絶句

提供: Wikisource
移動: 案内検索

『絶句』(ぜっく)
作者:杜甫

Wikipedia
ウィキペディア絶句のページがあります。
白文 書き下し文 訳文
江碧鳥逾白 江碧にして鳥逾々白く 川の水は青々とし、鳥の色はますます白く
山青花欲然 山青くして花然えんと欲す 山は緑となり、花は今にも燃え出しそうなほど赤く咲き誇っている。
今春看又過 今春看々又た過ぐ 今年の春も、もう過ぎ去ろうとしいる。
何日是歸年 何れの日か是れ帰年ならん いつになったら帰郷することができるのだろうか