エジソンは新しい戦争装置に取り組んでいる

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動



エジソンは新しい戦争装置に取り組んでいる


イーグルロックに研究所を設置し、警備された建物の中で昼夜を問わず作業を行う

__________


潜水艦のモデルを持つ

__________


長さ16フィートの小型潜水艦は、ウェストオレンジに保管されていると言われている


ニューヨーク・タイムズ紙の特集

2月17日、ニュージャージー州オレンジ。- トーマス・A・エジソンは、ニューヨーク市、アッパーベイ、スタテン島の一部を見渡せるウェストオレンジのイーグルロックに特別な研究所を設立し、米国政府の専門家と共同で研究を行っている。その作業は夜遅くまで行われているが、何をしているのかは秘密で、常に警備員が巡回しているという。

エジソン氏は海軍コンサルティング委員会の会長を務めている。

エジソン社の本社工場から1ブロック離れたウエストオレンジのコロンビア通りに、窓ガラスが覆われ、窓には鉄格子がついた大きな建物がある。確かな筋からの情報によると、今日、エジソン氏はこの建物の中に16フィートの潜水艦の実働モデルを持っており、これがヘンリー・フォード氏の「要請があれば一日に1000隻の一人乗り潜水艦を作ることができる」という発言の根拠になったと言われている。

イーグルロック研究所は、エセックス郡公園委員会がイーグルロック保留地に建てた大きな施設である。しばらく前に、エジソン氏にこの建物の使用を許可した。多くの機械が設置されており、太いケーブルからはかなりの電力が使われていることがわかる。装置の一つは望遠鏡で、望遠鏡を覗いた人の言葉を借りれば、「手を伸ばせばビルに触れられそうなほどニューヨークが近くなった」という。

この場所には、回路を示すために様々な色の絶縁体で覆われた数種類の電線のケーブルで構成された回路が設置されている。あちこちに電流を機器に流すためのタップが設置されている。エジソン氏は、実験を始めると文字通り大暴れするが、秘書のウィリアム・H・メドウクロフト氏によると、今は1日20時間を政府のために費やしているという。

イーグルロック研究所は、エジソン氏の主な研究所と同様に、彼が「不眠症部隊」と呼ぶ者たちが連日仕事をするための設備が整っている。時には何日も建物から出ず、用意されたベッドで寝ることもあるという。

ある関係者の話によると、エジソン氏が特に興味を持っているのは、装置の操作者が遠くを見ることができるが、光自体は狙ったところからは見えないという発明である。エジソン氏は少し前に、「必要なのは、これまでに想像もされなかったような、まったく新しい戦法だ」と語っていた。エジソン氏はそのような工夫を光の中に施しているのかもしれない。

脚注[編集]


原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。