戦災復興院特別建設部臨時設置制

提供: Wikisource
移動: 案内検索

戦災復興院特別建設部臨時設置制(せんさいふっこういんとくべつけんせつぶりんじせっちせい)

  • 昭和21年勅令第149号
  • 公布: 昭和21年3月20日(署名の日付は同月19日)
  • 施行: 昭和21年3月20日
  • 改正: なし(全部改正を除く。)
  • 全部改正: 昭和21年11月14日(「戦災復興院特別建設部臨時設置制を改正する勅令(昭和21年勅令第538号)」により、「戦災復興院特別建設局臨時設置制(勅令番号は同改正勅令に同じ)」となる。)
  • 御署名原本の内容(原文)を基礎として、次のように補正して掲載。
    • 原文では公布文・題名を含め「戰(戦)」、「條(条)」、「總(総)」のような旧字体が用いられているが、ここでは現行字体に一律置換した(「聯」も「連」に置換)。
    • 原文では勅令番号及び条名が太字表示されていないが、現行の方式に倣って太字とした。
    • 原文には項番号がないが、ここでは便宜上これを付した。

朕戦災復興院特別建設部臨時設置制ヲ裁可シ茲ニ之ヲ公布セシム

御名御璽


昭和二十一年三月十九日
内閣総理大臣 男爵 幣原喜重郎

勅令第百四十九号

戦災復興院特別建設部臨時設置制

第一条 連合国最高司令官ノ為ス要求ニ係ル宿舎其ノ他ノ建造物及設備ノ営繕並ニ備品ノ調達ニ関スル事務ヲ掌ラシムル為臨時ニ戦災復興院ニ特別建設部ヲ置ク

第二条 臨時ニ戦災復興院ニ左ノ職員ヲ置キ特別建設部ニ属セシム

部長
事務官 専任三人
技師 専任六人
属 専任六人
技手 専任十二人

2 部長ハ戦災復興院局長ノ中一人ヲ以テ之ニ充ツ

附 則

1 本令ハ公布ノ日ヨリ之ヲ施行ス

2 戦災復興院官制中左ノ通改正ス

第二条第一項中「事務官 専任三十二人」ヲ「事務官 専任三十一人」ニ、「技師 専任百二人」ヲ「技師 専任九十六人」ニ、
}専任三百九十人」ヲ }専任三百七十二人」ニ改ム
技手 技手