パンになるのかしら?

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

Wikisource:文学 < 『死刑宣告

本文[編集]

パンになるのかしら?
萩原恭次郎

サクランボーよ!
青葉の下で眠るアタマよ!
思ひ切り円い女のストツキングの転歩!
動物園の真昼間!
ニキビを押す外国領事舘令嬢の腕に残る赤い歯の跡!
こんもり繁る葉影——飛び上つて吠える虎!

電車と飛行船は旅役者の貴族であるか!
麦稈帽は急ぐ——靴が気に入つて鳴るので

目ぶちを隈どつたASAKUSAの豹はころがる!
無数の中の一匹!
腐つた百合の花のKISS!
メガネのはまるやうな眼窩で笑ふ真赤な色!
焼きこげてパンになるのかしら——
「共和国は出現するか?————」
「どうでも勝手に!広告文!」

首がもげて散る——寝台——キアン!
強いけだものにむし毛皮をむかれる私!

解題[編集]

作者:萩原恭次郎

底本:萩原恭次郎『死刑宣告』日本図書センター〈愛蔵版詩集シリーズ〉(2004年3月25日初版第1刷発行) ISBN 978-4-8205-9599-1

表記について:旧仮名遣いは初版本(1925年10月18日発行、長隆舎書店)のまま、漢字は常用漢字に改めてある。