馬太傳第六章

提供: Wikisource
移動: 案内検索
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 馬太傳福音書
  • 註: この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。ルビが正しく見えない場合は、{{Ruby}}の解説に従ってCSSを設定してください。

第六章[編集]

[1] なんぢらのたゞしきをひと〴〵にみせんために人のまへになすことをつゝしめよ もししからずんばてんにましますなんぢらの父よりのむくひをえじ
2 ゆゑにほどこしをなすときに人よりあがめをえんとて會堂くわいどうやまちにて僞善ぎぜんしやの風聽ふいてうするごとくなすことなかれ われまことになんぢらにつげん かれらはそのむくひをうる
3 なんぢらほどこしをなすに みぎのなすことをひだりにしらするなかれ
4 さすればなんぢらのほと[ど]こしはかくるべし かくれたるをみたまふなんぢの父はあらはになんぢにむくひたまはん
5 いのるときに僞善ぎぜんしやのごとくなるなかれ いかにとなればかれらは人にみられんために會堂くわいどうやまちのかどにたちていのるをこのむ われまことになんぢらにつげん かれらはそのむくひをうる
6 なんぢいのるときにへやにいりとぢこもりて かくれたるにいますなんぢの父にいのれ かくれたるにみたまふなんぢの父はあらはになんぢにむくひたまはん
7 いのるに異邦人いほうじんのごとくくりかへしごとをいふことなかれ いかにとなればかれらはことばおほければきかれんとおもへばなり
8 ゆゑにかれらにならふことなかれ いかにとなれは[ば] なんぢらの父はねがはざるさきに なんぢらのなくてかなはざるものをしりたまへり
9 ゆゑにのごとくなんぢらいのるべし てんにましますわれらのちゝよ ねがはくは聖名みなをあがめさせたまへ
10 神國みくにをちかづかせたまへ 聖意みこゝろてんになすごとく にもなさしめたまへ
11 われらの〴〵のかて今日こんにちもさづけたまへ
12 われらがひとのつみをゆるすごとく われらのつみをもゆるしたまへ
13 われらをこゝろみらるゝことにみちびきたまはず かへつてあくよりすくひいだしたまへ くにちから威光いくわうとはあなたのかぎりなくたもちたまふものなればなり 亞孟あゝめん
14 いかにとなればもしなんぢらひとのつみをゆるさば てんにましますなんぢらの父もなんぢらをゆるしたまはん
15 しかれどももし人のつみをゆるさずば なんぢらの父もなんぢらのつみをゆるしたまはじ
16 なんぢら禁食だんじきするとき 僞善ぎぜんしやのこ[ご]とくうきさまをするなかれ いかにとなればかれらは禁食だんじきを人にみせんためにかほいろをそこなふなり われまことになんぢらにつげん かれらはそのむくひをうる
17 さりながらなんぢ禁食だんじきするときにかしらにあぶらをつけ かほをあらふべし
[18] さすれば人になんぢの禁食だんじきはあらはれずして かくれたるにましますなんぢの父にあらはれん またかくれたるにみたまふなんぢの父あらはになんぢにむくひたまふべし
19 にたからをたくはふることなかれ すなはちしみくひさびくさり ぬす人うがちてぬすむところなり
20 てんにこそたからをたくはふべけれ すなはちしみくひさびくさり ぬす人うがちてぬすまざるところなり
21 いかにとなれば なんぢらのたからのあるところにこそ こゝろもまたあるべけれ
22 のひかりはなり ゆゑになんぢのもしあきらかならば なんぢの全身ぜんしんあきらかなるべし
23 なんぢのもしあしからば 全身ぜんしんくらかるべし ゆゑになんぢのうちにあるひかりもしくらからば いかばかりぞや
24 人はふたりのしゆにつかふることあたはず いかにとなればこれをにくみかれをいつくしみ これをしたしみかれをうとむべければなり なんぢら神とたからにかねつかふることあたはず
15[25] このゆゑにわれなんぢらにつげん いのちのためになにをくらひなにをのみ またはのためになにをんとおもひわづらふなかれ いのちはかてよりまさり ころもよりまされるものにあらさ[ざ]るか
26 そらのとりをおもひみよ いかにとなればかずからず くらにたくはへず されどもなんぢらのてんの父はこれをやしなひたまふ なんぢらはそれよりいとすぐるゝものにあらずや
27 なんぢらのうちたれかおもひわづらふて そのいのち尺寸せきすんもよくのぶるご[こ]とをえんや
28 またなにゆゑにころものことをおもひわづらふや 百合ゆりのいかにそだつかよくみよ それはつとめずつむがす[ず]
29 されどわれなんぢらにつげん ソロモンだにもそのすべてのさかえにこのはなのひとつほどもよそはざりき
30 神はけふにありて明日あすになげいれらるゝくさだにもかくよそはせたまへば ましてなんぢらをや あゝなんぢ信仰しんかううすきものよ
31 ゆゑになにをくらひ なにをのみ なにをんとておもひわづらふことなかれ
32 これみな異邦人いほうじんのもとむるものなればなり なんぢらてんちゝはみなそのものをなくてかなはざるものとしりたまへばなり
33 なんぢらまづかみくにとそのたゞしきとをもとめよ さすればみなそのものをなんぢらにくはへらるべし
34 ゆゑに明日あすのことをおもひわづらふなかれ いかにとなれば明日あすはあすのことをおもひわづらふべし 一日いちにちのあしきは一日いちにちにたれり