Wikisource:収録方針

提供: Wikisource
移動: 案内検索
Purple question mark.png この文書はウィキソースの公式な方針あるいはガイドライン草案です。この文書には拘束力はありません。現在、内容に関してノートページで議論を行なっています。

何を含めるかについて[編集]

ドキュメンタリーソース[編集]

ドキュメンタリーソースとは出来事が起こった事を文章化したものです。これらの文章には憲法条約個人的手紙のやり取り日記を含みます。更に、歴史的利用価値の無い、歴史的電話記録訴訟手続き軍事作戦等も含み、更に増え続けています。ドキュメンタリーソースは不明瞭や欠損がある場合を除き、完全な形で記録されなければなりません。ウィキソースにあるコピーが忠実な模写である事を第三者が検証するために、それらのソースには注意を払わなければなりません。

分析作品と芸術作品[編集]

分析作品 (Analytical works 良い訳をお願いします。)とは他のソースから情報を編纂し、その情報を分析した出版物です。主なる出来事が終わった後に書かれたどのノンフィクション作品も、このカテゴリに分類されます。分析作品と同等に芸術作品も査読(peer review)若しくは編集者の統制(editorial controls)の効いたメディアで出版される必要があります。自費出版はこれに含めません。

フリードキュメント[編集]

ウィキソースを含むウィキメディア財団では知的著作物に対してとても注意を払っています。著作権違反を取り締まるだけでなく、第三者に作品を自由に再使用する事を許可しない作品を認めていません。すべてのウィキソースの作品は商用利用のみならず、派生作品も許諾しなければなりません。ウィキソースのコピーライトポリシー(copyright policy)に合致しない作品は速やかに削除されなければなりません。en:Help:Copyright and Wikisource参照。一般的な著作権に対する考えが載っています。

ソーステキストの価値を高めるために[編集]

ウィキソースは編集者が新しく、オリジナルな作品を寄与する所ではありませんが、既存の出版物の価値を高めるために幾つかの個人的寄与をする方法があります。全く新しく組版する事は此処では相応しくありませんが、ウィキブックス等のプロジェクトに載せる事が出来るかもしれません。

翻訳[編集]

日本語版ウィキソースは日本語で書かれたテキストしか収集していません。他の言語で書かれたテキストは適した言語版の所で書かれるべきであり、一般的に多言語版ウェブサイトです。しかしながら日本語版ウィキソースは日本語に翻訳された日本語以外のテキストを収集しており、同等に2言語版が日本語を含む場合も含まれます。

翻訳にあたり、一番の優先事項は以前に発行されて、パブリックドメインにあるものを寄与することです。しかしながら、実際は翻訳されていない数え切れないほどの他言語のソーステキストが出版されています。更に補完的に様々な言語で翻訳することは存在しているものを様々な意味で良くしていけます。ウィキソースはユーザによるウィキソース間の翻訳を許可しています。更に詳しい情報はen:Wikisource:Translationsを見て下さい。又、Wikisource:著作権参照。一般的な著作権に対する考えが載っています。

注釈[編集]

出版物の注釈を付ける事は第一優先事項です。しかし、著作権や、期間切れや、改善のために利用出来ないかもしれません。これは近代以前のテキストでよく見られます(ancient and classical texts, medieval texts 参照)。

注釈、文字の脚注、一節、参照、セクション、セクションタイトル、イントロダクション、サマリー、インデックス、写真等はそのソーステキストの重要な情報を含むかもしれません。すべての場合に、寄稿者による注釈を加えなければなりません。清潔なテキストは技術的な手段によって、或は並列のコピーの提供により利用可能です。

特にテストに備えて、教室での教育を円滑に進ませる、教育上の本質である注釈の意味を持つノートはウィキソースよりウィキブックスに所属します(en:b:Wikibooks:Annotated texts参照)。

マルチメディア[編集]

テキストに加えられるマルチメディアコンテンツは品質や提示の質を高めることがあります。その様なコンテンツにはその本自身の著作権の切れた写真や挿絵だけでなく、寄稿者のオリジナルの録音や図やその他コンテンツも含まれます。

注意:マルチメディアの貢献はen:Wikisource:Image use guidelinesを参照。

先例で除外されるもの[編集]

先例は拘束するものではありませんが、ウィキソースで受け入れられなかった最も一般的な出版物について見つけて調べる事には意味があります。これらの種類の作品は合意の大きな変更が無い限りコミュニティに受け入れられませんし、優先的に削除されます(Wikisource:削除依頼で提案して加えてください)。同じような作品は削除申請されやすいです。此処にあるすべての作品は上述されたポリシーの常識的解釈に則っていなければなりません。

オリジナル作品[編集]

出版されてない、若しくはウィキソースユーザによって作られた通常、査読されていない作品はウィキソースに載せてはいけません。ウィキソースは作者が作品を出版する方法ではありませんし、新しい作家を発見するサイトでもありません。

注意: このルールには幾つかの例外があり、詳細は#ソーステキストの価値を高めるためにを見てください。又、ウィキソースの寄稿者は自分のオリジナルな作品を自分の名前空間に自身の作品を載せる事が出来る事にも注意して下さい(常識的な範疇で!)。

広告[編集]

ウィキソースは出版されていない、いかなる広告も集めていません。これは最近出版された作品についての情報や、著作権のあるもの、パブリックドメインにあるものも含みます。広告は幾つかのフォーラムで引き受けていますが、最も一般的なのは、コメントか外部リンクです。

匿名の作品[編集]

コピーライトの状態を決定する為には原作者の情報の詳細を必要とします。殆どのテキストは作者の同一性(個人、グループ、政府)があります。しかし、情報が欠如したテキストもあります。歴史的に匿名なテキストはウィキソースに相応しく、とても重要なものもあります。しかしながら、殆どの匿名のテキストは幾ばくかの歴史的価値が少しはあり、かつ、著作権のポリシー(en)に対して曖昧性が無いものを除き、ウィキソースに載せるべきではありません

作品を発展させる為に[編集]

ウィキソースの使命は他の形で出版され保存されている作品を集めることです。この事から、経時変化するものを際限無く集めていかなければなりません。作品を更新していく目的の為に、何が既に発行されているか、若しくはテキストをより一層総合的にするか、若しくは何がウィキソースの範疇から外れるかはコンテントをより良くしていきます。

含まれる幾つかの例:

  1. 制限の無いテキスト(Open-ended text) とは多くの寄稿者が発展、若しくは終わらせた作者が相互協力に依存するもの。
  2. 編集物(Compilations) とは多くのソースを持つテキスト。最新の情報が止むことなく見つかる若しくは加えられるもの。
  3. リスト(後述も参照)

参考資料[編集]

ウィキソースは様々情報のうち出版された完全なソーステキストの一部で無い限り集めていません。既刊でない情報は多くの場合、ユーザが編集したもので、証明されておらず、ウィキソースの目的に合致していません。

それらに含まれる例

  1. リスト
  2. 数学定数(\piの定数等)
  3. 暗号
  4. ソースコード

注意:参照情報(表やアペンディスク(付属物、付録、別表)等)は大きな意味での出版物の一部であり、完全にウィキソースに受け入れられます。

関連項目[編集]