第二十「カフィズマ」他

提供: Wikisource
移動: 案内検索

<聖詠経

第百四十三聖詠

ダワィドの詠。(ゴリアフに敵す)
崇め讃めらるる哉、主、我が防固、我が手に戦闘を教え、我が指に攻撃を誨うる者、
我が憐れみ、我が守護、我が避所、我が救い、我が盾なる者や、我彼を恃む、彼我が民を我に順わしむ。
主よ、人は何物たる、爾之を知るか、人の子は何物たる、爾之を顧みるか、
人は吹嘘の如く、其の日は移る影の如し。
主よ、爾の天を傾けて降れ、山に触れよ、然せば煙起たん、
稲妻を閃かして彼等を散らし、爾の箭を発ちて彼等を亂し給え。
高處より爾の手を伸べて我を脱し、多くの水より、異族の諸子の手より我を救い給え、
彼等の口は虚しきことを言う、其の右の手は詐りの右の手なり。
神よ、我新たなる歌を爾に歌い、十弦の琴を以て爾、
諸王に救いを賜い、爾の僕ダワィドを残害の剱より脱れしむる者に歌わん。
我を異族の諸子の手より脱して、我を救い給え、彼等の口は虚しきことを言う、其の右の手は詐りの右の手なり、
願わくは我等の男子は穉き時に成長する植物の如く、我等の女子は、巧みに刻みたる宮殿の柱の如くならん。
願わくは我等の倉は充ちて、各種の穀物に豊かならん、願わくは我等の羊は千萬我等の牧場に産し、
我等の牛は肥えん、願わくは我等の衢に掠めなく、損失なく、嘆息の聲なからん。
此くの如き民は福なり。主を其の神となす民は福なり。

第百四十四聖詠

ダワィドの讃詠。
我が神、我が王よ、我爾を尊とみ、爾の名を世々に崇め讃めん。
我日々に爾を崇め讃め、爾の名を世々に讃め揚げん。
主は大いにして讃めらるべし、其の威厳は測り難し。
世は世に爾の作爲を讃め揚げ、爾の能力を宣べん。
我爾が威厳の高大なる光榮と、爾が奇異なる所爲とを思念せん。
人爾が畏るべき作爲の能力を語らん、我も爾の威厳を宣べん。
人爾が大いなる仁慈の記念を称え、爾の義を歌わん。
主は宏慈にして矜恤、寛忍にして鴻恩なり。
主は悉くの者に仁慈なり、其の宏慈は其の悉くの作爲にあり。
主よ、願わくは爾が悉くの所爲は爾を讃榮し、爾の聖者は爾を崇め讃めん、
願わくは爾の国の光榮を傳え、爾の能力を宣べん、
人の諸子に爾の能力と、爾の国の光榮なる威厳とを知らしめん爲なり。
爾の国は永遠の国、爾の宰制は萬世に迄らん。主は悉くの言葉に正しく、其の悉くの所爲に聖なり。
主はおよそ仆るる者を扶け、およそ墜されし者を起こす。
悉くの者の目は爾を望む、爾は時に随いて彼等に糧を賜う、
爾の手を開き、恵みを以て悉くの生ける者に飽かせ給う。
主は其の悉くの途に義にして、其の悉くの所爲に仁慈なり。
主は凡そ之を呼ぶ者、凡そ真実を以て之を呼ぶ者に邇し、
彼を畏るる者の望みを行い、彼等の呼ぶ聲を聆き、彼等を救う。
主はおよそ彼を愛する者を守り、凡その不虔者を滅ぼさん。
我が口主の讃美を述べん、願わくは悉くの肉体は彼の聖なる名を世々に崇め讃めん。

光榮讃詞
第百四十五聖詠

(アリルイヤ)
我が霊は主を讃め揚げよ。
我生ける中主を讃め揚げん、我存命の中吾が神に歌わん。
牧伯を恃む毋れ、救う能わざる人の子を恃む毋れ。
彼気絶ゆれば土に帰り、凡そ彼が謀る處は即日に消ゆ。
イアコフの神に佑けらるる人は福なり、
主神、即天地と海と凡そ其の中に在る物とを造り、永く真実を守り、
窘迫せらるる者の爲に裁きをなし、飢うる者に糧を与うる主を恃む人は福なり。主は囚人を釈き、
主は瞽者の目を開き、主は屈められし者を起こし、主は義人を愛す。
主の羇客を護り、孤子と寡婦とを佑け、惟不虔者の途を覆えす。
主は永遠に王とならん、シオンよ、爾の神は世々に王とならん。

第百四十六聖詠

(アリルイヤ)
主を讃め揚げよ、蓋我等の神に歌うは善なり、蓋是れ楽しき事なり、是れ宜しきに合える讃美なり。
主はイエルサリムを建て、イズライリの逐われし者を集む。
彼は心の傷める者を愈し、其の憂いを療す。
彼は星の数を数え、悉く其の名を以て之を呼ぶ。
吾が主は其の力も亦大いなり、其の智慧は測り難し。
主は自ら卑くくする者を挙げ、悪者を卑くくして地に降す。
輪次を以て讃頌を主に歌え、琴を以て我が神に歌えよ。
彼は雲を以て天を覆い、地の爲に雨を備え。山に草を生ぜしめ、人の需めの爲に野菜を生ぜしむ、
食を以て獣に与え、彼を呼ぶ鴉の雛に与う。
彼は馬の力を顧みず、人の足の急きを喜ばず、
主は彼を畏るる者を喜び、其の憐れみを恃む者を喜ぶ。

第百四十七聖詠

(アリルイヤ)
イエルサリムよ、主を讃め揚げよ、シオンよ、爾の神を讃め揚げよ、
蓋彼は爾が門の柱を固め、爾の中に於いて爾の諸子に福を降し、
平安を爾の域に施し、嘉麦を爾に飽かしむ。
彼は其の言葉を地に遣わす、其の言葉は疾く馳す。
彼は雪を羊の毛の如くに降らし、霜を灰の如くに撒き、
其の雹を土塊の如くに擲つ、孰か其の厳寒を凌がん。
彼其の言葉を遣わさば、悉く融けん、其の風を嘘かば、水流れん。
彼其の言葉をイアコフに示し、其の律と其の定めとをイズライリに示せり。
彼は他の何れの民にも行なわざりき、彼等は其の定めを知らず。

光榮讃詞
第百四十八聖詠

(アリルイヤ)
天より主を讃め揚げよ、至高きに彼を讃め揚げよ。
其の悉くの天使よ、彼を讃め揚げよ、其の悉くの軍よ、彼を讃め揚げよ。
日と月よ、彼を讃め揚げよ、悉くの光る星よ、彼を讃め揚げよ。
諸天の天と天より上なる水よ、彼を讃め揚げよ。
主の名を讃め揚ぐべし、蓋彼言いたれば、即成り、命じたれば、即造られたり、
彼は之を立てて世々に至らしめ、則を与えて之を踰えざらしめん。
地より主を讃め揚げよ、大魚と悉くの淵、
火と霰、雪と霧、主の言葉に従う暴風、
山と悉くの陵、果物の樹と悉くの栢香木、
野獣と諸々の家畜、匍う物と飛ぶ鳥、
地の諸王と萬民、牧伯と地の諸有司、
少年と處女、翁と童は、
主の名を讃め揚ぐべし、蓋惟其の名は高く挙げられ、其の光榮は天地に遍し。
彼は其の民の角を高くし、其の諸聖人、イズライリの諸子、彼に親しき民の榮えを高くせり。

第百四十九聖詠

(アリルイヤ)
新たなる歌を主に歌え、其の讃美は聖者の會に在り。
イズライリは己の造成主の爲に楽しむべし、シオンの諸子は己の王の爲に喜ぶべし。
舞を以て彼の名を讃め揚げ、鼓と琴とを以て彼に歌うべし、
蓋主は其の民を恵み、救いを以て謙卑の者を榮えしむ。
諸聖人は光榮に在りて祝い、其の榻に在りて歓ぶべし。
其の口には神の讃榮あり、其の手には諸刃の剣あるべし、
仇を諸民に報い、罰を諸族に行い、
其の諸王を索にて縛り、其の諸侯を鐵の鎖にて繋ぎ、
彼等の爲に記されし審判を行わん爲なり。斯の榮えは其の悉くの聖人に在り。

第百五十聖詠 (アリルイヤ)

神を其の聖所に讃め揚げよ、彼を其の有力の穹蒼に讃め揚げよ。
其の権能に依りて彼を讃め揚げよ、其の至厳かなるに依りて彼を讃め揚げよ。
喇叭の聲を以て彼を讃め揚げよ、琴と瑟とを以て彼を讃め揚げよ。
鼓と舞とを以て彼を讃め揚げよ、絃と簫とを以て彼を讃め揚げよ。
和聲の鉢を以て彼を讃め揚げよ、大聲の鉢を以て彼を讃め揚げよ。
凡そ呼吸ある者は主を讃め揚げよ。

光榮讃詞
左の詠経中に加えず。ダワィド別に此を作りて、ゴリアフと戦いしことを記せり。

我は我が兄弟の中に於いて至と小さくも我が父の家に於いて最も少かりき、我が父の羊群を牧せり。
我が手簫を作り、我が指琴を調べたり。
孰か我が主に告ぐるあらん、主親から聴き、
親から其の使いを遣わして、我を我が父の羊群より取り、其の聘質の膏を以て我を膏せり。
我が兄弟美しくして大いなれども、主は彼等を選ぶを喜ばざりき。
我出でて異邦人に向かいしに、彼其の偶像を以て我を詛えり。
然れども我其の剣を奪い、其の首を斬りて、イズライリの諸子の恥を雪ぎたり。