アタナシオス信条

提供: Wikisource
移動先: 案内検索
  1. 凡て救われたいと願う者は、何よりも公同の信仰を保つことが必要である。
  2. その信仰を、何人も、完全にしかも汚されることなく守るのでなければ、疑いもなく永遠に滅びるであろう。
  3. 公同の信仰とはこれである。我らが一つなる神を三位において、三位を一体において、礼拝することである。
  4. しかも、位格を混同することなく、本質を分離することなく。
  5. 御父の位格あり、御子の位格あり、聖霊の位格がある。
  6. しかし、御父と御子と聖霊との神性は一つであり、み栄は等しく、稜威(みいつ)も等しく永遠である。
  7. 御父のあり給う如く御子もそのようであり、聖霊もそのようである。
  8. 御父が造られていないように、御子も造られていない、聖霊も造られていない。
  9. 御父が量りがたいように、御子も量りがたく、聖霊も量りがたい。
  10. 御父が永遠であるように、御子も永遠であり、聖霊も永遠である。
  11. しかも、三つの永遠なるものではなく、一つの永遠なるものである。
  12. また、三つの造られたるものではないように、三つの量りがたいものではなく、一つの造られざるもの一つの量りがたいものである。
  13. 同じように御父は全能である。御子も全能である。聖霊も全能である。
  14. しかも、三つの全能なるものではなくて、一つの全能なるものである。
  15. かくの如く、御父は神であり、御子も神であり、聖霊も神である。
  16. しかも三つの神ではなくて、一つの神である。
  17. かくの如く御父は主であり、御子も主であり、聖霊も主である。
  18. しかも、三つの主ではなく、一つの主である。
  19. なぜならば我らが、キリスト教の真理によって、各位が個々に、神であり主であると告白せざるを得ないようにされるように。
  20. そのように、三つの神、三つの主ということは、公同の宗教によって、我らは禁ぜられているのである。
  21. 御父は何物からも形成されたのでもない、すなわち、造られたものでもなく生まれたものでもない。
  22. 御子は御父からのみ出でたもので、形成されたものでもなく、創造されたものでもなく、生まれたのである。
  23. 聖霊は、御父と御子とより出で、形成されたものでもなく、創造されたものでもなく、生まれたのでもなく、発生したのである。
  24. それ故に、一つの御父であって、三つの御父ではなく、一つの御子であって、三つの御子ではなく、一つの聖霊であって、三つの聖霊ではない。
  25. しかして、この三位においては、なにものも、よりさきにあるものはなく、より後であるものもない、より大いなるものもなく、より小さきものもないのである。
  26. 三位が全部そのまま、同様に永遠であり、同様に相等しい。
  27. かくて、すでに上に述べた如く、あらゆることを通じて、三位において一体が、一体において三位が礼拝されるべきである。
  28. それ故に、救われたいと願う者は、三位一体をこのように考えなければならない。
  29. しかし、永遠の救のために必要なことは、我らの主イエス・キリストの受肉についてもまた正しく信ずることである。
  30. なぜならば、正しい信仰とは、神の御子なる我らの主イエス・キリストは、神にして人なることを信じ告白することであるからである。
  31. 神とは、御父の本質より出で、代々のさきより生まれたまえること、人とは御母の本質より出で、この代に生まれたまえることである。
  32. 完全なる神であって、人間の魂と人間の肉をとって生き給うのである。
  33. 神性においては、御父と等しく、人性においては、御父より小さくあり給う。
  34. 神にして人であり給うにもかかわらず、しかも二つではなく、一つのキリストである。
  35. しかも、神性が肉に変ったために、一つであるのではなく、神のうちに人性をとり給うことによるのである。
  36. 全く一つである、しかも本質の混同のためではなく、位格の一つであるためである。
  37. なぜならば、人間の魂と肉とが一つの人間であるように、神と人とが一つのキリストである。
  38. また我らの罪のために苦しみを受け、陰府に降り、三日目に死人の中から甦えり給うたのである。
  39. 天に昇り、全能の御父の右に坐し給う。
  40. そこより、生きている者と死んでいる者とを審くために来り給うのである。
  41. その来り給う時に、すべての人間は、その体をもって甦えり。
  42. 各々自己の行為について理由を述べるであろう。
  43. そして、善いことをなしたものは永遠の生命に入り、悪いことをしたものは永遠の火に入る。
  44. これが公同の信仰である。これを忠実に確実に信ずる者でなければ、救われることはできないのである。


出典[編集]

『信條集前編』(著作権者)日本基督教協議会文書事業部 新教出版社 1955