ポールを胸に掛けて走れ!

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

Wikisource:文学 < 『死刑宣告

本文[編集]

ポールを胸に掛けて走れ!
萩原恭次郎

脳髄の楷段で休むな!
ヒユームは電波に感じてゐる!
女の唇からは薔薇の花が突き出てゐる!
ポールを胸にかけて走れ!
蒼ざめた電車は無神経だ!
ZA.ZA―RRR.KIKIKI~~~~~~~~~~————

ブリキの心臓にコーヒーを飲み下す!
———散歩道は長方形だ!
ステツキは針金ではなかつたか!
女の心臓は金銭出納器ではなかつたか!
白粉は石灰とセメントではなかつたか!
ぎすつちよの女事務員ではなかつたか!
流行後れの厭世思想ではなかつたか!

ラン ラン ラン ラン
発車の鐘に消える文字ではなかつたか!
エナメルをぬつた義足!
馬の眼のフイルム!
電池の中の仕掛美人!
癩狂院特製自動車の
行き過ぎた後の砂埃りではなかつたか!

ただ 胸にポールを掛けて走れ!
動物も 玩具も 人間も 豚も サナダ虫も 詩人も
愛も生活も 幼虫も スパイも 主義者も 黒パンも
南京虫も——————
すべり出せ 走り出せ 強暴に!

解題[編集]

作者:萩原恭次郎

底本:萩原恭次郎『死刑宣告』日本図書センター〈愛蔵版詩集シリーズ〉(2004年3月25日初版第1刷発行) ISBN 978-4-8205-9599-1

表記について:旧仮名遣いは初版本(1925年10月18日発行、長隆舎書店)のまま、漢字は常用漢字に改めてある。