マカビー第一書 第一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第一章[編集]

1 ケテイムのよりきたれるピリポの、マケドニヤびとアレキサンドルはペルシヤびとおよびメデヤびとわうダリヨスをちしのちかれかはりてわうとなり、づギリシヤををさめたり。
2 かれおほくのたゝかひをなし、おほくのとりでうばひ、わうたちをころし、
3 はてにまでいたりて、おほくのくにぐによりおほくのものうばりぬ。かくてかれまへおだやかとなり、かれたかめられてそのこころおごれり。
4 かれはなはだしくつよぐんたいあつめて、しよこくしよみんしよわうをさめたれば、かれらみなかれにみつぎれたり。
5 のち、かれやまひかかりしが、みづかちかづけるをさとりぬ。
6 ここにおいてかれ、そのわかときよりおのれともそだてられし、めいよあるしもべらし、かれなほあひだに、そのくにかれらわかちぬ。
7 かくてアレキサンドルはじふにねんあひだをさめてねり。
8 そのしもべらおの〳〵おのところにてたみをさめぬ。
9 かれらみなかれしごみづかわうくわんをいただきしが、かれらもおほくのとしあひだ、かくなしてちじやうあくしぬ。

10 ここにかれらあひだよりつみでたり。かれはアンテオコスわう、アンテオコス・エピパネスにて、かつてロマにひとじちたりしが、ギリシヤわうこくだいひやくさんじふしちねんわうとなりぬ。

11 そのころ、イスラエルのあひだより、おきてをかすものでて、おほくのひと〴〵せ、『われら、われらのまはりなるいはうじんけいやくむすぶべし、そはわれら、かれらはなれしよりこのかた、おほくのわざはひわれらのうへのぞみたればなり』といへり。
12 これらことばかれらみゝかりき。
13 かくてたみうちあるものどもすすでてわうもといたりければ、わうかれらに、いはうじんならはししたがひておこなふべきゆるしあたへたり。
14 さればかれらいはうじんならはししたがひて、エルサレムにひとつのうんどうぢやうつくれり。
15 かれらかつれいおこなはず、きよけいやくてて、みづかいはうじんまじはり、おのれあくおこなひれり。

16 アンテオコスのに、くにはよくとゝのひたりとえしかば、かれエジプトをもをさめて、ふたつのくにわうとならんとほつせり。
17 かくてかれ、おほくのぐんぜいへいしやぞうきへいまたおほいなるかんたいひきゐて、エジプトにり、
18 エジプトわうプトレミオにむかひてたゝかひいどみぬ。プトレミオかれまへやぶれてのがはしり、おほくのものきずつきにたり。
19 かれらエジプトのおいて、もろ〳〵おほいなるまちおとしいれ、エジプトのものかすりぬ。

20 エジプトをちしのち、アンテオコスはだい百四十三ねんかへり、たいぐんひきゐてイスラエルおよびエルサレムにむかひてすすみ、
21 せんゑつにもせいじよりて、きんさいだんしよくだい、これにくすべてのもの、
22 そなへのパンのだいくわんさいさかづききんかうろかほおほひかんむりおよみやしやうめんさうしよくりて、これをこと〴〵はなしたり。
23 かれまたぎんきんおよあたひたかうつはものをとり、またかくされたるたからみいだしてこれをうばへり。
24 かくてあらゆるものをうばひとりしのちおのいたりておほいなるつさりくおこなひ、ほこりがにこれをかたれり。
25 しかしてイスラエルにおいて、かれらおもむきしところには、いかなるところにも、おほいなるなげきありき。
26 つかさらとちやうらうらはき、をとめらとわかものらはちからよわり、をんなたちはそのうつくしさをうしなひぬ。
27 はなむこみなかなしみをなし、こんれいへやにありしをんなこゝろおもかりき。
28 はそのひとのためにうごかされ、ヤコブのすべてのいへはづかしめせられぬ。

29 にねんのちわうはユダのまち〳〵しゆぜいにんをさつかはししに、かれたいぐんひきゐて、エルサレムにきたれり。
30 しかしてかれたくみにへいわことばかれらつたへければ、かれらこれをしんじたり。しかるにかれにはかまちおそひて、はなはだしくこれをち、イスラエルのおほくのひと〴〵ほろぼせり。
31 かれまちものうばひ、そのいへき、またたふし、四はういしがきやぶりぬ。
32 またかれらをんなたちとこどもたちをとりことし、かつかちくうばりぬ。
33 しかしてかれらおほいなるつよいしがきかたやぐらとをもてダビデのまちきづき、これをそのじやうさいとなせり。
34 かれらここにつみふかたみおきてをかすものどもをきて、みづからをつよめたり。
35 かれらまたぶきりやうしよくとをたくはへ、エルサレムのぶんどりものあつめてこれをかさね、みづかおそるべきわなとなれり。
36 またそれはせいじよたいしてはまちぶせどころとなり、イスラエルにたいしてはえずにくむべきあだとなれり。
37 かれらせいじよまはりつみなきのながして、せいじよけがしたり。
38 エルサレムのたみかれらゆゑのがれ、まちことくにびとすまひとなり、そこにうまれたるものにとりてまちきいなるばしよとなり、まちらはみなまちてたり。
39 そのせいじよあらのごとくあれすたれ、そのまつりびとなり、そのあんそくにちそしりとなり、そのほまれはづかしめとなれり。
40 そのくわうえいしたがひて、そのはぢくははり、そのたかほまれかはりぬ。

41 アンテオコスわうふみをもて、ぜんこくはすべてひとつのたみとなるべきことと、
42 おの〳〵おのおきてつべきことをめいじたり。すべてのたみわうことばけ、
43 イスラエルのおほくのひと〴〵かれれいはいみとめて、ぐうぞういけにへをささげ、あんそくにちけがしぬ。
44 しかしてわうししやによりてふみをエルサレムとユダのまち〳〵とにおくり、かれらに、くにことなれるおきてしたがひ、
45 せいじよけるはんさいいけにへくわんさいとをきんずべきこと、あんそくにちもろ〳〵まつりびをかすべきこと、
46 せいじよせいなるものとをけがすべきこと、
47 ぐうぞうのためにみややしろとをてて、ぶたにくけがれたるけものとをいけにへとすべきこと、
48 そのむすこらかつれいほどこすべからざること、またそのたましひをあらゆるけがればうとくとをもてむべきものとなすべきことをめいじ、
49 かれらをしておきてわすれしめ、またすべてのならはしへしめたり。
50 しかしてわうことばしたがひておこなはざるものは、たれにてもころさるべしといへり。
51 すべてこれらことばしたがひて、かれぜんこくふみおくり、すべてのたみうへかんとくて、ユダのまち〳〵めいじて、まちごといけにへをささげしめたり。
52 たみのうちよりおほくのものどもかれらもとあつめられしが、かれらみなおきてて、そのにもろもろのあくおこなへり。
53 しかしてかれら、イスラエルをして、かれらのもてるかくれがおのれらかくれしめたり。

54 だい百四十五ねんのキスリウのつきの十五にちに、かれらあらにくむべきものをさいだんうへきづき、ユダのまち〳〵おいて、いかなるところにも、ぐうぞうへのさいだんきづきぬ。
55 いへかどぐちにて、またまちちまたにて、かれらかうけり。
56 かれらはまた、おのれらみいだしたるもろ〳〵おきてふみをば、きれ〴〵にさき、にてこれをきたり。
57 けいやくふみをもてるもの、おきてみとむるものみいだされなば、なにびとにてもわうせんこくによりてわたされたり。
58 かくてかれらつきごとに、イスラエルびとむかひ、まち〳〵みいださるるほどひとびとに、そのちからをもてのぞみぬ。
59 そのつきの二十五にちに、かれらかみさいだんうへつくられたるぐうぞうだんうへいけにへをささげたり。
60 しかしてそのらにかつれいほどこせるをんなたちをば、かれらめいれいしたがひてわたしたり。
61 かれらみどりごらを、そのくびのまはりにかけ、かれらいへ〳〵かれらかつれいほどこしたるひと〴〵とをほろぼしぬ。
62 ここにおいてイスラエルのうちのおほくのひと〴〵けがれたるものをくらはざることをけつしんし、みづかかたくこれをさだめたり。
63 にくをもてけがされざらんがため、またせいなるけいやくをかさざらんがために、かれらえらびてねり。
64 かくてイスラエルのうへに、いとおほいなるみいかりきたれり。