Wikisource:管理者

提供: Wikisource
移動: 案内検索
Green check.png このページはウィキソース日本語版の公式な方針です。多くの利用者に支持されていて、すべての利用者が従うべきだと考えられています。必要に応じて編集することは可能ですが、その変更はコミュニティーの合意を反映している必要があります。大きな変更を加える場合は、ノートページで提案してください。


jawp jawt jawb jawq jawn jaws jawv

管理者(かんりしゃ、Adminstrator)とは、ウィキソース日本語版利用者のなかで、管理者権限(Wikipedia:管理者参照)を持つ登録ユーザのことを云います。この文書では管理者とはなにか、管理者権限ではなにが可能で、それを管理者はどのように使用することができ、管理者になったり管理者をやめたりする際の手引き、管理者以外の権限の概要が述べられます。

管理者とはなにか[編集]

管理者は技術的にはメディアウィキ上でページの保護・保護解除、削除・復帰、利用者の投稿ブロック・ブロック解除ができる利用者のことをいいます。管理者は、言い換えれば、削除などの機能を使用してもよいとコミュニティで判断されたユーザであって、ウィキソース日本語版というプロジェクトの管理を行うユーザではありません。

コミュニティの自治のなかで管理者権限は用いられるものですから、それぞれの管理者は恣意によってその権限を用いるべきではありません。管理者がどのようにその権限を用いるべきかは、それぞれのプロジェクトで方針が編まれ、それに則って管理者はそれぞれの権限を使用します。ウィキソース日本語版において管理者がその権限の使用に当って遵うべき方針は以下のものです。

管理者権限が必要なことがあれば、Wikisource:管理者伝言板の該当部分にて依頼してください。

管理者とは直接関係しないこと[編集]

ですから「管理者であること」を理由に求められないものがあります。以下にその概要を示します。

特別であること
管理者はコミュニティで重要な位置を占めていることがあるかもしれませんが、それと管理者権限を持っていることを混同しないでください。管理者であることはコミュニティにおいてなんらかの地位を与えられるものではありません。また、一般の投稿においても、管理者の投稿が特別であるということはありません。すなわち、「管理者の意見」というものはないということです。
プロジェクトやコミュニティを代表するよう求めること
プロジェクトがあり、プロジェクトがコミュニティの自治で成立つ以上「外部」がありえます。「外部」の人々はそのプロジェクトやコミュニティを代表・統括するものとしての管理者を求めてくることがあるかもしれません。またコミュニティにおいて管理者に対してプロジェクトやコミュニティの代表たることを要求する人々がいるかもしれません。ですが、メディアウィキにおける管理者であることと、そのプロジェクトやコミュニティの管理者であることは、強いて意味づけをしない限り無関係です。

管理者権限の内容と使用[編集]

管理者権限では次のことが可能です。また小節にてその細目と使用方法について述べられます。

  • ページの削除・復帰
  • ページの保護・保護解除
  • ユーザの投稿ブロック・ブロック解除
  • システムメッセージの編集
  • ロールバック

ページの保護[編集]

  • ライセンスや法律面から保護されているいくつかのページを編集することができます。
  • ページを編集している執筆者に確実にWikisourceのガイドラインを知らせることを目的として、記事の保護および解除を行うことができます。
  • IPおよび登録後間もないユーザーによる編集を差し止める機能(半保護)や、編集とページの移動で操作可能なユーザーの範囲を分ける機能もあります。
  • これまでに行われた保護および保護解除のログは特別:Log/protectにあります。

ページの削除と復帰[編集]

  • ページと付属する履歴を削除することができます。その方針についてはWikisource:削除の方針に述べられています。管理者は削除する機能を使えるユーザーであり、必ずしも削除を決定するユーザーではないことにご注意ください。削除するページはWikisource:削除依頼によります。削除の理由には様々なものがあります。移動や入れ替えなど技術的な問題であったり、いたずらやコンテキストが確立されていない投稿の削除であったり(これについてはWikisource:即時削除を参照して下さい)、著作権の問題によるものであったりします。
  • 削除されたページの過去の版を閲覧することができます。また、過去の版を復活することができます。
  • ページと同様に画像も削除することができます。2006年6月18日以前に削除された画像に関しては復帰ができません。Wikisource:画像利用の方針を御覧ください。
  • これまでの削除活動の記録は特別:Log/deleteにあります。

ページの差し戻し[編集]

  • 一般にrevertと呼ばれるページを以前の版に差し戻すことです。これは管理者でなくても行えるものですが、管理者はより迅速に行うことができます。ユーザーの投稿記録を開くと、ユーザーが最後に編集したページについて [rollback] のリンクが表示されます。これをクリックするだけで、指定したユーザー以外が編集した版まで連続して差し戻しが行われます。これにより連続投稿の荒らしへの対処を楽に行うことができます。

荒らし行為の隠蔽[編集]

  • ページの差し戻しの強力なものとして投稿した記録を最近更新したページから隠すことができます。ユーザーの投稿記録のURLに &bot=1 をつけ、rollback を行うことで可能となります。これは記事の変更に対して使用するものではなく、大量に無意味なものをペーストしたり、要約欄に他のユーザーに不快なコメントを書いた投稿を隠蔽するために使用するものです。

投稿の禁止と解除[編集]

  • 荒らし行為への対策として投稿のブロック(禁止)とその解除を行うことができます。これは連続する荒らし行為への一時的な対応策として使用するものです。
  • ブロックされたユーザーは、ページを編集をクリック、あるいはすでに開いたページで投稿、プレビューのいずれかを行った際に、どの管理者が、どのような理由で投稿をブロックしたのかが表示され、編集が行えなくなります。ウィキメールなどで管理者に連絡することは可能です。通常IPアドレスのブロックは24時間で解除されます。これはダイアルアップで接続の場合プロバイダーがIPアドレスを接続する都度変更する為です。もし身に覚えが無くブロックされている表示になったときには解除するまで待ってください。この方針に異論がある場合はこのページのノートまでご意見をお寄せください。
  • 特別:Ipblocklistで現在ブロックされているIPおよびユーザーの一覧を見ることができます。
  • 特別:Log/blockでこれまでのブロックの記録を見ることができます。

ユーザーインターフェイス[編集]

  • 編集画面の下に表示される注意書きなど、様々なところに使用されているMediaWikiメッセージを変更できます。

管理者の就任と辞任[編集]

管理者は登録ユーザであれば誰でもなることができます。立候補や推薦をうけてコミュニティでその可否の合意をまとめて管理者となります。

また、自発的な辞任はいつでも可能です。不適切な管理者権限の使用などを理由にコミュニティで管理者権限を剥奪する手続きや辞任要請がありえます。

細目はWikisource:管理者権限依頼(管理者への立候補)をご覧ください。

管理者以外の権限[編集]

管理者以外の権限には以下のものがあります。

ビューロクラット (Bureaucrat)
ビューロクラットは権限を新たにユーザに与えるための権限で、管理者権限、bot権限、ビューロクラット権限の付与ができます。bot権限に限り付与・剥奪が可能です。ほかには登録ユーザのアカウント名を変更することができます。Wikipedia:ビューロクラットを参照ください。
ボット (Bot)
bot権限は、interlangやリンクの修正などプログラムで大量に編輯する登録ユーザの編輯を最近の更新ページから隠匿するためにあります。Wikipedia:Botを参照ください。
チェックユーザー (CheckUser)
チェックユーザーは、あるIPアドレスの編輯を登録ユーザ・匿名ユーザの別なく見るときの権限です。m:CheckUser Policy/Jaを参照ください。
現在この権限を持つ利用者はいません。チェックユーザーの必要があった際にはスチュワードへのCU依頼を利用してください。
スチュワード (Steward)
スチュワードはWikimediaの全てのWikiでユーザ権限の与奪を行ったり、管理者やビューロクラット不在時にその役目を代行したりすることができる権限です。m:スチュワードを参照ください。

Wikisourceで利用可能な権限の詳細な一覧や、各権限の機能詳細は利用者グループの権限グローバルグループの権限をご覧ください。

管理者の一覧[編集]

2011年11月29日 (火) 10:39 (UTC) 現在次の利用者に管理者権限があります。特別:登録利用者一覧/sysopでも見ることができます。

過去に管理者であった利用者[編集]