ドナルド・トランプの大統領就任演説

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


演説[編集]

就任演説を行うドナルド・トランプ

ロバーツ最高裁長官カーター大統領、クリントン大統領、ブッシュ大統領、オバマ大統領、そしてアメリカ国民諸君、世界の市民諸君、ありがとう。

我々アメリカ国民は今日、アメリカを再建し、国民への約束を守るための、国家的取り組みに加わった。

我々は共に、今後数年間のアメリカと世界の進路を決める。

我々は数々の試練に直面するであろう。数々の困難と対峙するであろう。だが、きっと成し遂げる。

我々は4年ごとに、秩序ある平和的な政権移行のために集う。政権移行に際するオバマ大統領とファーストレディーミシェル・オバマの寛大な支援に感謝する。彼らは実に素晴らしかった。

しかし、今日の式典は非常に特別な意義を有する。何故なら、今日、我々は単に、ある政権から別の政権に、ある政党から別の政党に移行するのみならず、権限をワシントンD.C.から諸君に、アメリカ国民に返すからである。

余りにも長い間、ワシントンの小さなグループが政府の恩恵にあずかる一方、国民が代償を払ってきた。

ワシントンは栄えてきた――だが、人々はその富を共有していない。

政治家は繁栄してきた――だが、職は失われ、工場は閉鎖されてきた。

支配層は己を守ってきたが、国民を守ってはこなかった。

彼らの勝利は、諸君の勝利ではなかった。彼らが我が国の首都で祝う一方、苦闘する国中の家族らには祝う理由などほとんどなかった。

こうした全てが変わる――まさに今、ここから始まるのである。何故なら、この瞬間は諸君の瞬間だからである。この瞬間は諸君のためにある。

本日ここに集った諸君の、そして、アメリカ中で観ている諸君のためにある。

これは、諸君の日である。諸君の祝典である。

そして、このアメリカ合衆国は、諸君の国なのである。

真に重要なことは、どの政党が政権を握るかではなく、政府が国民によって統治されているかということなのである。

2017年1月20日は、人民が再びこの国の統治者になった日として記憶されるであろう。

忘れられていた国民は、もはや忘れられたりしない。

皆が今、諸君の声を聞いている。

世界が未だかつて見たことのないような歴史的運動の当事者となるべく、数多の人々がやって来た。

この運動の中心には、重要な信念がある。即ち、国家は市民に奉仕するために存在するという信念である。

アメリカ国民は、児童のために素晴らしい学校を、家族のために安全な地域を、そして己のために良い仕事を望んでいる。

これらは善良な公衆が持つ、正当かつ妥当な要求である。

だが、余りにも多くの市民にとって、現実は異なっている。過密地区では母親と児童が貧困にあえいでいる。錆びついた工場が墓石の如く国中に点在している。教育制度に大金を費やしても、若く優れた生徒らは知識を得られずにいる。そして犯罪ギャング薬物が余りにも多くの命を奪い、可能性を国から奪ってきた。

こうしたアメリカの殺戮は、今ここで終わる。

我々は1つの国である――そして、彼らの苦痛は我々の苦痛である。彼らの夢は我々の夢である。そして、彼らの成功は我々の成功である。我々は、1つの心、1つの故郷、そして1つの輝かしい運命を共有している。

本日私がなした宣誓は、全てのアメリカ国民に対する忠誠の宣誓である。

何十年もの間、我々は、アメリカの産業を犠牲にして、外国の産業を富ませてきた。

他国の軍隊を支援する一方、嘆かわしいことに我が軍を消耗させてきた。

他国の国境を守る一方、自国の国境を守ることを拒んできた。

そして、海外で何兆ドルも費やす一方で、アメリカの社会基盤は荒廃し衰退してきた。

他国を富ませる一方、我が国の富や力、そして自信は地平線の彼方に消えていった。

取り残される数多のアメリカの労働者を顧みもせず、工場は次々に閉鎖し、この国を去っていった。

中間層の富は彼らの家庭から奪われ、世界中で再分配されてきた。

だが、それは過去のことである。今、我々は未来のみを見据えている。

今日ここに集った我々は、全ての都市、全ての外国の首都、そして全ての権力機関に対し、新たな命令を発する。本日からは、新たな展望が我が国を統治する。

本日からは、ひたすらアメリカ第一である。

貿易税制移民外交に関する全ての決定は、アメリカの労働者とアメリカの家族を利するために下される。

諸外国による略奪、即ち我々の製品を作り、我々の企業を奪い、我々の雇用を破壊するといった行為から、国境を守らねばならない。保護こそが、偉大な繁栄と力をもたらすのである。

私は全身全霊で諸君のために戦う――諸君を決して失望させはしない。

アメリカは再び勝利し始める。そしてかつてないほど勝利していくであろう。

我々は雇用を取り戻す。国境を取り戻す。富を取り戻す。そして我々の夢を取り戻す。

我々は、新たな道路幹線道路橋梁空港トンネル、そして鉄道を、この素晴らしい国の各地に造る。

我々は、人々を生活保護から脱却させ、再び仕事に戻す。アメリカ人の手で、アメリカの労働力で、我が国を再建する。

我々は2つの簡潔な原則を守る。即ち、アメリカ製品を買い、アメリカ人を雇う。

我々は、世界の国々に友好と親善を求める。ただし、自国の利益を最優先する権利があらゆる国にあるとの理解のもと、これを実行する。

己の生き方を他者に強いるのではなく、皆の模範となるよう己の生き方を輝かせる。

我々は古くからの同盟関係を強化し、新たな同盟を築く――そして、文明社会を結束させ、 過激なイスラームテロリズムを地球上から根絶する。

我々の政治の根本にあるのは、アメリカに対する完全な忠誠心である。そして国家への忠誠心を通じて、国民相互の忠誠心をも再発見するであろう。

愛国心に対して心を開けば、偏見が生まれる余地はない。聖書はいう、「神の民が結束して共に生きる、何と素晴らしく楽しいことであろうか」と。

我々は、胸襟を開いて語り合い、意見が合わなければ率直に議論し、だが常に連帯を追求せねばならない。

アメリカが団結すれば、誰にも止められない。

恐れがあってはならない――我々は守られているし、今後も常に守られ続ける。

我々は、軍隊や法執行機関で働く偉大な男女に守られている。そして何より重要なことだが、我々はに守られている。

最後に、我々は大きく考え、大きな夢を見なければならない。

アメリカでは、努力してこそ国家は存続するということを皆が知っている。話はしても行動がなく、文句ばかりで何もしない政治家など、もう認めない。

無駄話の時間は終わった。

行動を起こすときが来た。

できないなどと言わせてはならない。如何なる試練も、アメリカの心、闘志、魂には敵わない。

我々が失敗することはない。我々は再び成長し、繁栄するであろう。

時代の始まりに立つ我々は、宇宙の謎を解明し、地球をの苦痛から解放し、未来のエネルギーや産業、そして技術を活用する。

国への新たな誇りが我々の魂を鼓舞し、視野を広げ、分断を修復するであろう。

我が国の兵士が決して忘れない、古くからの格言を思い起こす時である。即ち、肌が黒でも褐色でも白でも、我々には同じ愛国者としての赤い血が流れているということである。我々は同じ栄光ある自由を享受し、同じ偉大なアメリカ国旗に敬礼する。

そしてデトロイトの郊外で生まれた児童も、風に吹きさらされたネブラスカで生まれた児童も、同じ夜空を眺め、同じ夢で心を満たし、同じ全能の創造者によって命を与えられている。

だからこそアメリカ人の諸君よ。住む街が近くとも遠くとも、小さくとも大きくとも、山や海に囲まれていようとも、この言葉を聞いてもらいたい。即ち、

諸君は二度と無視されなどしない。

諸君の声、諸君の希望、諸君の夢はアメリカの運命を決する。そして諸君の勇気、善良さ、愛は我々の歩む道を永遠に導く。

共に、我々はアメリカを再び強くする。

我々はアメリカを再び豊かにする。

我々はアメリカを再び誇り高くする。

我々はアメリカを再び安全にする。

そして共に、我々はアメリカを再び偉大にする。

ありがとう。諸君に神のご加護を。アメリカ合衆国に神の永遠のご加護を。

訳註[編集]

外部リンク[編集]

この文書は、アメリカ合衆国においては、同国の著作権法に基づき、同国の連邦政府と雇用関係にある公務員がその職務上作成したアメリカ合衆国政府の著作物17 U. S. C. §105参考和訳))に該当するため、パブリックドメインの状態にあります。また、日本国においては、同国の著作権法13条に規定するもの(憲法その他の法令、通達、判決など)に該当するアメリカ合衆国政府の著作物のみに限り、パブリックドメインの状態にあると解されます。それ以外の国では、当該国の著作権法に基づいて、著作権の対象であるか否かが判断されます。


注意: これは、アメリカ合衆国政府の著作物についてのみ効力を有します。アメリカ合衆国の各、その他の地方自治体が作成した著作物に対しては適用できません。また、日本国著作権法13条に規定するものに該当しないアメリカ合衆国政府の著作物の場合、日本国内において著作権が発生しているものとして扱われることになると解されるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、日本国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。