帝国議会開院式の勅語 (昭和時代)

提供: Wikisource
移動: 案内検索

昭和天皇による帝国議会開院式の勅語(しょうわてんのう による ていこくぎかいかいいんしき の ちょくご)は、昭和天皇が帝国議会開院式において述べた「勅語」である。


第52回帝国議会

1926年(昭和元年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕遽に大喪に遭ひ新に大統を嗣く廼ち皇祖考の遺業を顯揚し皇考の遺圖を順承し以て祖宗の宏謨を繼述せんことを期す
 帝國と締盟各國との交際は益益親厚を加ふ朕深く之を欣ふ
 朕は國務大臣に命して昭和二年度豫算案及各般の法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さんことを望む

第53回帝国議会

1927年(昭和2年)5月4日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕は財界の現況に鑑み國務大臣に命して之か安定に關し特に緊急なる法律案を提出せしむ卿等愼重審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第54回帝国議会

1927年(昭和2年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と締盟各國との交際は益益親厚を加ふ朕深く之を欣ふ
 即位の禮及大嘗祭は昭和三年に於て之を行ひ忠良なる臣民と其の慶福を共にせむことを庶幾ふ
 朕は國務大臣に命して昭和三年度豫算案及各般の法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第55回帝国議会

1928年(昭和3年)4月236日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕は國務大臣に命して緊要なる追加豫算案及法律案を帝國議會に提出せしむ世運の進趨に顧み卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第56回帝国議会

1928年(昭和3年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と締盟各國との交際は益、親厚を加ふ朕深く之を欣ふ
 朕は國務大臣に命して昭和四年度豫算案及各般の法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第57回帝国議会

1929年(昭和4年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と締盟各國との交際は益益親厚を加ふ朕深く之を欣ふ
 朕は國務大臣に命して昭和五年度豫算案及各般の法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第58回帝国議会

1930年(昭和5年)4月23日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕は國務大臣に命して緊要なる追加豫算案及法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第59回帝国議会

1930年(昭和5年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と締盟各國との交際は益益親厚を加ふ朕深く之を欣ふ
 朕は國務大臣に命して昭和六年度豫算案及各般の法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第60回帝国議会

1931年(昭和6年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と締盟各國との交際は益々親厚を加ふ朕深く之を欣ふ
 朕は國務大臣に命して昭和七年度豫算案及各般の法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第61回帝国議会

1932年(昭和7年)3月20日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕は國務大臣に命して時局に關し緊急なる追加豫算案及法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第62回帝国議会

1932年(昭和7年)6月1日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕は國務大臣に命して緊要なる追加豫算案及法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第63回帝国議会

1932年(昭和7年)8月23日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕は國務大臣に命して緊要なる追加豫算案及法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第64回帝国議会

1932年(昭和7年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と締盟各國との交際は益益親厚を加ふ朕深く之を欣ふ
 朕は國務大臣に命して昭和八年度豫算案及各般の法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第65回帝国議会

1933年(昭和8年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と締盟各國との交際は益々親厚を加ふ朕深く之を欣ふ
 朕は國務大臣に命して昭和九年度豫算案及各般の法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第66回帝国議会

1934年(昭和9年)11月28日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕は國務大臣に命して緊急なる追加豫算案及法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第67回帝国議会

1934年(昭和9年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と締盟各國との交際は益、親厚を加ふ朕深く之を欣ふ
 朕は國務大臣に命して昭和十年度豫算案及各般の法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第68回帝国議会

1935年(昭和10年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と締盟各國との交際は益益親厚を加ふ朕深く之を欣ふ
 朕は國務大臣に命して昭和十一年度豫算案及各般の法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第69回帝国議会

1936年(昭和11年)5月4日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と締盟各國との交際は益益親厚を加ふ朕深く之を欣ふ
 今次東京に起れる事件は朕か憾とする所なり我か忠良なる臣民朝野和協文武一致力を國運の進暢に效さむことを期せよ
 朕は國務大臣に命して緊要なる追加豫算案及法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第70回帝国議会

1936年(昭和11年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と聯盟各國との交際は益益親厚を加ふ朕深く之を欣ふ
 朕は國務大臣に命して昭和十二年度豫算案及各般の法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第71回帝国議会

1937年(昭和12年)7月25日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕は國務大臣に命して緊要なる追加豫算案及法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第72回帝国議会

1937年(昭和12年)9月4日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と中華民國との提攜協力に依り東亞の安定を確保し以て共榮の實を擧くるは是れ朕か夙夜軫念措かさる所なり中華民國深く帝國の眞意を解せす濫に事を構へ遂に今次の事變を見るに至る朕之を憾とす今や朕か軍人は百艱を排して其の忠勇を致しつつあり是れ一に中華民國の反省を促し速に東亞の平和を確立せむとするに外ならす
 朕は帝國臣民か今日の時局に鑑み忠誠公に奉し和協心を一にし贊襄以て所期の目的を達成せむことを望む
 朕は國務大臣に命して特に時局に關し緊急なる追加豫算案及法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷協贊の任を竭さむことを努めよ

第73回帝国議会

1937年(昭和12年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と締盟各國との交際は益益親厚を加ふ朕深く之を欣ふ
 朕か將兵は毎戰捷を奏し大いに勇武を中外に著はし而して朕か銃後の臣民亦克く協力一致して時艱に當れり
 朕は擧國臣民の忠誠に倚信し速に終局の目的を達せむことを期す
 朕は國務大臣に命して昭和十三年度及臨時軍事費の豫算案を各般の法律案と共に帝國議會に提出せしむ
 朕は卿等か時局の重大に稽へ和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第74回帝国議会

1938年(昭和13年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と締盟各國との交際は益益親厚を加ふ朕深く之を欣ふ
 朕か將兵は克く艱難を排して已に支那の要域を戡定したり然れとも東亞の新秩序を建設して東亞永遠の安定を確保せんか爲には實に國民精神の昂揚と國家總力の發揮とに俟たさるへからす
 朕は擧國臣民の忠誠に倚信し所期の目的を達成せむことを期す
 朕は國務大臣に命して昭和十四年度及臨時軍事費の豫算案を各般の法律案と共に帝國議會に提出せしむ卿等其れ克く時局の重大に稽へ和衷審議以て協贊の任を竭さむことを期せよ

第75回帝国議会

1939年(昭和14年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告ぐ
 帝國と締盟各國との交際は益益親厚を加ふ朕深く之を欣ぶ
 朕が忠勇なる陸海軍人克く百艱を排し籌畫進攻其の宜きを得銃後の臣民齊しく奮つて奉公の誠を致すこと切なり
 偶歐洲に禍亂勃發し世界の情勢複雜を極む宜く宇内の實情を審にし國力の充實を計り以て帝國の所信を貫き東亞安定の實を擧ぐるに遺憾なきを期すべし
 朕は國務大臣に命じて昭和十五年度及臨時軍事費の豫算案を各般の法律案と共に帝國議會に提出せしむ
 卿等其れ克く時局の重大に稽へ和衷審議以て協贊の任を竭さんことを期せよ

第76回帝国議会

1940年(昭和15年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 帝國と締盟各國との交際は益益親厚を加ふ朕深く之を欣ふ然れとも世局は曠古の騷亂其の底止する所を知らす
 朕は擧國臣民か愈愈忠誠公に奉し億兆心を一にして朕か事を贊襄せんことを望む
 朕は國務大臣に命して昭和十六年度及臨時軍事費の豫算案を各般の法律案と共に帝國議會に提出せしむ
 卿等其れ克く時局の重大に稽へ和衷審議以て協贊の任を竭さんことを期せよ

第77回帝国議会

1941年(昭和16年)11月16日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕は國務大臣に命して特に時局に關し緊急なる追加豫算案及法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第78回帝国議会

1941年(昭和16年)12月16日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 東亞の安定を確立し世界の平和に寄與せむとするは朕の軫念極めて切なる所なり然るに米英兩國は帝國の所信に反し敢へて東亞の禍亂を激成し遂に帝國をして干戈を執つて起つの巳むを得さるに至らしむ朕深く是を憾とす此の秋に當り帝國と意圖を同しくする友邦との締盟愈愈緊密を加ふるは朕の甚た懌ふ所なり今や朕か陸海軍人は力戰健鬪随處正に其の忠勇を奮へり朕は帝國臣民か必勝の信念を堅持し擧國一體協心戮力速に交戰の目的を達成し以て國威を字内に震耀せむことを望む
 朕は國務大臣に命して特に時局に關し緊急なる豫算案及法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを期せよ

第79回帝国議会

1941年(昭和16年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕か外征の師は毎戰捷を奏し大に威武を中外に宣揚せり
 而して友邦との盟約は益益固きを加ふ朕深く之を欣ふ
 朕は擧國臣民の忠誠に信倚し速に征戰の目的を達成せむことを期す
 朕は國務大臣に命して昭和十七年度及臨時軍事費の豫算案を各般の法律案と共に帝國議會に提出せしむ卿等克く時局の重大に稽へ和衷審議以て協贊の任を竭さむことを期せよ

第80回帝国議会

1942年(昭和17年)5月27日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕か外征の師は隨處に敵兵を撃破し要地を攻略し大に威武を中外に宣揚せり而して友邦との締盟は愈愈緊密を加ふ朕深く之を欣ふ
 朕は臣民の忠誠勇武に信倚し速に征戰の目的を達成せむことを期す
 朕は國務大臣に命して特に時局に關し緊急なる豫算案及法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第81回帝国議会

1942年(昭和17年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕か外征の師は廣汎なる地域に亙り萬難を排して隨處に敵を撃破し威武を宇内に宣揚せり而して友邦との盟約は愈愈固きを加ふ朕深く之を欣ふ今や戰局重大なり宜しく億兆一心益益國力を増強し敵國の非望を破碎すへし朕は擧國臣民の忠誠勇武に信倚し速に征戰の目的を達成せむことを期す
 朕は國務大臣に命して昭和十八年度及臨時軍事費の豫算案を各般の法律案と共に帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第82回帝国議会

1943年(昭和18年)6月16日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕か外征の師は萬難を排して隨處に勇戰奮鬪愈愈其の威武を發揚せり而して大東亞の建設日を逐ひて進み友邦との締盟は益益固きを加ふ朕深く之を欣ふ今や時局洵に重大なり宜しく億兆一心全力を盡して敵國の非望を破碎すへし朕は臣民の忠誠勇武に信倚し速に征戰の目的を達成せむことを期す
 朕は國務大臣に命して特に時局に關し緊急なる追加豫算案及法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第83回帝国議会

1943年(昭和18年)10月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕か外征の師は萬難を排して隨處に勇戰奮鬪愈愈其の威武を發揚せり而して大東亞の建設日を逐ひて進み友邦との締盟は益益固きを加ふ朕深く之を欣ふ今や時局洵に重大なり宜しく億兆一心更に總力を發揮し以て敵國の非望を破碎すへし朕は臣民の忠誠勇武に信倚し速に征戰の目的を達成せむことを期す
 朕は國務大臣に命して特に時局に關し緊急なる追加豫算案及法律案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを望む

第84回帝国議会

1943年(昭和18年)12月26日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕か外征の師は懸軍萬里沍寒を凌き炎熱を冒し勇戰奮鬪愈愈其の威武を發揚し朕か銃後の臣民亦克く艱苦に堪へ生産に勤め齊しく奉公の誠を致せり而して帝國と友邦との盟約は益益固きを加へ興亞の大業日を逐ひて進む朕深く之を悦ふ今や彼我の攻防愈愈急にして戰局最も重大なり宜しく億兆一心國家の總力を擧けて敵國の非望を粉碎すへし朕は臣民の忠誠勇武に信倚し速に征戰の目的を達成せむことを期す
 朕は國務大臣に命して昭和十九年度及臨時軍事費の豫算案を各般の法律案と共に帝國議會に提出せしむ卿等能く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を盡さむこと望む

第85回帝国議会

1944年(昭和19年)9月7日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕か外征の師は勇戰奮鬪隨處に勁敵を破り大に威武を宣揚せり而して大東亞の建設は駸駸として進み友邦との締盟も亦益益固し朕深く之を懌ふ然れとも敵の反抗愈愈熾烈にして戰局日に危急を加ふ皇國か其の總力を擧けて勝を決するの機方に今日に在り卿等宜しく衆に先んして憤激を新にし團結を鞏くし奮て敵國の非望を破碎し以て皇運を無窮に扶翼すへし
 朕は國務大臣に命して特に時局に關し緊急なる議案を帝國議會に提出せしむ卿等克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭せよ

第86回帝国議会

1944年(昭和19年)12月26日[1]

 朕、茲ニ帝國議會開院ノ式ヲ行ヒ貴族院及衆議院ノ各員ニ告ク。
 朕カ戰線ノ陸海軍將兵ハ、決死敢闘、随處ニ勁敵ヲ撃破シ、朕カ銃後ノ一億臣民ハ、勇躍奮勵、戰力ヲ生産ニ増強シ、連年萬難ヲ克服シテ、以テ今日ニ至ヘリ。而シテ大東亜ノ建設日ニ進ミ、友邦トノ締盟亦益々固シ。朕深ク之ヲ懌フ。
 今ヤ戰局愈々危急、眞ニ億兆一心、全力ヲ傾倒シテ敵ヲ撃摧スヘキ秋ナリ。朕ハ爾臣民ノ忠誠勇武ニ信倚シ、速ニ征戰ノ目的ヲ完遂センコトヲ期ス。
 朕ハ國務大臣ニ命シテ、昭和二十年度及臨時軍事費ノ豫算案ヲ各般ノ法律案ト共ニ帝國議會ニ提出セシム。卿等克ク朕カ意ヲ體シ、和衷審議、以テ協賛ノ任ヲ竭セヨ。

第87回帝国議会

1945年(昭和20年)6月9日[1]

 朕、茲ニ帝國議會開院ノ式ヲ行ヒ貴族院及衆議院ノ各員ニ告ク。
 朕カ忠勇ナル陸海將兵ハ、心ヲ協セ力ヲ一ニシテ勁敵ヲ撃摧シ、朕カ忠良ナル一億臣民ハ、戰塵ヲ冒シ劫火ニ耐ヘ善ク銃後ノ責務ニ勵精セリ。而シテ友邦トノ締盟益々固キヲ加フ。朕深ク之ヲ欣フ。
 曩ニ世界ノ大局急變シ、敵ノ侵冦亦倍々猖獗ヲ極ム。正ニ敵國ノ非望ヲ粉砕シテ征戰ノ目的ヲ達成シ、以テ國體ノ精華ヲ發揮スヘキノ秋ナリ。朕ハ爾有衆ノ忠誠武勇ニ信倚シ、共ニ艱苦ヲ分チ、以テ祖宗ノ遺業ヲ恢弘セムコトヲ庶幾フ。
 朕ハ國務大臣ニ命シテ、特ニ時局ニ關シテ緊急ナル議案ヲ帝國議會ニ提出セシム。卿等克ク朕カ意ヲ體シ、和衷審議、以テ協賛ノ任ヲ竭セヨ。

第88回帝国議会

1945年(昭和20年)9月4日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕已に戰爭終結の詔命を下し更に使臣を派して關係文書に調印せしめたり
 朕は終戰に伴ふ幾多の艱苦を克服し國體の精華を發揮して信義を世界に布き平和國家を確立して人類の文化に寄與せむことを冀ひ日夜軫念措かす此の大業を成就せむと欲せは冷靜沈着隱忍自重外は盟約を守り和親を敦くし内は力を各般の建設に傾け擧國一心自彊息ます以て國本を培養せさるへからす軍人遺族の扶助傷病者の保護及新に軍籍を離れたる者の厚生戰災を蒙れる者の救濟に至りては固より萬全を期すへし
 朕は國務大臣に命して國家内外の情勢と非常措置の徑路とを説明せしむ卿等其れ克く朕か意を體し道義立國の皇謨に則り政府と協力して朕か事を奬順し億兆一致愈愈奉公の誠を竭さむことを期せよ

第89回帝国議会

1945年(昭和20年)11月27日

 朕茲に帝國議會開院の式を行ひ貴族院及衆議院の各員に告く
 朕は國務大臣に命して衆議院議員選擧法の改正其の他緊急なる議案を帝國議會に提出せしむ卿等其れ克く朕か意を體し和衷審議以て協贊の任を竭さむことを期せよ

第90回帝国議会

1946年(昭和21年)6月20日

 本日、帝國議會開院の式を行ひ、貴族院及び衆議院の各員に告げる。
 今囘の帝國議會には、帝國憲法の改正案をその議に付し、なほ、國務大臣に命じて緊要な豫算案及び法律案を提出せしめる。各員心をあはせて審議し、協贊の任をつくすことを望む。

第91回帝国議会

1946年(昭和21年)11月26日

 本日、帝國議会開院の式を行い、貴族院及び衆議院の各員に告げる。
 朕は、國務大臣に命じて、日本國憲法の施行に関し必要な法律案その他緊急な議案を帝國議会に提出せしめる。各員心をあわせて審議し、協賛の任をつくすことを望む。

第92回帝国議会

1946年(昭和21年)12月28日

 本日、帝國議会開院の式を行い、貴族院及び衆議院の各員に告げる。
 朕は、國務大臣に命じて、昭和二十二年度予算案及び各般の法律案を帝國議会に提出せしめる。各員心をあわせて審議し、協賛の任をつくすことを望む。

参考文献[編集]

  • 帝国議会会議録
  1. 1.0 1.1 中尾裕次・編集、防衛庁防衛研究所戦史部・監修『昭和天皇発言記録集成』(芙蓉書房出版)ISBN 978-4-8295-0326-3、『朝日新聞』より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]