約翰傳第二十一章

提供: Wikisource
移動: 案内検索
Wikisource:宗教 > 聖書 > 新約聖書(ヘボン訳) > 約翰傳福音書
  • 註: この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。ルビが正しく見えない場合は、{{Ruby}}の解説に従ってCSSを設定してください。

第二十一章[編集]

[1] このゝち耶穌またおのれをテイベリアのみづうみにて門徒でしにあらはせり あらはすことのこ[ご]とし
2 シモン ペテロとふたといへるトマスガリラヤカナナタナヘルゼベダイたち またほかの二人の門徒でしとともにありし
3 シモン ペテロかれらにいひけるは われすなどりにゆかん かれにいひけるは われらもともにゆかんと いでゝふねにのり そのなにもとらず
4 はやもあけぬれば 耶穌きしにたつ されど門徒でしは耶穌なることをしらず
5 耶穌かれらにいひけるは どもよ 食物しよくもつあるや かれにこたへけるは なし
6 耶穌かれらにいひけるは ふねみぎにあみをうたばうべし つひにうちてうをおほきによつてひきあぐることあたはず
7 よつて耶穌のいつくしむところのでしペテロにいひけるは これしゆなり シモン ペテロしゆなりとききてはだかなれば うはぎにおびをしめてうみにとびいりぬ
8 きしよりとほからず 五十けんばかりなれば ほかの門徒でし小舟こぶねにてあみのうをゝひいていたれり
9 きしにつけば炭火すみびと又そのうへにのせたるうをぱんとをみたり
10 耶穌かれらにいひけるは いまとりしところのうをすこしもちきたれ
11 シモン ペテロふねにのぼり うを百五十三尾おほひなる魚にてみちたるあみをきしにひけり かくおほけれどもあみはやぶれざるなり
12 耶穌かれらにいひけるは きたりてしよくせよ 門徒でしはたれもあへてかれに なんぢはたれとたづぬることをなさず これはしゆなりとしればなり
13 耶穌きたりてぱんをとり かれらにあたへ 魚もまたおなじくせり
14 耶穌よみがへりしのち おのれを門徒でしにあらはすことこれみたびめなり
15 さてかれらしよくしてのち 耶穌シモン ペテロにいひけるは ヨナシモンよ これらよりなんぢわれをいつくしむや かれにいひけるは しゆ しかり わがしゆをいつくしむことをしりたまふ 耶穌かれにいひけるは わがこひつじかへ
16 またふたゝびかれにいひけるは ヨナシモンよ われをいつくしむや かれにいひけるは しゆ しかり わがしゆをいつくしむことをしりたまふ 耶穌かれにいひけるは わがひつじかへ
17 みたびかれにいひけるは ヨナシモンよ われをいつくしむや ペテロみたび われをいつくしむやといはれしによりてうれひ 耶穌にいひけるは しゆよ しらざるところなく わがしゆをいつくしむことをしりたまふ 耶穌かれにいひけるは わがひつじかへ
[18] まことにまことになんぢにつげん いとけなきとき おのれにおびしてこゝろにかなふところにあるきぬ おいたるとき をのべて人なんぢをおびして こゝろにかなはざるところにひかん
19 これをいひしはいかなるにてかみをあがめんとしめされり かくいひてかれにいひけるは われにしたがへよ
20 ペテロふりむいて耶穌のいつくしむところの門徒でししたがひしをみる こはしよくするとき 耶穌のむねによりてしゆをわたすものはたれぞやといひし門徒でしなり
21 ペテロこれをみて耶穌にいひけるは しゆや この人をいかにせん
22 耶穌かれにいひけるは もしわがきたるまて[で]にわれかれのまつことをおもへば なんぢになんのかゝはることあらんや なんぢはわれにしたがへよ
23 そのでしはなずといひしこと 兄弟きやうだいのうちにいづ されども耶穌ペテロにかれはなずといはず たゞもしわがきたるまでもわれかれのまつことをおもへば なんぢになんのかゝはることあらんやといひしなり
24 これらのことについてあかしをなし またこれをしるせしものはこの門徒でしなり われらそのあかしのまことなることをしれり
25 これらよりほかに耶穌のなせしことおほくあり もしこれをいち〳〵しるされなば しるされたるふみはこのにだにものせつくすことあたはじとぞおもふ 亞孟あゝめん