マカビー第一書 第二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二章[編集]

1 そのころヨアリブのしそんなるさいし、シメオンの、ヨハネの、マタテヤはエルサレムよりおこりて、モデインにめり。
2 かれに五にんあり、カデスとばれたるヨハネ、
3 タシとばれたるシメオン、
4 マカビオとばれたるユダ、
5 アバランとばれたるエレアザル、およびアプスとばれたるヨナタンこれなり。

6 マタテヤは、ユダのうちに、またエルサレムのうちにおこなはれたるばうとくたり。
7 しかしてかれいへり
かなしいかな、いかなればわれ、うまでて、わがたみほろびきよみやこほろびとをまちてきに、せいじよあだしびとわたさるるときこゝむか。
8 そのみやくわうえいうしなへるひとごとく、
9 そのえいくわうあるうつはものとらはれたづさられ、そのをさなごらはちまたころされ、そのわかものらはてきつるぎをもてころさる。
10 いかなるくにびとかそのとのぎ、そのぶんどりものをわかちざる。
11 そのさうしよくこと〴〵られ、じしゆをんなたりしものどれいとなれり。
12 よ、われらのきよきもの、われらのうるはしさ、またわれらのくわうえいらされ、いはうじんらこれをけがせり。
13 いかなればわれらなほながらへんとするか。』

14 マテタヤとそのら、そのころもき、あさぬのまとひて、いたくなげかなしめり。

15 そのときはいけうきやうせいりしわうやくにんらいけにへをささげんとてモデインのまちきたれり。
16 おほくのイスラエルびとかれらもときたり、マタテヤとそのらもそこあつまれり。
17 わうやくにんこたへてマタテヤにいひけるは『なんぢまちおいほまれあるおほいなるひとにして、らときやうだいたちによりてつよめらる。
18 さればいまなんぢまづきたりて、すべてのくにびととユダのひと〴〵とエルサレムにのこれるひと〴〵のなすごとく、わうめいれいおこなへ。さらばなんぢなんぢいへわうとものうちにかぞへられ、なんぢなんぢらはきん〴〵およおほくのおくりものをもてうやまはれん。』
19 マタテヤこたへておほごゑにいへり『わうしはいもとにあるすべてのくにびとかれにきて、おの〳〵そのせんぞれいはいよりはなれ、そのめいれいしたがふとも、
20 われとわがらとわがきやうだいたちは、われらのせんぞたちのけいやくあゆむべし。
21 てんわれらが、おきてみことのりとをつることをきんず。
22 われらはわうことばしたがひ、われらのれいはいはなれて、みぎにもひだりにもかざるべし。』

23 かれかれらことばかたへしときひとりのユダヤびと、すべてのひとまへにて、わうめいしたがひ、モデインにありしだんうへいけにへをささげんとしてきたれり。
24 マタテヤこれをるや、そのねつしんえあがり、そのこしふるひ、さばきしたがひていかりはつし、はしきて、だんうへかれころせり。
25 またそのときいけにへひと〴〵ひしわうやくにんをもころして、だんしたおろせり。
26 かれおきてたいしてねつしんにして、ピネハスがサルのジムリになせしごとくになしぬ。
27 マタテヤおほごゑにてまちよばはりていひけるは『おきてねつしんにしてけいやくまもるものは、なにびとにてもわれしたがへ』と。
28 かくてかれかれらはやまのがれ、かれらまちなかにもてるすべてのものをてたり。

29 そのときたゞしきさばきとをもとめしおほくのひと〴〵は、あらのおもむきてそこにめり。
30 かれらのこらかれらのつまたち、またかれらかちくかれらとともにありき。わざはひかれらのうへりかかりたるなり。
31 しかしてわうやくにんらと、ダビデのまち・エルサレムにたむろせしぐんたいとに、わうめいそむきしあるひと〴〵あらのかくれがのがれたりとぐるものありしかば、
32 おほくのひと〴〵かれらあとひ、これにきて、えいり、あんそくにちかれらたゝかひいどみたり。
33 しかしてそれらひと〴〵いへり『いまいたるまでのことはともあれ、きたりてわうみことばしたがへ、さらばなんぢきん。』
34 かれらこたふ『われらはかじ、またわうことばしたがひてあんそくにちをかさざるべし。』
35 ここにおいそれらひと〴〵いそぎてたゝかひをなさんとせしが、
36 かれらはこれにこたへず、いしをもこれにげず、またそのかくところふせがんともせずしていへり
37 『われらつみなくしてなん。てんわれらのためにあかしせん、なんぢらさばかずしてわれらをわたしたり。』
38 それらものどもちあがりてあんそくにちかれらめ、かれらとそのつまこら、およかちくころせることいつせんたつしたり。

39 マタテヤとそのともらこれをり、かれらのためにいたくなげきぬ。
40 かれらたがひにいひけるは『もしわれみなわれらのきやうだいたちのなせしごとく、われらのいのちおきてとのためにいはうじんむかひてたゝかはずば、かれらいまたちまちわれらをよりほろぼつくさん』と。
41 かれらそのともにはかりていひけるは『たれにてもあんそくにちわれらにむかひてたゝかひいどまば、われかれたゝかはん。われらはわれらのきやうだいたちがそのかくれがおいねるがごとくにぬべきにあらず』と。
42 そのときかれらもとつどひしは、イスラエルのちからあるものなるハシデームのともがらにして、かれらみなおきてのためによろこびてさゝげたるものなりき。
43 かくてわざはひのがれたるすべてのものかれらくはへられてかれらのためにさゝへてとなれり。
44 かれらぐんたいとゝのへ、いかりをもてつみびとらを、いきどほりをもてふはふなるものどもをちぬ。のこれるものあんぜんのために、いはうじんあひだのがれたり。
45 マタテヤとそのともめぐきて、だんたふし、
46 かれらがイスラエルのさかひうちみいだしたる、かつれいけざりしすべてのらに、ひてかつれいおこなへり。
47 かれらたかぶりらをひ、そのわざかれらさかえたり。
48 またかれらいはうじんより、またわうたちのより、おきてかへし、かれらしようりあたへざりき。

49 さてマタテヤのしやうがいをはらんとし、そのぬるちかづきたるときかれそのらにいへり
いまたかぶりそしりとはいきほひほろびとき、またいきどほりとききたれり。
50 さればらよ、なんぢおきてねつしんなれ、なんぢらのせいめいなんぢらのふそたちのけいやくあたへよ。
51 かれらがそのになししわれらのふそたちのおこなひおぼえよ。しかしておほいなるえいくわうとこしへとをけよ。
52 アブラハムはそのこゝろみときしんかうみとめられ、これによりてとせられざりしや。
53 ヨセフはそのなやみときこゝろみえ、エジプトのしゆとなれり。
54 われらのふそピネハスはいとねつしんなりしかば、とこしへさいしつとめけいやくたり。
55 ヨシュアはみことばげて、イスラエルのさばきづかさとなれり。
56 カルブはくわいしゆううちあかしたもちて、ゆづりたり。
57 ダビデはそのあはれみのために、くにみくらとこしへげり。
58 エリヤはおきてたいしていたくねつしんなりしかば、てんげられたり。
59 ハナニヤとアザリヤとミシヤエルとは、そのしんかうゆゑほのほなかよりすくはれぬ。
60 またダニエルはつみなかりしかば、しゝくちよりすくいだされたり。
61 さればなんぢらいつまでもおもへ、しゆたのむものはちからうしなふことなし。
62 つみあるもののことばおそるな。そはかれふんどむしとなればなり。
63 かれけふげられて、あすけつしてみいだされざるべし。そはかれちりかへり、そのおもいほろすべければなり。
64 らよ、なんぢつよかれ、おきてのためにみづかをとことなれ、これによりてなんぢくわうえいん。
65 よ、なんぢきやうだいシメオンを。われる、かれぎしたるべきひとなり、なんぢつねかれにきけ、かれなんぢにとりてちゝたるべし。
66 ユダ・マカビオは、わかときよりつよくしてちからあり。かれなんぢらのしやうとなりて、たみたゝかたゝかふべし。
67 なんぢらすべておきておこなものなんぢらのもとまねき、なんぢらのたみあくむくいよ。
68 いはうじんつぐのひをなせ、おきていましめこゝろもちひよ。』
かくてかれかれらしゆくして、そのせんぞくははりぬ。かれだいひやく四十六ねんに、そのかれをモデインなるそのせんぞたちのはかはうむり、ぜんイスラエルかれのためにおほいなるかなしみをなせり。