約翰傳第十八章

提供: Wikisource
移動: 案内検索
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 約翰傳福音書
  • 註: この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。ルビが正しく見えない場合は、{{Ruby}}の解説に従ってCSSを設定してください。

第十八章[編集]

[1] 耶穌このことをいひてのち その門徒でしとともにいでゝキデロンたにをわたり そこにあるそのにでしとともにいりぬ
2 かれをわたせしユウダそのところをしれり 耶穌しば〳〵そのでしとともにそこにあつまればなり
3 よつてユウダひとくみのつはもの また祭司さいしのをさたちとパリサイの人よりのやくにんをつれ 松明たいまつとてうちんと武具ぶぐとをもつてそこにきたり
4 さて耶穌ことのおのれにかゝらんとするをみなしり いでゝかれらにいひけるは たれをたづぬるか
5 かれに ナザレの耶穌とこたへけるは
6 耶穌かれらにいひけるは われなり かれをわたせしユウダかれらとともにたてり かれらに われなりといひしかば かれらしりぞきてにたをれけり
7 またかれらに たれをたづぬるやととひしかば かれらいひけるは ナザレの耶穌なり
8 耶穌こたへけるは なんぢらにわれなりといひし もしわれをたづねなば これらをゆるしてさらしめよ
9 これ耶穌の われにたまひしものゝうちにひとりもうしなはざりしといひしことばにかなへり
10 こゝにおいてシモン ペテロはおびたるやいばをぬき 祭司さいしのをさのしもべをうちて みぎのみゝをそぎし しもべはマルコスとなづくるものなり
11 耶穌ペテロにいひけるは やいばをさやにおさめよ ちゝのわれにたまひしさかづきをわれのまざらんや
12 こゝにくみ人とそのをさとユウダヤびとやくにん 耶穌をとらへてしばれり
13 まづこれをアンナスにつれゆく これことしの祭司さいしのをさカヤパしうとなればなり
14 ひとりたみのためにすればゑきなりとユウダヤびとにすゝめし人はこのカヤパなり
15 シモン ペテロとほかのでし耶穌にしたがへり この門徒でし祭司さいしのをさのしるところのものなれば 耶穌とともに祭司さいしのをさのにはにいりぬ
16 ペテロかどのそとにたつに 祭司のをさのしるところの門徒でしはいでゝ もんをまもる下女げじよにいひて ペテロをつれていりぬ
17 こゝにおいてもんをまもる下女ペテロにいひけるは なんぢもこの人の門徒でしのひとりにあらざるか われはしらずといへり
18 しもべとやくにんさむさによりてすみをたき あたゝまるためにたつ ペテロもかれらとともにたちて みづからをあたゝめり
19 祭司さいしのをさ耶穌にその門徒でしとそのをしへについてたづぬるに
20 耶穌かれにこたへけるは われあきらかににいひしなり われつねに會堂くわいどうユウダヤびとのつねにあつまりし殿みやにをしへ かくしていひしところなし
21 なんぞわれにたづぬるや わがいひしところをきゝしものにたづねよ みよ かれらわがいひしところをしれり
22 耶穌これをいひしに こゝにたちしやくにんのひとりのひらにて耶穌をうちいひけるは かくのごとく祭司さいしのをさにこたふるか
23 耶穌かれにこたへけるは もしわれあしくいひたらば あしきについてあかしせよ もしよくいひたらば なんぞわれをうつや
24 さてアンナス耶穌をしばりて 祭司さいしのをさカヤパへおくりぬ
25 シモン ペテロたつてみづからをあたゝめたり あるひと〴〵かれに なんぢもこの人の門徒でしのひとりなるかといひしに ペテロこばみて しからずといへり
26 祭司さいしのをさのしもべペテロみゝをそがれしものゝ親類しんるいのいひけるは われなんぢをかれとともにそのにみざりしや
27 ペテロまたこばみしに にはとりたちまちなきぬ
28 さて耶穌をカヤパより代官だいくわんのやしきへひきつれしときはよあけなり かれらけがれをうけずしてすぎこしのまつりのそなへものをあげんためにやしきにいらず
29 ピラトかれらにいでゝいひけるは なんのことをもつてこの人をうつたゆるや
30 かれにこたへけるは かれもしあしき人にあらずんば あなたにかれをわたさゞりしを
31 ピラトかれらにいひけるは なんぢらこれをとり なんぢらのおきてにしたがつてつみせよ ユウダヤのひと〴〵かれにいひけるは 人を死罪しざいにおこなふはわれらのなすべからざることなり
32 こは耶穌のそのなんとするやうすをさしていはれしにかなへり
32 ピラトまたやしきにいり 耶穌をよびていひけるは なんぢユダヤびとわうなるや
34 耶穌かれにこたへけるは なんぢみづからこれをいふか 人われについてこれをなんぢにいひしか
35 ピラトこたへけるは われはユウダヤびとなるか なんぢのくにびと祭司さいしのをさとなんぢをわれにわたせり いかなることをなせしや
36 耶穌こたへけるは わがくにはこのくににあらず もしわがくにこのくににあらば わが家來けらわれをユウダヤびとにわたさゞるためにたゝかふべし されどもわがくにはこゝよりにあらず
[37] ピラトかれにいひけるは しからばなんぢはわうなるか 耶穌こたへけるは しかり われはわうなり われのうまれしこと またわれのにきたれることはまことにあかしをなさんとするためなり すべてまことにつくものはわがこゑをきく
38 ピラトかれにいひけるは まことゝはなんのことぞや これをいひしのち またユウダヤびとにいでゝかれらにいひけるは われはこの人につみあることをみず
39 しかるにすぎこしのまつりにてひとりをゆるすのためしなんぢらにあり ユウダヤびとわうをゆるすことをほつするや
40 みなまたさけびいひけるは この人にあらず バラバなり バラバはぬすびとなり