マカビー第二書 第十三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十三章[編集]

1 だい百四十九ねんに、ユダおよともものもとたつせしはうこくによれば、アンテオコス・ユバトルたいぐんひきゐてユダヤにのぼり、
2 かれこうけんにんにしてせいむそうさいなるルシアかれともにありて、おのおの、ほへい十一まんきへい五千三百、ぞう二十二とうおよかまをつけたるへいしや三百をてり。

3 メネラオもまたかれらくははり、おほいなるいつはりをもてアンテオコスをせんどうせしが、これはおのくにすくふためにあらず、みづかたかくらゐベしとおもひしがゆゑなり。
4 されどわうわうは、あくぎやくなるものたいして、アンテオコスのいきどほりおこさしめたまひ、かつルシアはわうに、すべてのあくげんいんひとなりとげしかば、わうかれをベレアにつれかしめ、そのちはうならはししたがひて、しけいしよしたり。
5 さてそこはいみたしたる、たかさ五十キユビトのやぐらありて、これにかくそくめんよりはいなかけいしやするくわいてんきゑつけあり。
6 ばうとくつみをかしたるものもしくはほかはなはだしきしきおこなひをなしたるものを、かれらここにてこと〴〵ほろびうちおとしたるなり。
7 かかるうんめいにておきてはくわいしやメネラオは、たうぜんにもちじやうはかることなくしてねり。
8 かくて、せいなるはいさいだんまはりにて、おほくのつみかさねたるかれは、はいなかにてそのけたり。

9 さてわうは、いきどほりえ、ユダヤびとうへに、そのちゝときかれらかうむりたるくるしみもつとかこくなるものをくわせんとてきたれり。
10 されどユダこれらのことをききしときぐんじゆうめいじて、ちうやしゆよばはり、もしほかときすくひほどこたまはば、まさにおきてと、そのくにと、せいなるみやとをうばはれんとするかれらを、いまこのときすくたまひ、
11 わづかふくこうしたるばかりなるたみを、ふたゝけがれたることくにびとおちいらしむることなからしめたまはんことをいのらしめたり。
12 かくてかれらともにこれをなし、三あひだむることなく、なみだだんじきとをもてひれふし、じひふかしゆあいぐわんしけるが、ユダはかれらはげまして、そなふべきことをめいじたり。
13 ちやうらうたちとともにはかりしのちかれは、わうぐんぜいがユダヤにりて、まちせんれうするまへに、すゝき、しゆみたすけもてたゝかはんとけつしんせり。
14 けつしんをこのつくりぬしゆだね、ともにあるものどもをはげまして、おきてみやまちくにたみせいくわつとのために、いたるまでいさましくたゝかふべきことをめいじ、モデインにちかくそのえいりぬ。
15 かくてそのへいしらに、『しようりかみのものなり』とのあひことばあたへ、いとゆうかんなるわかものらのせんばつたいをもてやしうおこなひ、わうまくやさつたうして、そのえいにて二千にんころし、またいとおほいなるぞうを、そのうへのやぐらにありしものともろともたふしたり。
16 かくてかれらつひに、てきぢんえいおそれおどろきとをみたし、おほいなるせいかうをもてかへれり。
17 これは、ユダにあたへられたるしゆみまもりによりて、のまさにけんとするときげられたるなり。

18 かくてわうはユダヤびとのいともゆうかんなることをあぢはりしかば、はかりごとをもてかれらちゐうばはんとこゝろみ、
19 ベテスラなるユダヤびとえうがいむかひてすゝみしが、しりぞけられ、やぶれてかへりぬ。
20 しかしてユダ、じやうないりしものどもに、ひつえうなるものをおくれり。
21 しかるに、ユダヤびとぐんちゆうりしロドコスなるものてきひみつあかししかば、さがいだされ、とらへられて、ひとやとうぜられぬ。
22 わうは、ふたゝびベテスラにものらむすび、たがひにぎひてしりぞきしが、ユダをおそひて、かへつてやぶれたり。
23 そのときかれ、さきにせいむそうさいとしてアンテオケにのこされしピリポがきようばうとなりしことをおどろきて、ユダヤびとわぼくし、みづかじやうほして、かれらのすべてのけんりみとむることをちかひ、かれらでうやくむすび、いけにへさゝげて、せいじよあがめ、そのいつくしみしめしたり。
24 かれはかくマカビオをけ、トレマイよりゲルレニヤにいたるまでのそうとくとしてヘゲモニデスをのこして、トレマイにきたりぬ。
25 しかるにトレマイのひと〴〵、ユダヤびとたいしていとおほいなるいきどほりをもちたれば、このでうやくふまんをいだき、そのいつちせしでうこうむかうにせんとほつしたり。
26 ルシアすゝでてかれらかたり、そのなしいともよきべんごをもてかれらときふせ、やわらげ、ゐぶして、アンテオケにれり。いじやうわうしんにふたいきやくとのなりゆきなり。