約翰傳第十二章

提供: Wikisource
移動: 案内検索
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 約翰傳福音書
  • 註: この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。ルビが正しく見えない場合は、{{Ruby}}の解説に従ってCSSを設定してください。

第十二章[編集]

[1] 耶穌はすぎこしのまつりの六日まへにしたるをよみがへらせしラザロのをるところなるベタニヤにきたり
2 こゝにてかれにふるまひをそなへてマルタきふじをなし 耶穌とともにしてふるまひをうけし人のうちにラザロはひとりなりし
3 マリアはもつやくナルダといふあたへたかきにほひあぶら一きんをとりて耶穌のあしにぬり またみづからのかみのけをもつてそのあしをぬぐひ そのもつやくのにほひうちぢうにみつる
4 そのでしのひとりイスカリヲテなるシモン耶穌をわたさんとせしユウダがいひけるは
[5] このもつやくなんぞ四十両にうらせてまづしきものにほどこさゞりしや
6 しかしなか[が]らかくいひしはかれまつ[づ]しきものをおもふゆゑにあらず たゞぬすびとにてかねいれをもちそのうちにいれしものをたづさへしなればなり
[7] 耶穌いひけるは かれをすておけ わがはうむりの日のためにこれをたくはへり
8 まづしきものはつねになんぢらとともにある われはつねにともにあらず
9 おほくのユウダヤ人耶穌がこゝにをるをしりてきたる たゞ耶穌によるのみにあらず またかれがよみがへらせたるラザロをもみんとてきたれり
10 祭司のをさたちラザロをもまたみ[こ]ろさんとす
11 これはラザロによりておほくのユウダヤ人ゆきて耶穌をしんぜしゆゑなり
12 翌日よくじつまつりにいたりしひと〴〵耶穌ヱロソルマにきたるときゝ
13 [木+离]櫚しゆろのえだをとりゆきてかれらをむかへ ホザナよ しゆの名によりてきたるイスラヱルわうはほまるべしとよばゝれし
14 耶穌驢馬ろばをえてこれにのれり
15 シヲンのむすめおそるゝな みよ なんぢのわう驢馬ろばにのりてきたるとかくしるされたるごとし
16 そのでしはじめこのことをさとらざりしかども 耶穌てんにのぼりしのちこのことかれについてしるされてあり またかれはこのことをおこなひしをおもひいだせり
[17] しかるにともにありしひと〴〵はかれがラザロはかよりよびいだしてよみがへらせしことをあかせしなり
18 耶穌このしるしをなせしことをきゝしゆゑにひと〴〵またかれをむかへり
19 パリサイの人あひたがひにいひけるは なんぢらなにもとぐることなし みよ はかれにしたがへり
20 おがむためにまつりののぼりし人のうちにヘレネのひと〴〵あり
2[21] かれらガリラヤベツサイダの人なるピリツポにきたり こふていひけるは 先生せんせいよ われら耶穌にまみえんことをねがふ
22 ピリツポきたりてアンデレにつぐ アンデレ ピリツポとともにまた耶穌につぐ
23 耶穌かれらにこたへていひけるは 人のあがめらるべきときいたれり
24 まことにまことになんぢらにつげん もしひとつぶのむぎにおちてかれざればたゞひとつにてあるのみ もしかれなばおほくのみをむすぶべし
25 そのいのちををしむものはこれをうしなはん この世にそのいのちををしまざるものはこれをたもち かぎりなきいのちにいたらん 人もしわれにつかへばわれにしたがふべし われにつかふるものはわがおるところにおらん
26 人もしわれにつかへばわがちゝはかれをたつとばせん
27 いまわがこゝろうれひいためり なにをかいはんや ちゝよこのときよりわれをすくひたまへ さりながらこのことのゆゑに このときにいたれり
28 ちゝよみをあがめたまへ とこゝにこゑてんよりきたりて われこれをあがめたるもあがめんといへり
29 かたはらにたちたるひと〴〵きゝて かみなりがなるといひ ある人 てんのつかひかれにいひしといへり
30 耶穌こたへていひけるは このこゑはわがためにあらず なんぢらのためなり いまこののつみの許定きやうじようなり
31 いまこののぬしはおひいださるべし
32 われもしのうへにあげられなば われ萬民は[ば]んみんをひきよすべし
[33] かくいひしは耶穌いかなるにてなんとするをしめせしなり
34 ひと〴〵かれにこたへけるは われらキリストはかぎりなくをるものとおきてにおいてきゝしに なんぢひとかならずあげられんといふはなんぞや このひととはたれぞや
35 耶穌かれらにいひけるは なほしばらくのうちひかりはなんぢらのなかにあり くらきはなんぢらにおひつかぬやうにひかりあるうちにあるけ やみにあるくものはそのゆくべきかたをしらず
36 なんぢらひかりあるうちにひかりのとなるべきやうにひかりをしんぜよ 耶穌これをいひ みづからかれらをさけてかくれり
37 耶穌かれらのまへにかくおほひなるしるしをなせしていへども かれらなほかれをしんぜず
38 このことはたれかわれらのつげしことをしんぜしや しゆはたれにあらはされしや よげんしやヱザヤのいひしことにかなひしためなり
39[, 40] めにてみられず こゝろにてさとられす[ず] あらためられず われかれらをいやされざるやうにそのめをくらまし そのこゝろをかたくなにせしとヱザヤまたいひしによりてかれらしんずることあたはず
41 このことはヱザヤがかれのあがめをみ 耶穌についてはなせしときにいへり
42 さりながら支配人しはいにんのうちにおほく耶穌をしんずるものあれども パリサイの人によつてしんずるとあらはにいはず これ會堂くわいどうよりしりぞけらるをおそるればなり
43 かれらはかみのほまれより人のほまれをこのむゆゑなり
44 耶穌よびいひけるは われをしんずるものはわれをしんずるにあらず われをつかはせしものをしんずるなり
45 またわれをみるものはわれをつかはせしものをみるなり
46 われひかりにしてにきたれり すべてわれをしんずるものはやみにおらぬためなり
47 もし人わがことばをきゝてしんぜずともかれをつみせず われをつみせんためにあらず をすくはんためにきたりしなり
48 われをすてわがことばをいれざるものをつみするものあり すなはちわがいひしことはおはりの日かれをつみすべし
49 われみづからいひしにあらず われをつかはせしちゝわがいふところのもの わがかたるところのものをおふせたまひしゆゑなり
50 ちゝのおふせはかき[ぎ]りなくいけることなるをわれしるゆゑに わがいふところのものはちゝがわれにつげたまひしごとくにいふなり