桑蓬の歌

提供: Wikisource
移動: 案内検索

桑蓬の歌(そうほうのうた)は旧制興亜工業大学(現在の千葉工業大学)予科寮の寮歌である。

概要[編集]

この寮歌は作詞作曲は当時の興亜工大生が行い、学生・生徒の愛唱歌として今日まで千種寮生及び千葉工業大學応援団を中心に受け継がれてきた歌である。当時の桑蓬寮生の中で自然発生的に生まれたもので、誰が作詞作曲をしたかは不明。

桑蓬」は1946年(昭和21年)に大學が千葉津田沼校地に移転した際に作られた学生寮(桑蓬寮)の名前に由来する。同じ校地内にはほかに総椿寮と呼ばれる寮があった。
作詞: 興亜工業大学予科生(不明)
作曲:    同 上   (不明)

歌詞[編集]

  • (一)
    花と競える若武者の
    鎧に映えし弦月や
    今総南の夜に入りて
    集える男児三百の
    その血潮に匂うかな
  • (二)
    雲靉の群山は
    緑色濃く春去れば
    野面に萠る新草や
    かざす椿に涙して
    大乾坤に踊るかな
  • (三)
    治乱興亡幾千戴
    昨否今是の世をよそに
    秋浩然の気を享けて
    翼とゝ゛む鳳雛の
    今雄飛せん五大州
  • (四)
    彼のギリシャや神々の
    饗宴かざりし星月夜
    今桑蓬の友墻と
    エルムの陰に団楽して
    子安が丘に仰ぐかな
  • (五)
    かの窈窕の蛾眉いずれ
    久遠を過ぐる一刹那
    ただ誠こそ大志こそ
    青光彩どる花なれや
    あゝ吾男児いざゆかん

出典[編集]

2000 Chiba Institute of Technology Syllabus & Song 
付「千葉工業大学-校歌・寮歌・応援歌集(千葉工業大学PPA千葉工業大学同窓会)」