盗まれた細菌とその他の事件/ダイヤモンド・メーカー

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


ダイヤモンド・メーカー

ある仕事のために、夜の9時までチャンセリー・レーンに留まっていた。その後、頭痛の予感がして、娯楽も仕事もする気になれなかった。狭い交通路の高い崖から見える空は、穏やかな夜を物語っていた。私は、エンバンクメントまで下り、川面に映る様々な光を見て目を休め、頭を冷やそうと思った。慈愛に満ちた闇が水の汚れを隠し、この過渡期の時代の光、赤く輝くオレンジ、ガスイエロー、電気の白が、灰色から深紫までのあらゆる色合いの影の輪郭の中に置かれているのだ。ウォータールー橋のアーチを通して、100個の光の点がエンバンクメントの広がりを示し、その欄干の上にはウェストミンスターの塔が星明かりに照らされた暖かい灰色でそびえ立っている。黒々とした川は、ごくわずかな波紋がその静寂を破り、水面を泳ぐ光の反射を乱すだけである。

「暖かな夜ですね」と私のそばで声がした。

振り向くと、傍らの欄干から身を乗り出している男の横顔が見えた。洗練された顔立ちで、顔色は悪くないが、つんとしていて、コートの襟を立てて喉元に留めているのが、制服のようにその人の地位をはっきりと示していた。私は彼に答えれば、ベッド&ブレックファストの値段を約束されたような気がした。

私は好奇心を持って彼を見た。彼はお金になるような話をしてくれるのだろうか。それとも、自分の話すらできないような、よくある無能な人なのだろうか。彼の額と目には知性があり、下唇にはある種の震えがあり、それが私を決定づけた。

私は「とても暖かいですね。でも、ここにいる私たちにとっては暖かすぎません。」と言った。

「いや、ここは十分に快適だよ... 今のところは。」彼はまだ海の向こうを見ながら言った。

暫くして彼は続けた。「ロンドンでこのような安らぎのあるものを見つけるのは良いことだ。一日中、仕事に追われ、義務を果たし、危険を回避することに頭を悩ませていた人が、このような平和なコーナーがなかったら、何をしていたかわかりません。」彼は文章と文章の間に長い沈黙を置いて話した。"「君は世の中の厄介な労働を少しでも知っていなければ、ここにはいないだろう。しかし、あなたが私のように頭も足も疲れることができるかどうかは疑問である。バーン!時々、ゲームがロウソクに値するかどうか疑問に思う。名声も富も地位もすべて投げ捨てて、ささやかな商売をしたいと思う。でも、彼女に利用されているだけの野心を捨てれば、残りの人生には後悔しか残らないでしょうね。」

彼は黙ってしまった。私は驚いて彼を見た。どうしようもなく苦労しているのは、私の目の前にいる男だったのだ。ボロボロで、汚くて、髭も剃らず、手入れもせず、まるで一週間もゴミ箱に放置されていたかのようだった。そして彼は、大企業の厄介な悩みを私に話していた。私は大笑いしそうになった。彼は気が狂っているのか、それとも自分の貧しさを哀れに思って冗談を言っているのか。

「高い目標や高い地位には、苦労や不安という欠点があるが、それを補うものがある。影響力、善行を行う力、自分よりも弱く貧しい人々を助ける力、そして見せびらかすことで得られるある種の満足感もあります。」と私は言った。

このような状況下での私の冗談は、非常に下品なものだった。私は、彼の外見や話し方が対照的だったことから、咄嗟に話したのです。喋っている間にも申し訳なくなってきた。彼は憔悴した、しかし非常に落ち着いた顔を私に向けた。彼は言った。「私は自分を忘れていた。もちろん、あなたは理解できないでしょう。」

彼はしばらくの間、私を窺っていた。「間違いなく非常に不合理です。あなたに話しても信じてもらえないでしょうから、あなたに話すことはかなり安全です。それに、誰かに話すことで安心できるでしょう。私は本当に大きな事業を手にしている、とても大きな事業です。しかし、今、問題が起きています。事実は......。私はダイヤモンドを作っているのです。」

私は、「あなたは今、仕事をしていないのではないか?」と聞いた。

彼は急にボタンを外し、首から紐で下げていた小さな帆布性の鞄を取り出した。その中から茶色い小石を取り出した。「それが何なのか、あなたは知っていますか?」と言って、私にそれを渡した。

1年ほど前、私はロンドンの科学の学位を取ることで余暇を過ごしていたので、物理学と鉱物学を少々学んでいた。暗い色のダイヤモンドの原石に似ているが、大きすぎて親指の先ほどの大きさがある。受け取ってみると、それは正八面体の形をしていて、鉱物の中でも最も貴重なもの特有の曲面を持っていた。私はペンナイフを取り出して引っ掻いてみたが、うまくいかなかった。ガス灯に向かって身を乗り出し、腕時計のガラスで試してみると、非常に簡単に白い線が描かれた。

私は好奇心の赴くままに対談相手を見た。「確かにダイヤモンドに似ていますね。しかし、もしそうだとしたら、それはダイヤモンドのベヒモスだ。どこで手に入れたのですか?」

「私が作ったと言っているでしょう、返してください。」と彼は言った。

そう言うと、彼は急いでそれを取り替え、上着のボタンをかけた。「100ポンドで売ってあげます。」と突然熱心に囁いた。これで私の疑念は晴れた。それは、コランダムというほとんど同じ硬さの物質の塊で、たまたまダイヤモンドに似た形をしているだけなのかもしれない。あるいは、もしそれがダイヤモンドだとしたら、彼はどうやってそれを手に入れ、なぜ100ポンドで売り出すのだろうか?

私たちはお互いに目を見合わせた。彼は熱心だったが、正直言って熱心だったようだ。その瞬間、私は彼が売ろうとしているのはダイヤモンドだと思った。しかし、私は貧乏なので、100ポンドでは目に見えて財産が減ってしまうし、まともな人間なら、ガス灯の下で、個人的な保証だけで、ぼろぼろの浮浪者からダイヤモンドを買うようなことはしない。しかし、この大きさのダイヤモンドを見ると、何千ポンドもの金額が思い浮かんでくる。私は、このような石は、宝石に関するあらゆる書物に記載されずには存在し得ないだろうと考え、また、ケープでの密輸や軽い指のカフィアの話を思い出した。私は、購入するかどうかという問題は一旦脇に置いておいた。

「どうやって手に入れたのですか?」と私は言った。

「私が作った。」と彼は答えた。モワッサンの話は聞いたことがあったが、彼の人工ダイヤは非常に小さいことは知っていた。私は首を横に振った。

「あなたはこの種のことを何となく知っているようですね。私のことを少し話してみましょう。そうすれば、あなたも購入を考え直すかもしれません。」彼は川に背を向けて振り返り、ポケットに手を突っ込んだ。彼はため息をついた。"信じてもらえないかもしれませんが...。」

「ダイヤモンド」と彼は語り始めた。彼の声は旅人のかすかな香りを失い、教養ある男性の穏やかなトーンになった。「適切なフラックスと適切な圧力の下で、炭素を組み合わせて投げ出すことで作られます。このようなことは何年も前から化学者の間で知られていたが、炭素を溶かすのに適したフラックスや、最良の結果を得るための適切な圧力を誰も思いつかなかったのである。そのため、化学者が作ったダイヤモンドは小さくて暗く、宝石としての価値はない。今、私はこの問題に人生をかけている。」

「私は17歳の時にダイヤモンドの製造条件の研究を始め、今は32歳になった。私には、10年、20年と人間のすべての思考とエネルギーが必要になるかもしれないが、たとえそうなったとしても、このゲームにはろうそくの価値があると思えたのだ。仮に、秘密がばれてダイヤモンドが石炭のように一般的になる前に、最後に正しいトリックを打ち出したとしたら、何百万ドルもの利益が得られるかもしれません!」

彼は立ち止まり、私の共感を求めた。彼の目は貪欲に輝いていた。彼はこう言った。「考えてみると、私はすべての危機に瀕していて、しかもここにいる!。」

「私は21歳の時に約1,000ポンドを持っていたが、これを少しの教育で補えば、私の研究は続けられると思った。1、2年は主にベルリンで勉強し、その後は自力で続けた。問題は秘密主義だった。もし私が自分のやっていることを一度でも公表したら、他の人たちは、私がそのアイデアの実現可能性を信じて拍車をかけてしまったかもしれませんね。私が本当に山を作るつもりなら、それが人工的な製法であり、1トン単位でダイヤモンドを生み出すことができると人々に知られないようにすることが重要だったのだ。だから、私は一人で仕事をしなければならなかった。最初は小さな実験室を持っていたが、資金が尽きると、ケンティッシュ・タウンの家具のない粗末な部屋で実験をすることになった。お金はどんどん減っていった。私は、科学機器以外のすべてのものを恨んだ。しかし、私はあまり良い教師ではありませんし、大学の学位もなく、化学以外の教育も受けていないので、わずかなお金で多くの時間と労働を提供しなければならないことがわかった。しかし、私はだんだんとその問題に近づいていった。3年前、私はフラックスの組成の問題を解決し、閉じた銃筒に私のフラックスとある炭素の組成物を入れ、水を入れてしっかりと密閉し、加熱することで必要な圧力に到達する事ができた。」

彼は立ち止まった。

「かなり危険ですね」と私は言った。

「しかし、ダイヤモンドパウダーのようなものはできた。結晶化させるための溶融混合物に大きな圧力をかけるという問題について、私はパリのプードル・サルペートル研究所のドーブレの研究にたどり着いた。彼はダイナマイトをねじ込み式の鋼鉄製シリンダーの中で爆発させていたが、これは破裂しないほど強力で、私は岩石を砕いて、ダイヤモンドが発見される南アフリカの鉱床と同様の泥状にすることができることを発見した。私の資源には多大な負担がかかったが、彼の型を参考にして、私の目的のために鋼鉄製のシリンダーを作ってもらった。私はすべての材料と爆薬を入れて、炉で火を起こし、すべての心配事を入れて、そして散歩に出かけた。」

私は彼の淡々とした態度に思わず笑ってしまった。「家が吹き飛ぶとは思わなかったのですか?この家には他にも人がいたのですか?」

「科学のためだった 下の階には原価屋の家族がいて、私の後ろの部屋には乞食の手紙を書く人がいて、2階には花魁が2人いた。ちょっと軽率だったかもしれない。しかし、もしかしたら何人かは外出していたかもしれない。」と彼は最後に言った。

「私が帰ってきたときには、白熱した炭の中に置いたままになっていた。爆発物はケースを破裂させていなかった。そして、私は問題に直面した。結晶化には時間が重要な要素であることはご存じだろう。急いでやると結晶が小さくなり、長時間放置しないと大きくならない。私は、この装置を2年間かけて冷やし、その間に温度をゆっくり下げようと決めた。しかし、私にはもうお金がなかった。大きな火事と部屋の家賃、それに空腹を満たすために、所持金が尽きていた。」

「ダイヤモンドを作っている間、どんな仕事をしていたか、とても語り尽くせません。新聞を売ったり、馬を乗せたり、タクシーのドアを開けたりした。何週間も封筒の宛名書きをした。私は、手押し車を持っている人の助手をしていて、彼が道の片側に電話をかけている間、私は道の反対側に電話をかけていた。一週間、何もすることがなくて、物乞いをしたこともあった。その一週間は何だったのだろう。ある日、火が消えて一日中何も食べていなかった時、女の子を連れ出した小僧が、見せびらかすように私に6ペンスをくれた。虚栄心に感謝します。魚屋の匂いがしたよ しかし、私はそれを全部炭火に使ってしまい、炉を真っ赤にしてしまった。そして...まあ、空腹は男を馬鹿にする。」

「ついに3週間前、私は火を消した。私はシリンダーを手に取り、手が痛くなるほど熱いうちにネジを外し、崩れ落ちた溶岩のような塊をノミで掻き出し、鉄板の上でハンマーで粉にした。すると、大きなダイヤモンドが3個、小さなダイヤモンドが5個見つかった。私が床に座ってハンマーで叩いていると、ドアが開いて、隣人の乞食作家が入ってきた。彼はいつものように酔っ払っていた。「ネルシスト」と彼は言った。「酔っているな」と私が言うと、「構造的な悪党だな」と彼が言った。お父さんのところへ行きなさい」と私は言ったが、それは嘘つきの父のことだった。「気にするな」と彼は言って、私にずるいウインクをし、しゃっくりをして、ドアに寄りかかって、もう片方の目をドアの柱に当てながら、いかに自分が私の部屋を覗いていたか、その朝、警察に行ったこと、警察が彼の言ったことをすべて書き留めたこと、などをしゃべり始めた。その時、私はふと自分が窮地に立たされていることに気づいた。この警察に自分の小さな秘密を話して、全部吹き飛ばされるか、アナキストとして足止めを食らうかのどちらかだ。そこで、私は隣人に近づき、彼の襟首を掴んで少し転がしてやり、ダイヤモンドを集めて出て行ったのです。夕刊紙は私の隠れ家を「ケンティッシュ・タウンの爆弾工場」と呼んだ。そして今、私は愛やお金のために、その物を手放すことができません。」

「有名な宝石店に行くと、待ってくれと言われ、店員に小声で警察官を呼ぶように指示していた。また、盗品を受け取った人を見つけたのだが、彼は私が渡したものに固執し、返して欲しければ告訴しろと言った。私は今、数十万ポンド相当のダイヤモンドを首から下げて、衣食住もままならない状態で旅をしている。あなたは、私が初めて信頼した人です。でも、あなたの顔が好きだし、私は頑張り屋だから。」

彼は私の目を覗き込んだ。

「このような状況でダイヤモンドを買うのは狂気の沙汰だと思いますよ。それに、私は何百ポンドものお金をポケットに入れているわけではありません。しかし、私はあなたの話を半分以上信じています。もしよろしければ、明日、私の事務所に来てください......。」

「あなたは私が泥棒だと思っているのか!あなたは警察に言うだろう。罠にはかかりませんよ。」と彼は鋭く言った。

「どういうわけか、あなたが泥棒ではないと確信しています。ここに私の名刺があります。とにかくこれを持って行ってください。約束の時間に来る必要はありません。好きなときに来てください。」

彼は名刺を受け取り、私の善意の証とした。

私は「よく考えてから来てください」と言った。

彼は怪訝そうに首を振った。「あなたが驚くような利子をつけて、いつかあなたの半クラウンをお返ししますよ。とにかく、このことは秘密にしておいてくれませんか?付いてこないで下さい。」と言った。

彼は道を渡り、暗闇の中をエセックス通りに続くアーチの下の小さな階段に向かって行き、私は彼を行かせた。そして、それが彼を見た最後となった。

その後、彼から2通の手紙が来て、ある住所に小切手ではなく銀行券を送ってほしいと頼まれた。私はこの問題を熟考し、最も賢明だと思われる方法を取った。一度だけ、外出中の私に彼が声をかけてきたことがある。小僧によると、彼はとても痩せていて、汚れていて、ボロボロで、ひどい咳をしていたという。彼はメッセージを残さなかった。私の話では、それが彼の最後だった。私は時々、彼がどうなってしまったのかと思う。彼は独創的な偏執狂だったのか、それとも小石の詐欺師だったのか、それとも彼が主張したように本当にダイヤモンドを作ったのか。後者は十分に信憑性があるので、人生で最も輝かしい機会を逃してしまったのではないかと思うことがある。もちろん、彼は死んでいるかもしれないし、彼のダイヤモンドは無造作に捨てられているかもしれない。あるいは、まだ物を売ろうとしてさまよっているかもしれない。彼が社会に姿を現し、富裕層や宣伝上手な人たちが神聖視する穏やかな高度で私の天を横切り、私の進取の気性のなさを静かに非難する可能性もある。私は時々、せめて5ポンドくらいのリスクを冒してもよかったのではないかと思う。

この著作物は、1946年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。