カルタの札をかき廻してゐると

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

Wikisource:文学 < 『死刑宣告

本文[編集]

カルタの札をかき廻してゐると
萩原恭次郎

カルタの札をかき廻してゐると
 ————骨と骨の抱擁
 ————みぢんになつた淫売婦の骨粉
 ————強いアルコールの幾滴
 ————血の乾からびついた金貨
 ————もみくちやにされた性慾が微かに匂つてゐる
 ————殺人と虚偽と接吻と
 ————若い倶楽部の男女の骨が消えかゝつてゐる
カルタの札をかき廻してゐると
私の思ひ出の友達は今はみな死人である!

解題[編集]

作者:萩原恭次郎

底本:萩原恭次郎『死刑宣告』日本図書センター〈愛蔵版詩集シリーズ〉(2004年3月25日初版第1刷発行) ISBN 978-4-8205-9599-1

表記について:旧仮名遣いは初版本(1925年10月18日発行、長隆舎書店)のまま、漢字は常用漢字に改めてある。