約翰傳第十四章

提供: Wikisource
移動: 案内検索
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 約翰傳福音書
  • 註: この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。ルビが正しく見えない場合は、{{Ruby}}の解説に従ってCSSを設定してください。

第十四章[編集]

[1] なんぢらこゝろにうれふることなかれ かみしんじ またわれをしんずべし
2 わがちゝいへにおほくのすまゐあり しからす[ず]んばわれかねてなんぢらにつぐべきなり われなんぢらのためにところをそなへにゆく
3 もしわれなんぢらのためにところをそなへにゆかば またきたりてなんぢらをわれにうくべし わがおるところになんぢらもをることをなさんとなり
4 なんぢらわがゆくところをしり またそのみちをしる
5 トマスかれにいひけるは われらしゆのゆくところをしらず いかにしてそのみちをしらんや
6 耶穌かれにいひけるは われはみちまたまことまたいのちなり もしわれによらずんば ひととして父にきたるものなし
7 もしなんぢらわれをしりしならば わがちゝをもしるべし いまよりかれをしり またかれをみたり
8 ピリツポかれにいひけるは しゆ ちゝをわれらにあらはせよ さらばわれらにおいてたらざるところなし
9 耶穌かれにいひけるは ピリツポ われなんぢらとともにひさしくをれども いまた[だ]われをしらざるか われをみしものはちゝをみたり なんぞちゝをわれらにあらはせといふや
10 われはちゝにをり またちゝはわれにをるをしんぜざるか われなんぢらにいひしことはおのれよりいはず われにをるちゝはみづからこのわざをなすものなり
11 われはちゝにをり ちゝもわれにをるとわれにしんぜよ
12 まことにまことになんぢらにつげん われをしんずるものはわがなすところのわざをなさん これよりおほひなることをかれもまたなすべし こはわれわがちゝへゆけばなり
13 なんぢらすべてわがによりてねがふところのことはわれこれをなさん ちゝにてあがめらるゝためなり
14 もしなんぢらわがによりてねがふところ なにごとにてもわれこれをなさん
15 もしなんぢらわれをいつくしまば わがいましめをまもるべし
16 われちゝにねがふてかぎりなくなんぢらとともにをるために ほかのなぐさむるものをなんぢらにさづけたまはん
17 これはすなはちまことの聖靈みたまなり これをみず またしらざるゆゑにうけられず しかしながらなんぢらこれをしる こはなんぢらとともにをり かつなんぢらのうちにあらんゆゑなり
18 われなんぢらをすてゝみなしとせずしてなんぢらにきたるべし
19 しばらくしてわれをみることなし されどなんぢらわれをみる われいきれば なんぢらもいくべし
20 その日にわれはわがちゝにをり またなんぢらわれにをり またわれなんぢらにをることをしるべし
21 わがいましめありてこれをまもるものはこれわれをいつくしむものなり われをいつくしむものはわがちゝにいつくしまるべし われもまたこれをいつくしみてかれにおのれをあらはすべし
22 イスカリヲテならざるユウダかれにいひけるは しゆみづからをわれらにあらはして にあらはさゞるはいかにぞや
23 耶穌こたへてかれにいひけるは もし人われをいつくしまば わがことばをまもり またわがちゝこれをいつくしみ われらかれにきたりてかれとともにをるべし
24 われをいつくしまざるものはわがことばをまもらす[ず] なんぢらのきくところのことばゝおのれのにあらず われをつかはせしちゝのことばなり
25 いまなほなんぢらとともにをりて これらのことをなんぢらにかたりぬ
26 ちゝわがによりてつかはさんとするなぐさむるもの すなはち聖靈みたまはすべてのことをなんぢらにをしへ またわがすべてなんぢらにいひしことをなんぢらにおもひださせん われやすきをなんぢらにおくり
27 わがやすきをなんぢらにさづけ わがあたゆることはのあたゆるごとくにあらず なんぢらのこゝろにうれひ またおそるゝことなかれ
28 われゆきてまたなんぢらにきたるとなんぢらにいひしことをなんぢらきけり もしわれをいつくしまば われちゝにゆくといひしことをなんぢらよろこぶべきことなり こはわがちゝわれよりまさるゆゑなり
29 いまことのならざるまへになんぢらにかたりぬ こはことのなるときにおいてなんぢらのしんずべきためなり
30 このゝちなんぢらとともにおほくかたらじ いかにとなればこののきみきたればなり かれわれにおいてあるところなし
31 しかるにわがちゝをいつくしむことをにしらさんため またちゝわれにめいずるごとく われこれをなす われらこれよりゆかん