ちりめん労働歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

機屋の唄[編集]

織手唄[編集]

  • 織手娘が唄ったもの(八木 康敞『丹後ちりめん物語 「うらにし」の風土と人間』三省堂、1970年、7頁)

一夜ござれや 二夜さまござれ 七夜ざくらに 八夜ござれ

一夜ござれや 二夜、三夜ござれ、七夜じゃ言うて八夜ござれ

  • 機屋勤めを唄ったもの (井上正一編『丹後の民謡』1969年8月15日、89-93頁)

機を織りたい縮緬機を、いつもチャンチャン面白い。

赤いたすきをちどりにかけて、つまが機織る品の良さ。

糸の繰りよか緯仕のわざか、管はばらつく手はとまる。

織手しましょや機先やめて、織手じゃと云や名もよいし。

織手じゃといや名はよいけれど、ちゃつぎ織手でらちあかん。

織手おりてと名はよいけれど、機に居りてであきはせん。(後半「茨ボタンで気(木)がこわい」とも唄う。)

織手さん達ゃ神さんじゃから、いつも鳥居の中に住む。

へ入れおさ入れ、たてまくつなぐ、知らにゃ織手と言われまい。

織手さんたちゃけんつよかけて、足の踏みきりようなされ。

機が織りよて糸さよ切れにゃ、織手いやとは思うあせぬ。

うちの織りてはずんべんだらり、いつが昼やら晩げやら。

さとく落いたは織手の如才、落ちたさとくに罪はない。

苦なし苦ない坊で苦はないけれど、機の織れんのが苦じゃわいな。

さとく落すも糸つき切るも、習いこみなら直りゃせん。

落ちてくれるな日の暮れさとく、どこに居るやら見えやせん。

あぜのつきまや織手の心、身をば薬研でおろすよな。(後半「猫がネズミをねらうよな」とも唄う。)

節季のせり機せき縮緬は、どこの織手も身をやつる。

織手妻にもちゃようまもならん、いかな晩げもひごけずり。

織手かかにもちゃ吹雪の晩に、綜(あぜ)のつくまで門に立つ。

織手さいしょまいわが連りょ妻に、おさのうちかど身の毒よ。

うちの殿御はかわいい殿御、織ってやりたや兵児帯を。

織手おさんと唐津屋さんと、一生伴りょと茶碗酒。

織手まさりの機先さんで、御遠慮のなる何事も。

織手精出せ機先はげめ、車廻しを追うてやろ。

当家の管巻きゃよう管巻いて、管に追われる空管に。

これの管巻きゃそろばんくだを、巻いて織らせて困らかす。

なさけないわな間人(たいざ)のおなご、コロンチャッコロシで日を暮す。

コロンチャッコロスで行灯の灯が消えた、もはや仕舞えのことかいな。

さとく落ちたら行灯の灯が消えた、もはやしまえとのことかいな。

綜がついたかと覗いて見たら、まんだ鳥居の外にある。

綜は鳥居のまだ下なれど、着いているのはよすみ綜。

綜が着こうがのうつくまいが、太鼓さえ出りゃ仕舞われる。

綜は着いたし廻りは来たし、まんだ来んわな機先が。

綜はケンチョ場に殿御さんは門に、心早鐘つくがよな。

ケンチョ場にある三本小竹、いつかわが前来るじゃやら。

管を巻くなら麦粒なりに、山の高いは わなが出る。

しまいたいけど本機先の、しまえ口上が出んわいな。

太鼓夜番が早よ出りゃよいに、あまりおそいで待ちかねる。

太鼓夜番の音聞くまでは、わしが身じゃないお主(しゅ)の身じゃ。

日の暮れになりゃ行灯にあかり、太鼓出るのを待つわいな。

太鼓たたきの〇〇さんな、あまり遅いで待ちかねる。

織手商売さらりとやめて、今は殿御のひざのそば。(後半「ぬしのおそばで針仕事」とも唄う。)

殿御さんなよ窓までおいで、窓で合図がなるわいな。

殿御さんえな窓には来ても、人の目にどまかかるなよ。

綜はついたに殿御はおそい、つまや案じな窓の下。

仕舞えしまえと窓へ来て言いなる、いかにお前がひまなとて。

仕舞えしまえと窓から覗く、しとる仕事も手につかん。

昨夜窓までお出たげなが、思いがけのて知らなんだ。

ひやかし止めなれ夜露は毒じゃ、お前風ひきゃ共なんぎ。

とろりとろりと眠たい時は、様が窓まで来りゃさめる。

心がわりがしたやら様の、来てもおくれよ窓の下。

逢いたさに来た見たさに顔が、話とて来た思わくに。

三味が鳴るなる向うの部屋に、仕舞うて来いとのことかいな。

  • 機屋勤めを唄ったもの (『特別展図録20 丹後縮緬』 京都府丹後郷土資料館、1989年、21頁)

今年来年、上機先で、再来年から織手する。

車廻しが利口げに言うても、上にゃ居られん庭に居る。

織手さん達ゃ神さんじゃから、いつも鳥居の中に住む。

ほんに憂世じゃ機屋の女子、機屋女子に誰がした。

  • 与謝野町岩滝に伝わるもの (井上正一編『丹後の民謡』1969年8月15日、88頁)

おりて きんかん はたさき みかん くるま まわしは ゆずのかわ

  • 京丹後市大宮に伝わるもの (井上正一編『丹後の民謡』1969年8月15日、87頁)

おまえみたよな ぼたんのはなが さいておるわな くるみちに

機先唄[編集]

  • 機先がよく唄ったもの (井上正一編『丹後の民謡』1969年8月15日、93-94頁)

今年来年、上機先で、さ来年から織手する。

織手さんより機先さんへ、機の調子がよいわいな。

爪も立たんほど、やり詰めた綜を、憎くや織手が又くずす。

ランプ片手に、綜竹片手、親に見せたいこの姿。

糸や切れきれ、千本なりと、切れてつなぐはわしの役。

織手さんたちゃ早よ綜つけて、仕舞て行く気はないかいな。(機先のこの唄に対し、織手は「仕舞て行く気はやまやまあれど、綜が着かんで仕舞われん」と唄い返す。)

管を巻いて巻いて、巻き詰めおいて、織手さんより早仕舞。

綜がついたらもし織手さん、かばち叩かれうらからに。

巻いて巻き詰めて、このぶしょあけて、織手さんより早よ仕舞う。

管を巻き詰め、綜やりつめて、織手ご免と飛んで出る。

管巻唄[編集]

  • 機先がよく唄ったもの(井上正一編『丹後の民謡』1969年8月15日、95頁)

わしは管巻く 姉さん織手、巻いて織らしょや思わくに。

わしは管巻く 管さえ巻けば、ご遠慮はいらない どなたにも。

車廻し唄[編集]

  • 車廻しがよく唄ったもの (井上正一編『丹後の民謡』1969年8月15日、95-97頁)

織手どさわかいて泣かそじゃないか、 織手機織りゃぬきがいる。

車廻いて下管巻いて、宵の雑仕がつろござる。(後半「晩の夜なべがつろござる。」あるいは「緯に追われぬよにしたい。」とも唄う。)

糸が悪いか緯仕のわざか、嫌やかたおがまたはしる。

糸や切れなよ、輪金や落ちな、車軽かれぶしょ廻れ。

くるりくるりと廻れや車、わしの願いの御所車。

わしの願いの御所車、仕事せいでも時間は廻る。(後半「様と寝いでも夜は明ける」とも唄う。)

車廻しの御先生さんに、管が立たんと、投げられた。

車廻しが利巧げに言ても、上にゃ居られん庭に居る。

こらや機きゃ、早よ飯食わせ、車廻しは腹がへる。

車廻しは大旦那さんよ、織手ゃ機屋の定使。

車廻しの道楽仕事、誰が先生で教(お)せたやら。

車廻しがようよるげなが、それで下管追われずめ。

車廻して下管巻と、仲のよいのがもとめたい。

車廻しの横着者が、緯に追われて暇もろた。

車廻しも糸さよ切れにゃ、緯に追われはしょまいもの。

三十二本の管さし揃え、妻と寝たより面白い。

養蚕の唄[編集]

桑つみ唄(桑こき唄)[編集]

  • 丹後地方の各地に伝わるものの一例 (井上正一編『丹後の民謡』1969年8月15日、187-188頁)

わしは桑こき桑さえこけば、ご遠慮はない何方にも。

がぜの桑でもこき居りゃたまる、こかにゃたまらぬ芭蕉葉でも。

親のない子の草刈る見やれ、草に涙を刈りかてて。

向い小山の木の葉が赤い、あれが落ちたら雪が降る。

糸引唄[編集]

  • 丹後地方の各地に伝わるもの (井上正一編『丹後の民謡』1969年8月15日、189-190頁)

糸を引きゃこそ他国の人と、肩をならべて連れ節で。

妻は可愛いや糸引習ろて、晩にゃ秤の目にかかる。

妻じゃなけれど糸引可愛い、晩にゃ秤の目にかかる。

娘糸引け桑こき習え、ここは小原だ糸どころ。

わしは糸引、糸さえ引けば、ご遠慮はない何方にも。

糸屋旦那さんの昼寝の間には、大きな声して寝さしょまい。

糸屋旦那さんが盲ならよいが、おかた聾なら尚よかろ。

糸屋旦那さんが節とれ目とれ、糸も目もいるままよいな。

糸屋旦那さん糸掛けなさりゃ、どうめどうめと掛けなされ。

どうめどうめと掛けたいけれど、糸に目が無て掛けられぬ。

糸屋旦那さんはそろばん枕、糸が売れたら金枕。

糸は上斤ななつぶだてに、引いてあります糸屋さん。

丹後但馬の糸買野郎が、糸に批難を入れくさる。

わしは鍋の中、宮津の祭、おうでおうでと詰めかける。

ほんに私は節糸引いて、申しわけなや旦那さま。

三度三度に菜っ葉を食って、何で糸目が出るものか。

今年ゃうれしい帳場の私、糸目切れても苦にならぬ。

切れてよいもの切れてはくれず、憎い糸目が又切れた。

ながい夏中お世話になって、何でご恩を送ろやら。

何もご恩の送りようのうて、またも来年糸の時。

置いておくれや又来年も、奉公する身はいつまでも。

水は掛け水旦那さんは若い、おかみさんは外で勤めよい。

啼けよかっこ鳥、〇〇(地名)の藪で、糸が下がると言うて啼け。

板になりたい帳場の板に、なって手紙の中見たい。

荒い気色じゃ叢雲さんじゃ、あれで他人が使わりょか。

男持つなら巡査か医者か、百姓男は泥くさい。

男持つなら兵隊さん持ちゃれ、大和魂があるものに。

女女とけいべつするな、五尺男は誰が生む。

女ながらもみ国のために、掛けたたすきが赤十字。

丹波綾部の郡是の製糸、娘やるなよ繭を売れ。

製糸女工は可愛いてならん、どこも見られん篭の鳥。

女工女工と見下げてくれな、国へ帰れば箱入娘。

製糸女工は御殿の桜、御殿桜や見るばかり。

  • 与謝野町・旧野田川町地区に伝わるもの (井上正一編『丹後の民謡』1969年8月15日、188頁)

さまは今頃起きてか寝てか、思い出してか忘れてか、おおそうじゃそうじゃさぞ今頃は思い出さずに忘れずに。

おらが娘は吉野の桜、花(鼻)は低くても人が好く。おおそうじゃそうじゃさぞ今頃は、思い出してか忘れてか。

思い出すよじゃ惚れよが薄い、思い出さずに忘れずに。

  • 京丹後市久美浜町佐野に伝わるもの (井上正一編『丹後の民謡』1969年8月15日、188頁)

私ゃ糸引殿御は川釣人、引いてあげましょ釣糸を。

私ゃ糸引旦那さんは糸屋、矢立腰にさいて繭買いに。

なんぼようても糸引するな、死んで湯箸を杖につく。

七つ八つから糸引習ろて、今じゃ糸屋の嫁となる。

こんな腐繭持てきたやつに、酒も飲ますな銭やるな。

酒を飲ますも銭やりどこか、堅木丸太でどぞき出せ。

糸繰唄[編集]

  • 与謝野町・旧野田川町地区に伝わるもの (井上正一編『丹後の民謡』1969年8月15日、191頁)

宮津糸くり二匁五分コラショッ 加悦や三河内はただの五分

加悦や三河内は五分でもよいが、山田糸くりゃ稗三合

三味の丸木橋すべってころんで危ないけれども、蛇の目の傘相寄ってさし合うて、手を引き渡るコラショウ 共に落ちても二人連れ

落ちていねいね なんきんひよ鳥、羽ひきずりのチャボが啼く。ててが越えなきゃ夜が明ける。

  • 京丹後市網野町郷に伝わるもの (井上正一編『丹後の民謡』1969年8月15日、191頁)

宮津糸くり笹の葉の露で、一つゆすれば皆落ちる。

  • 宮津市に伝わるもの (井上正一編『丹後の民謡』1969年8月15日、191頁)

宮津芸妓は尾のない狐、人を化いて金を取る。

殿御さんがよ一反おくれ、はじで織れた糸縞を。

織手しょういな機先やめて、織手じゃとゆや名もよいし。

糸紡ぎ唄[編集]

  • 京丹後市久美浜に伝わるもの (井上正一編『丹後の民謡』1969年8月15日、191-192頁)

とろりとろりと出た声なれど、今は出もせぬ声までも。

お前1人か連れ衆はないか、連れは後から駕篭でくる。

駕篭でくるよなお連れはいらぬ、お手てつないで来るがよい。

糸よ細でよ細でてくれよ、かわいい殿御のしまの糸。

亥子餅食てうれしはあれど、後の二十めがつろござる。

姑小姑両手にのせて、花を咲かせて暮したい。

姑しぶ柿 小姑はこねり、様は御所柿甘もござる。

いやな男が千度来ても、猿の木登り落ちはせん。

親と親との約束なれど、親父行ってそへ わしゃ嫌じゃ。

思い思うて添ってこそ縁じゃ、親が添わすは無理な縁。


この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。