イソップ童話集/のどのかわいたはと

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
ある、てんきのよい日、一羽のはとが晴れたそらを、たのしげに、とびまわって居ましたが、そのうちに、のどがかわきだして、たまらなくなりました。
どんなちょっぴりの水でもいいから、のみたいものだとおもって、とびながらさがしまわっている中に、ふと、ある家ののきのところに、なみなみと水のはいっているコップを見つけました。はとはうれしさにとびたつような思いで、いきおいこんで、そのコップにとびつきました。
すると、どうでしょう、ガタンと大きな音がしたと思うと、はとは、くちばしや、あたまに、ひどいけがをして、下のとおりみちへ、なげだされてしまいました。はとがコップだと思ったのは、それはかんばんにかいてあったコップの絵だったのです。
かんばんにぶっつかって、大けがをしたはとは、地の上で、ばたばたくるしんでいるところを、そのへんの、いたずら子供たちに、つかまえられてしまいました。