ありときのこ

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


 こけいちめんに、きりがぽしゃぽしゃって、ありほしょうてつぼうしのひさしの下から、するどいひとみであたりをにらみ、青く大きなしだの森の前をあちこち行ったり来たりしています。

 こうからぷるぷるぷるぷる一ぴきのありへいたいが走って来ます。

まれ、だれかッ」

だい百二十八れんたいでんれい!」

「どこへ行くか」

「第五十聯隊 聯隊ほんぶ

 歩哨はスナイドルしきじゅうけんを、こうのむねななめにつきつけたまま、そのの光りようやあごのかたち、それからうわぎそでもようくつのぐあい、いちいちくわしくしらべます。

「よし、通れ」

 伝令はいそがしくしだの森のなかへはいって行きました。

 きりつぶはだんだん小さく小さくなって、いまはもう、うすいちちいろのけむりにわり、草や木の水をいあげる音は、あっちにもこっちにもいそがしく聞こえだしました。さすがの歩哨もとうとうねむさにふらっとします。

 二ひきありこどもらが、手をひいて、何かひどくわらいながらやって来ました。そしてにわかにこうのならの木の下を見てびっくりして立ちどまります。

「あっ、あれなんだろう。あんなところにまっ白な家ができた」

「家じゃない山だ」

「昨日はなかったぞ」

へいたいさんにきいてみよう」

「よし」

 二疋の蟻は走ります。

「兵隊さん、あすこにあるのなに?」

「なんだうるさい、帰れ」

「兵隊さん、いねむりしてんだい。あすこにあるのなに?」

「うるさいなあ、どれだい、おや!」

「昨日はあんなものなかったよ」

「おい、たいへんだ。おい。おまえたちはこどもだけれども、こういうときにはりっぱにみんなのおやくにたつだろうなあ。いいか。おまえはね、この森をはいって行ってアルキルちゅうさどのにお目にかかる。それからおまえはうんと走ってりくちそくりょうぶまで行くんだ。そして二人ともこううんだ。ほくい二十五とうけいりんところに、もくてきのわからない大きなこうじができましたとな。二人とも言ってごらん」

ほくい二十五とうけいりんところもくてきのわからない大きなこうじができました」

「そうだ。では早く。そのうち私はけっしてここをはなれないから」

 ありこどもらはいちもくさんにかけて行きます。

 ほしょうは剣をかまえて、じっとそのまっしろな太いはしらの、大きなやねのある工事をにらみつけています。

 それはだんだん大きくなるようです。だいいちりんかくのぼんやり白く光ってぶるぶるぶるぶるふるえていることでもわかります。

 にわかにぱっとくらくなり、そこらのこけはぐらぐらゆれ、ありほしょうむちゅうで頭をかかえました。をひらいてまた見ますと、あのまっ白なたてものは、柱がれてすっかり引っくり返かえっています。

 蟻の子供らがりょうほうから帰ってきました。

へいたいさん。かまわないそうだよ。あれはきのこというものだって。なんでもないって。アルキルちゅうさはうんとわらったよ。それからぼくをほめたよ」

「あのね、すぐなくなるって。地図に入れなくてもいいって。あんなもの地図に入れたりしたりしていたら、りくちそくりょうぶなど百あっても足りないって。おや! 引っくりかえってらあ」

「たったいまたおれたんだ」歩哨は少しきまりわるそうに言いいました。

「なあんだ。あっ。あんなやつも出て来たぞ」

 向むこうに魚のほねの形をしたはいいろのおかしなきのこが、とぼけたように光りながら、えだがついたり手が出たりだんだんじめんからのびあがってきます。二ひきありの子供らは、それをゆびさして、わらって笑って笑います。

 そのとききりこうから、大きな赤い日がのぼり、しだもすぎごけもにわかにぱっと青くなり、蟻のほしょうは、またいかめしくスナイドルしきじゅうけんを南の方へかまえました。

この著作物は、1933年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、アメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。