テサロニケ前書 (ラゲ訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<我主イエズスキリストの新約聖書

『公敎宣敎師ラゲ譯 我主イエズスキリストの新約聖書』公敎會、

1910年発行

〔ローマ・カトリック訳〕

ラゲ訳新約聖書エミール・ラゲ(Emile Raguet,MEP)

テサロニケ前書

第1章[編集]

1パウロ、シルヴァノおよびチモテオ、かみにてましまちちおよしゆイエズス、キリストにるテサロニケじんけうくわいに[しよかんおくる]。 2ねがはくはおんちようへいあんとをなんぢたまはらんことを。われつねなんぢいちどうためかみかんしやたてまつり、きたううちなんぢきねんして、 3たえまなくわがちちにてましまかみみまへおいて、なんぢしんかうわざと、あいらうくと、わがしゆイエズス、キリストにおけきぼうたいてんなることとをきおくす。 4かみあいせられたてまつきやうだいたちよ、われなんぢえらまれししだいれり。 5すなはわれふくいんは、なんぢおいただことばのみにとどまらず、のうりよくおよせいれいによりてまつたかくしんたりき、われなんぢうちりて、なんぢためいかなるものなりしかは、なんぢれるところごとし。 6なんぢまたおほいなるくわんなんりながら、せいれいよろこびもつことばけて、われしゆとをまなものり、 7マケドニア[しう]およびアカヤ[しう]におけいつさいしんじやもはんたるにいたれり。 8けだししゆおんことばは、なんぢよりしてマケドニアおよびアカヤにひびきしのみならず、かみおけなんぢしんかう[のふうひやう]いづこにもゆきわたりたれば、われなにごとをもふをえうせず、 9すなはかれらみづかわれわれことかたり、われなんぢうちりししだいまたなんぢぐうざうりてかみきえし、たまへるまことかみつかまつり、 10ししやうちよりふくくわつせしめたまひしそのおんこすなはきたいかりよりわれすくたまひしイエズスの、てんよりくだたまふをてるしだいふいちやうするなり。

第2章[編集]

1きやうだいたちよ、なんぢうちりしことむなしからざりしは、なんぢみづかこれれり。 2すなはなんぢれるごとく、われかつてフィリッピにおいくるしめられ、はづかしめけたりしも、わがかみしんらいたてまつりて、しゆじゆあらそひうちに、あへかみふくいんなんぢべたるなり。 3けだしわれすすめまよひにもけがれにもあざむきにもよることなく、 4ひとこころむかへんとするがごとくにせず、われこころみとたまかみみむねかなはんとて、かみよりみとめられてふくいんたくせられたてまつりしままかたる。 5またわれへつらひことばかつもちいしことなきはなんぢれるところにして、これこうじつとしてむさぼりしことなきはかみしようたまところなり。 6またわれひとに、すなはなんぢにもたにんにも、めいよもとめず、 7キリストのしととしてなんぢおもんぜらるるをたれども、なんぢうちにてはこどもごとくにりて、あたかも、にゆふぼそのこどもあいいくするごとくなりき。 8なんぢこひしたひてなんぢわがしあいものりたれば、われかみふくいんのみならず、いのちをもなんぢあたへんことをせつのぞれり。 9けだしきやうだいたちよ、なんぢわれらうくきおくせり、なんぢひとりをもわづらはさざらんために、われちうやらうどうして、なんぢうちかみふくいんのべつたへたり。 10われいかせいにしてかつただしくかつとがなく、しんじたるなんぢたいしたるかは、なんぢこれしようし、かみまたこれしようたまところ11またいかちちこどもおけごとく、なんぢおのおのむかひて、 12そのみくにくわうえいとになんぢたまへるかみふさわしくあゆまんことをすすめ、かつしやうれいし、かつこひねがひしかは、なんぢところなり。 13ゆゑまたなんぢが、かみおんことばわれきしときこれもつひとことばず、じじつしかあるがごとく、しんじたるなんぢうちはたらたまかみおんことばとしてけしことを、えずかみかんしやたてまつるなり。 14けだしきやうだいたちよ、なんぢはユデアにおいてキリスト、イエズスにかみしよけうくわいれいしたがへるものれり、かれらがユデアじんよりけしごとくるしみを、なんぢどうはうじんよりけたればなり。 15ユデアじんしゆイエズスをもよげんしやたちをもころし、またわれはくがいしたるに、なほかみみこころかなはず、しゆうじんてきたいし、 16われいはうじんすくひさせんとてかたことこばみ、かくごとくにしてつねおのつみたす、れどかみおんいかりかれらうへおよびてそのきよくいたれり。 17きやうだいたちよ、われぐわいけんじやうしばしなんぢはなれしも、こころはなれず、ひとしほはやなんぢかほことせつぼうせり。 18すなはわれなんぢいたらんとし、ことわれパウロはひとたびふたたびしかしたれど、サタンはわれさまたげたり。 19けだしわれきぼうあるひよろこびあるひほこるべきかんむりなんぞ、わがしゆイエズス、キリストのかうりんときみまへおいなんぢそれなるにあらずや、 20なんぢじつわれくわうえいにしてかつよろこびなればなり。

第3章[編集]

1このゆゑもはやたへずして、われのみアデンスにとどまるをしとし、 2われきやうだいにしてキリストのふくいんおけかみえきしやたるチモテオをなんぢつかはせり。これしんかうきてなんぢけんごならしめかつしやうれいし、 3かかくわんなんうちりてひとりだもうごかされざらしめんためなり、われくわんなんさだめられたることは、なんぢみづかところ4けだしなんぢうちりしときも、われかならくわんなんふべきをあらかじなんぢたりしが、はたしてなりきたれるはなんぢところなり。 5このゆゑわれもはやたへずして、なんぢしんかういかんらんためひとつかはせり、あるひいざなものなんぢいざなひて、われはたらきむなしくならんことおそれたればなり。 6しかるにチモテオなんぢもとよりわれもときたりて、なんぢしんかうあいとのよろこばしきおとづれつたへ、またなんぢつねわれきてきおくたもち、われことのぞめるは、あたかわれなんぢことのぞめるにひとしとのふくいんげたれば、 7これによりてきやうだいたちよ、われもろもろなやみこんなんとのうちりながら、なんぢきて、なんぢしんかうもつなぐさめたり。 8すなはなんぢだにしゆおいたば、われいまいきかへるなり。 9けだしわがかみみまへおいて、なんぢきてわれよろこべるいつさいよろこびは、いかなるかんしやもつてかなんぢためかみむくたてまつるをべき。 10われなんぢかほことと、なんぢしんかうけたるところおぎなはんこととを、ちうやせついのるなり。 11ねがはくはわがちちにてましまかみおんみづから、またわがしゆイエズス、キリスト、われみちびきてなんぢいたらしめたまはんことを。 12ねがはくはあひたがひあひだおいても、またしゆうじんたいしても、なんぢあいかつゆたかならしめたまはんことを。われなんぢたいするもまたかくごとし。 13これなんぢこころせいとくかため、わがしゆイエズス、キリストそのしよせいじんともきたたまはんときわがちちにてましまかみみまへとがむべきところなからしめんためなり、アメン。

第4章[編集]

1きやうだいたちよ、われしゆイエズスにりてなんぢもとかつこひねがふ、いかあゆまばかみみこころかなふべきかは、なんぢかつわれよりきたるところなれば、そのごとくにあゆみてますますすすまんことを。 2しゆイエズスをもつて、いかなるけうくんなんぢあたへしかは、なんぢこれればなり。 3けだしかみみむねなんぢせいたらんことり、すなはなんぢみづかしつうきんじ、 4おのおのかみらざるいはうじんごとじやうよくのぞみまかせずして、 5そのうつはしんせいかつたふとたもことり、 6またたれこのこときてきやうだいあざむかずかつがいせざるにり、しゆこれいつさいことむくたまへばなり、われすであらかじなんぢかたかつしようしたるがごとし。 7けだしかみわれたまひしは、ふけつためあらずして、せいたらしめんためなり。 8ゆゑこれことかろんずるひとは、ひとかろんずるにあらず、われそのせいれいをもたまひたるかみかろんじたてまつるなり。 9きやうだいてきあいきては、われなんぢかきおくるをえうせず、なんぢみづかかつあひあいすることかみよりまなびたればなり。 10けだしマケドニアいつぱんすべてのきやうだいたいして、なんぢすでこれせり。れどきやうだいたちよ、われなんぢますますゆたかにして、 11なんぢめいぜしごとく、つとめて、おちつきておのげふいとなみ、てわざし、またそとひとびとたいしてただしくあゆみ、ひとなにものをものぞまざらんことねがふなり。 12[11]なんぢめいぜしごとく、つとめて、おちつきておのげふいとなみ、てわざし、またそとひとびとたいしてただしくあゆみ、ひとなにものをものぞまざらんことねがふなり。 13[12]きやうだいたちよ、えいみんせるひとびときては、なんぢきぼうなきひとびとごとなげかざらんために、なんぢらざるをこのまず、 14[13]けだしわれもしイエズスのたまかつふくくわつたまひしことをしんぜば、またかみえいみんせしひとびとをイエズスにおいこれともたづさたまはん[ことをしんずべきなり]。 15[14]すなはわれしゆおんことばりてなんぢぐ、しゆさいりんときいきのこわれは、えいみんせしひとびとさきだことなかるべし。 16[15]けだしごうれいだいてんしこゑかみらつぱあひづに、しゆみづかてんよりくだたまひ、キリストにししやまづふくくわつすべし、 17[16]つぎいきのこわれは、かれらともくもとりげられてくうちゆうにキリストをむかへ、かくいつしゆともるべし。 18[17]ればなんぢこれことばもつあひなぐさめよ。

第5章[編集]

1きやうだいたちよ、じだいじこくとにきては、なんぢかきおくらるるをえうせず、 2しゆやちゆうぬすびとごとくにきたるべきことを、みづかたしかればなり。 3ひとびとあんしんあんぜんくちにせんときほろびにんぷおけるぢんつうごとにはかきたりて、かれらのがれざるべし。 4きやうだいたちよ、なんぢくらやみあらざれば、かのぬすびとごとなんぢおそふまじ、 5なんぢみなひかりひるにして、われよるのものくらやみのものにあらざればなり。 6ればわれひとびとごとねむるべからず、しかめてせつせいすべし。 7けだしねむひとやちゆうねむり、ひとやちゆうふ、 8れどひるのものたるわれせつせいして、しんかうあいとのよろひけ、たすかりきぼうかぶとすべし。 9かみわれたまひしは、いかりはしめんためあらず、わがしゆイエズス、キリストにりてたすかりさせんためなればなり。 10てイエズス、キリストのわれためたまひしは、われをしてさむるもねむるもかれともせいくわつせしめんためなり。 11ゆゑなんぢすでせるがごとく、たがひなぐさめてたがひとくてしめよ。 12きやうだいたちよ、ねがはくはなんぢうちはたらき、なんぢしゆおいつかさどり、かつちゆうこくするひとびとり、 13そのげふによりてもつとあつこれあいせよ、あひたがひわがふせよ。 14きやうだいたちよ、こひねがはくはおちつかざるひとびといましめ、らくたんせるものなぐさめ、よわものたすけ、すべてのひとかんにんせよ。 15たれひとたいしてあくもつあくむくいざることこころがけ、あひたがひまたすべてのひとたいして、いつきことをつゐきうせよ。 16つねよろこべ、 17えずいのれ、 18なにごとおいてもかんしやたてまつれ。これなんぢいちどうおいてキリスト、イエズスにれるかみみむねなればなり。 19れいすことなかれ、 20よげんかろんずることなかれ、 21なにごとをもためしてきものをまもれ。 22いつさいあくたぐひよりとほざかれ。 23ねがはくはへいあんかみおんみづから、なんぢまつたせいならしめたまひて、ことごとなんぢせいしんれいこんしんたいまもり、わがしゆイエズス、キリストのさいりんときとがむべきところなからしめたまはんことを。 24なんぢたまひしものはしんじつにてましませば、このことをもたまふべし。 25きやうだいたちよ、われためいのれ。 26せいなるせつぷんもつすべてのきやうだいよろしくつたへよ。 27せいなるすべてのきやうだいこのしよかんよみかせんことを、われしゆによりてなんぢこひねがふ。 28ねがはくはわがしゆイエズス、キリストのおんちようなんぢともらんことを、アメン。