春秋左氏傳/003 莊公/08

提供: Wikisource
移動: 案内検索

↑前年 莊公八年(紀元前686年 翌年↓巻の三 莊公春秋左氏傳

訓読文[編集]

【經】 八年、春王の正月、(魯ノ)らうやどり、以て陳人ちんびと蔡人さいひとつ、甲午かふごへいおさむ。夏、師、せいの師とせいかこむ。郕、齊の師にくだる。秋、師かへる。冬、十いう一月癸未きび、齊の無知むち、其きみ諸兒しよじす。

【傳】 八年(周ノ莊王十一年)春、兵をべうに治むるは、れいなり。
 夏、師、齊の師と郕を圍む。郕、齊の師に降る。(齊、魯ト其功ヲ共ニセザルガ故ニ)仲慶父ちうけいほ、齊の師をたんとふ。公、曰く、『不可ふかなり。われじつ不德ふとくなり。齊の師なんうみあらん。罪は我にれり。夏書かしよ[1]に曰く、「皋陶かうえうつとめて德をう」と。德あればすなはち降る[2]しばらくつとめて德ををさめて以てときたんか』と。秋、師かへる。君子くんしこゝを以て魯の莊公さうこうしとす。
 齊侯[3]連稱れんしよう管至父くわんしほ[4]をして、葵丘ききうまもらしむ。くわとき[5]にしてく。曰く、『瓜におよびてへん』と。まで戍る。公のとひ[6]いたらず。代らんと請ふ。ゆるさず。ゆゑらんさんとはかる。僖公きこう母弟ぼてい夷仲年いちうねんふ。公孫こうそん無知むちを生む、僖公にちようあり。衣服いふく禮秩れいちつてき[7]ごとし。襄公しやうこう、之をしりぞく。二にん之をりて以て亂を作す。連稱、從妹じうまいあり、公宮こうきうり。寵し。公をうかゞはしむ[8]。(無知)曰く、『たば、われなんぢを以て夫人ふじんさん』と。
 冬十二月、齊侯、姑棼こふんあそび、つひ貝丘ばいきう[9]かりし、大豕たいしる。從者じうしや曰く、『公子こうし彭生はうせい[10]なり』と。公、いかりて曰く、『彭生あへまみゆるや』と。之をる。ゐのこ、人のごとく立ちてく。公おそれて、くるまよりち、あしやぶくつうしなふ。かへりて、屨を徒人とじん[11][12]む。ず。之をむちうち、を見る。費はしづ。ぞくもんふ。(賊)おびやかして之をつかねんとす。費曰く、『われなんふせがんや』と。はだぬぎて之にはいしめ[13]。(賊)之をしんず。費請うてり、公をせてでて(賊ト)たゝかひ、門中もんちうす。石之せきし紛如ふんじよ[14]階下かいかに死す。遂に入りて、孟陽まうよう[15]しやうに殺す。曰く、『きみあらざるなり。るゐせず』と。公のあし戸下こか、遂に之をしてす、無知をつ。はじめ襄公立ちて、(政令)つねなし。鮑叔牙はうしゆくが[16]曰く、『君、たみ使つかふことみだりなり、亂將に作らんとす。公子小白せうはくほうじて、出でてきよはしり、亂作る。管夷吾くわんいご召忽せうこつ[17]、公子きうを奉じて(魯ニ)きたり奔る。初め、公孫無知、雍廩ようりん[18]しへたげき。(→莊公九年

[編集]

  1. 夏書は逸書。
  2. 我に德あるときは人之に降る。
  3. 襄公。
  4. 皆齊の大夫。
  5. 瓜の時は七月をいふ。
  6. 問は存問。
  7. 適は太子。
  8. 公の間隙を伺はしむ。
  9. 姑棼、貝丘は皆齊の地。
  10. 公子彭生は魯の桓公を殺して誅せられし力士。從者は無知の黨なり。大豕を彭生と云ひて、公をおどかしたる也。
  11. 徒人は徒歩の從者。
  12. 誅は責む。
  13. 齊侯に鞭たれし創を示して、君を憾むものと見做されたるなり。
  14. 齊の小臣。
  15. 孟陽も齊の小臣なり。孟陽、公に代りて牀に居りたる也。
  16. 小白の傅。
  17. 管夷吾は管仲。夷吾と忽は公子糾の傅。
  18. 齊の大夫。