サンフランシスコ条約草案

提供: Wikisource
移動先: 案内検索
ウィキソースを初出とする翻訳  この翻訳(現代語訳を含む)はウィキソースを初出とするものであり、出版などの一般的な過程を経ることによる査読を受けていません。ウィキソースはこの翻訳の品質を保証しません。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。

 

1949年12月29日版米国草案[編集]

AgendaChapterII Article3ChapterII Article6

第二章 領域[編集]

第三条[編集]

1. 日本の領土は本州、九州、四国、北海道の主要4島及び隣接する全ての小島からなる。
小島には、内海(瀬戸内海)の島、対馬、竹島(リアンクール岩礁)、隠岐列島、佐渡、
奥尻、礼文、利尻、及び対馬、竹島、礼文の遠方の岸を結ぶ線の内側にある日本海の他の
全ての島、五島列島、北緯29度以北の琉球諸島、及び東経127度以東且つ北緯29度以北に
ある東シナ海の全ての島、最南端孀婦岩(ロトの妻)を含む伊豆諸島、及びフィリピン海
の名前を付与された島よりも主要4島に近い他の全ての島、及び北緯43度35分、東経145度
35分から北緯44度、東経146度30分を結ぶ線の南東側に位置し、北緯44度に平行して真東
に引いた線の南側に位置する歯舞諸島及び色丹を含む。上記で確認した島の全てが3マイル
の領海を含め日本に帰属する。

1950年7月付国務省による草案解説[編集]

SF DRAFT 491229 Department of State 01.jpgSF DRAFT 491229 Department of State 02.jpgSF DRAFT 491229 Department of State 03.jpgSF DRAFT 491229 Department of State 04.jpgSF DRAFT 491229 Department of State 05.jpg

 竹島(リアンクール岩礁) - 二つの無人島である竹島は、日本と朝鮮からほぼ等距離の日本海にあり、日本により1905年に正式に領有権が主張され、明らかに韓国から抗議されることなく、島根県隠岐島支庁の管轄下に置かれた。それらは海驢の飼育場となり、長い間日本の漁師が島に渡り、いくらかの時期が移行されたことを記録が示す。島々は米軍により爆撃場として占領中に使用され、そして気象及びレーダー基地用地として転用可能な価値を持つ。