ザビエル頌徳碑

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

平和の使徒聖フランシスコザビエルは、日本人に大きな希望と愛情を胸に抱いて、一五四九年八月十五日わが鹿児島に上陸しました。ザビエル聖師は、日本に初めてキリスト教を伝えたばかりでなく、更に尚、欧洲の文化をもたらし日本文化に大きな影響をあたえました。ここに聖師の鹿児島上陸四百年の年を迎えるにあたり、記念公園を設け、その崇高偉大なる精神を永久にたゝえるものであります

昭和二十四年八月十五日

鹿児島市長 勝目清

この著作物は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


注意: ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。アメリカ合衆国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。