坂本龍馬の手紙/慶応3年8月8日付坂本権平宛

提供: Wikisource
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア坂本権平のページがあります。

一筆啓上仕候。
弥御機嫌能可被成御座
目出度奉存候。然ニ
先頃長崎より後藤参
政と同船ニて上京仕候処、
此頃英船御国ニ来るよしなれバ、
又、由井参政と同船ニて
スサキ港まで参り居候
得とも、竊ニ事を論じ候得バ、
今まで御無音申上候。此度英
船の参ル故ハ、長崎ニて
英の軍艦水夫両人酔て居候
処を、たれやら殺し候よし、
夫を幕吏ニ土佐国の人が
殺候と申立候よし。其故ニて
御座候。其英の被殺候時ハ、去ル
月六日の夜の事ニて候。同七日
朝私持の風帆船横笛と
申が出帆致し、又御国の
軍艦が同夜ニ出帆仕候。
右のつがふを以て幕吏が
申スニハ、殺し候人が先ヅ
横笛船ニて其場引取て
又軍艦ニ乗うつり、土佐
に帰り候と申立候よし也。
夫で幕軍艦英軍艦
ともに参り候よし也。
然レ共先ヅ後藤、由井、
佐々木ニ談判ニてかた
付申候」此頃又御願申上
度品在之候。彼御所持の
無銘の了戒二尺三寸斗
の御刀、何卒拝領相願度、
其かわり何ぞ御求被成
度、西洋もの有之候得ハ御申
聞奉願候。先ハ今持
合候時計一面さし
出し申候。御笑納奉願候。
今夕方急ニ認候間、
はたしてわかりかね可申かと
奉存候得ども、先早々
如此、期後日候。恐惶謹言。
  八月八日           直柔

   尊兄
        左右