ある男に対する軽蔑

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

Wikisource:文学 < 『死刑宣告

本文[編集]

ある男に対する軽蔑
萩原恭次郎

新緑の飛散する影からピストルが鳴る
赤と緑と黄と狂ほしい溶解
太陽の快楽
    驚愕の顔————パラソル
 寝てゐる人生   爆音
    女の欠伸 光る眼
ア! 人間————畜生!
 アア アア アウ アウ アウ
    ————ン!!
蒼ざめた心臓がパチツと散つた
甘美な食物と重い紙幣束が犯人に盗まれた!
群集と処女に対する苦悩程激しき憎悪と怒りはない!
  青葉の影にカウモリが二匹飛んでゐた!
然り!人生の退屈は大砲の弾丸に射抜かれても痛感は無いでせう!
ドンヨリ!腹つぺらし!」

解題[編集]

作者:萩原恭次郎

底本:萩原恭次郎『死刑宣告』日本図書センター〈愛蔵版詩集シリーズ〉(2004年3月25日初版第1刷発行) ISBN 978-4-8205-9599-1

表記について:旧仮名遣いは初版本(1925年10月18日発行、長隆舎書店)のまま、漢字は常用漢字に改めてある。