ソ連チェルノブイリ原子力発電所における事故に関する国会決議

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


衆議院[編集]

去る4月下旬,ソ連チェルノブイリ原子力発電所で発生した事故は,我が国を含め,世界各国に強い衝撃を与えている。

よって,政府は速やかに関係諸国とも協力しつつ,次の諸点について適切な措置を講ずべきである。

1.事故の状況,原因等に関する情報の速やかな公開をソ連に働きかけること。

2.国際原子力機関を中心とした国際協力のもとに,事故の原因究明,情報分析等に努め,国内における安全の確保と安全規制に十分反映させること。

3.本件事故に関し,放射能対策に万全を期すること。

右決議する。

参議院[編集]

去る4月下旬,ソ連邦チェルノブイリ原子力発電所で発生した事故は,我が国を含め,世界各国に強い衝撃を与えている。

よって,政府は速やかに関係諸国と協力しつつ,次の諸点について適切な措置を講ずべきである。

1.事故の状況,原因等に関する情報の速やかな公開及び提供をソ連邦に求めること。

2.国際原子力機関を中心とし,事故の原因究明,情報分析等に努めるとともに,本件のような事故が発生した場合の国際的対応のあり方について討議し,早期実現を図ること。

3.国内の原子力発電所における安全の確保と安全規制に事故の教訓を十分反映させること。また,環境放射能調査体制を充実強化するなど放射能対策に万全を期すること。

右決議する。

出典[編集]

この著作物は、日本国著作権法10条2項又は13条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同法10条2項及び13条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 憲法その他の法令
  2. 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
  3. 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  4. 上記いずれかのものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの
  5. 事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道

この著作物は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、“制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料”が含まれます。