢらとともにをらん、何時いつまでなんぢらをしのばん。そのわれれきたれ』 18つひにイエスこれをいましたまへば、惡鬼あくきいでてそのこのときよりえたり。 19ここに弟子でしたちひそかにイエスにきたりてふ『われらはなにゆゑいだざりしか』 20かれらにたまふ『なんぢら信仰しんかううすきゆゑなり。まことになんぢらにぐ、もし芥種からしだね一粒ひとつぶほどの信仰しんかうあらば、このやまに「此處ここより彼處かしこうつれ」とふともうつらん、かくてなんぢあたはぬことかるべし』

21[なし] 22かれらガリラヤにつどひをるとき、イエスひたまふ『ひとひとわたされ、 23人々ひとびとこれころさん、かくて三日みっかめによみがへるべし』弟子でしたちいたかなしめり。

24かれらカペナウムにいたりしとき、納金をさめきんあつむるものどもペテロにきたりてふ『なんぢらの納金をさめきんをさめぬか』 25ペテロ『をさむ』とひ、やがていへりしに、逸速いちはやくイエスたまふ『シモンいかにおもふか、わうたちはぜいまたはみつぎたれよりるか、おのよりか、ほかものよりか』 26ペテロふ『ほかのものより』イエスたまふ『されば自由じいうなり。 27されどかれらをつまづかせぬために、うみきてつりをたれ、はじめあがうををとれ、くちをひらかば銀貨ぎんくわひとつをん、それをりてわれなんぢとのためをさめよ』